鉄の器

 

 

IMG_6202w.jpg

 

 

 

 

立体作品のベースを作りに、高尾にある永井理明くんの工房に行ってきました。

 

 

 

 

 

IMG_6177w.jpg

 

 

 

 

コークス炉です。

 

コークスとは石炭を蒸し焼きにしたもので、

 

石炭より高温度の燃焼を可能にするのと、

 

発煙もほとんどないものです。

 

下にあるファンから風を送って火の調節をします。

 

 

 

 

 

IMG_6180w.jpg

 

 

 

 

ひたすら叩きますが、

 

ものすごく熱いので、分厚い革手袋をしていても

 

耐えられません。

 

顔も熱くて大変な思いをします。

 

これは夏は本当にヤバいと思いました。

 

 

 

 
IMG_6184w.jpg

 

 

 

 

こんな感じで出来ました。

 

 

 

 
IMG_6198w.jpg

分厚いものは、じっくり熱を入れます。

 

角鋼や丸鋼などは大丈夫ですが、

 

板ものは半端じゃありませんね、大変でした。

 

 

 

 
IMG_6191w.jpg

 

 

 

 

永井くんは芸大出身の造形作家です。

 

大ちゃんと同じ10歳下ですが、

 

個展活動などは僕よりずっと先輩です。

 

鉄に向き合う姿勢もずっと先輩です。

 

いろいろと教えてもらいました。

 

たくさん吸収させてくれて、

 

ありがとうございました。

 

さて、このベースをどう使うかということなんですが、

 

額縁の方は押し花で、ステンドガラスに入っていて、ある程度完成型なんですが、

 

立体は今のままの方向性でもいいと思うんですが、花に応じたベースというか

 

花器であって器の機能を満たしていなくてもいいもの、

 

生け花ではないんですが、すごく近いアプローチをしてみようと考えています。

 

例えば、千利休は割れた壷や錆びた農具などに花を生けました。

 

勅使河原蒼風さんもそうですが、自分でオブジェを作られてもいました。

 

僕はもうひとつ欲張って、花も器も作ってオブジェにする方向でしょうか。

 

答えはまだ見えませんが、時間はありませんね。

 

頑張ってやってみたいとやってみましたが、すごい筋肉痛に襲われています。

 

本格的な鍛造は、本当に大変な仕事だと改めて実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

truss box & bel été

 

 

名古屋から東京へ帰る前に、どうしても行きたいところがありました。

 

truss boxの伊藤洋介くんと、beleteの熊谷さんに会いに、豊橋市へ向かいました。

 

 

 

 

 

名称未設定-2.jpg
IMG_6127w.jpgIMG_6128w.jpg

 

 

 

 
carafeさんのある名古屋ICから豊川ICを下りて1時間ちょっとで到着しました。

 

昨年の世田谷ものつくり学校での展示会では、鉄でスカルを制作していたので、

 

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 
IMG_6116w.jpg

 

 

 

 

工場には、1/1スケールのスカルがいました。

 

かっこいいです。

 

彼にはいつも刺激されます。

 

離れたところにいますが、

 

共鳴し合っていると言うか、

 

僕にとっては、なくてはならない存在です。

 

 

 

 

 

IMG_6115w.jpg

 

 

 

カブのカスタムもいました。

 

 

 

 
IMG_6109w.jpg

 

 

 

 

工場に隣接しているオフィスはコンテナです。

 

これがまたかっこいいです。

 

フローリングや板きれや額縁なんかを

 

全部まっすぐ切らないでつぎはぎにした

 

入口ドアなんて最高にクールです。

 

truss boxのwebサイトはこちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 
IMG_6108w.jpg

 

 

今回のcarafeさんを惹き合わせてくれた

 

beleteの熊谷さんのショールームもあります。

 

3年前の春に原宿でmodern piratesのお店のときに

 

仕事をご一緒してからのお付き合いになります。

 

初めてお会いした時には、天は二物を与えずという言葉は嘘だと

 

本当に思ったことを覚えています。

 

 

 

 

 

IMG_6113w.jpg

 

 

 

 

去年制作したツバキも置いてありました。

 

beleteの品物に囲まれているのを見ると、

 

初めからここに来ることになっていたかのように思えてしまいました。

 

 

 

 

 

IMG_6114.jpg

 

 

 

 

海外に買い付けに行かれることも多く、

 

感性の良い品物が並んでいました。

 

beleteの品物はwebでも購入できるそうです。

 

是非beleteのwebサイトを訪ねてみて下さい。

 

 

 

 
IMG_6126w.jpg

 

 

 

 

それにしても、どこへ行っても大ちゃんと石井さんは楽しそうでした。

 

石井さんのジィオデシックでの球根草花展にも熊谷さんは来てくれていたので、

 

さすが、石井さんは覚えられていました。

 

応援してくれるみなさんのためにも、

 

人と人とのつながりを大切に、しっかりと紡いでいきたいと思います。

 

最後に豊橋のみそかつの名店で、みんなでみそかつを食べておしゃべりをして、

 

楽しい時間は本当にあっという間なんですね。

 

帰りはずっと運転していた僕に替わって、免停明けの大ちゃんが運転しました。

 

ですが、ずーっと半分ウトウトしながらの運転だったので、

 

さすがに僕も石井さんも身の危険を感じずにはいられないので、

 

一刻も早く替わりたかったのですが、

 

「大丈夫です、だいじょうぶれす」とか言って、ろれつが回らない状態で

 

最後まで運転していたので、

 

ずーっと顔にギャッツビーを当てられたり、叩かれたりしていました。

 

運転している大ちゃんよりずーっと疲れたのは言うまでもありませんね。

 

石井さんも、大ちゃんの活動時間の短さを目の当たりにして、

 

僕がいつも言ってる通りで、「やっぱりか」と思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

carafe

 

 

この春に、初めて東京以外での展示会を行うことになりました。

 

声をかけていただいてから、伺うまでに1年かかってしまいましたが、

 

lifestyle shopのcarafeさんのある、名古屋に行ってきました。

 

 

 

 

 

IMG_6105w.jpg

 

 

 

 

carafeさんは、家具や雑貨などを扱うインテリアショップですが、

 

コーディネートの他に、新築リフォームなどの設計施工や、

 

キッチン、造作家具などのデザインも行っています。

 

僕らも同じような仕事をしているので、床や壁の仕上げにまず目がいってしまいました。

 

 

 

 
IMG_6099w.jpgIMG_6080w.jpg

 

 

 

 

お店はとても広く、居心地が良いです。

 

個展の展示スペースは1階右側のグレーの壁の空間と、2階が中心になりますが、

 

お店全体を使い、それぞれの空間に合わせて、いくつかのシーンを作ろうと思っています。

 

 

 

 

 

IMG_6091w.jpgIMG_6090w.jpg

 

 

 

 

植物を作り始めてから、春に展示会をしたことがなかったので、

 

今から楽しみですが、春はとても早足でやってきます。

 

間に合うかどうか、作る時間が出来るかどうかの不安もあるんです。

 

でも、そういう不安を感じさせないくらい、

 

春の花色は優しくて柔らかいように感じます。

 

ふくよかに、匂やかに、心弾む春の歓喜を

 

語りかけてくるような気がするんです。

 

そう感じさせてくれるcarafeさんの空間に合う春の花たちを、

 

これから制作しようと思っています。

 

 

 

carafe:名古屋市天白区鴻の巣1-706 詳細はHPをご覧下さい。

 

会期(予定):3月5日(土)から3月27日(日)

 

営業時間:11:00~19:00 ※水木定休日

 

 

 

 

今回、ジィオデシックの石井さんに同行してもらいました。

 

展示会を開催した側から、気づいたことなどを伝えていただきました。

 

人柄も手伝って、とても打ち解けた顔合わせになりました。

 

 

 

 

 

IMG_6063w.jpg

 

 

 

 

富士川SAにての記念撮影。

 

 

 

 
IMG_6073w.jpg

 

 

 

 

渋滞で遅れたにも関わらず、

 

名古屋でお世話になるんですからということで、

 

名古屋城をバックに記念撮影。

 

 

 

年末のブログでは、今年個展は行わない予定と書いていました。

 

説明が足りませんでしたね。都内では個展を行わないというのが正しい文章でした。

 

すみませんでした。

 

今回のcarafeさんでも新作の個展になります。

 

お近くの方は是非お立ち寄り下さい。

 

進行状況や詳細については、このブログでお伝えしていきますので、

 

どうぞよろしくお願いします。

 

さて、日帰りの強行スケジュールは、予想通りの珍道中になりました。

 

続きはまた後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

shawn&megu

 

 

IMG_6061w.jpg

 

 

 

 

shawn&meguの久保田さんに頼んでいたバッグが出来上がってきました。

 

specialsourceの文字を入れてくれていました。

 

 

 

 

 

IMG_6060w.jpg

 

 

 

 

とても使い易いです。ありがとうございました。できるだけ大切に使います。

 

これでSPOLOGUM&GASA*のコラボノートを入れて打合せに行けます。

 

良い仕事が出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2011年1月
    « 12月   2月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates