白詰草

 

 

Trifolium repens L. 白詰草 (2016)

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月はとても気持ちの良い季節ですが、残すところあとわずかとなってしまいました。

 

今年はこのままのペースで行くと、いつ高山に登ることができるのかというところです。。

 

 

 

 

白詰草がそこかしこで見られるようになっています。

 

通常は三つ葉の白詰草ですが、四つ葉までは見たことがあるかもしれません。

 

僕は七つ葉までは見つけたことがあります。

 

学生の頃に泊まった奥道志のキャンプ場でした。

 

三つの大きめの葉と中央に小さい葉が三つ、そして茎の中間くらいに一つありました。

 

沖縄でも20年くらい前に、五つ葉、六つ葉を見つけたことがあります。

 

五つ葉までは、近くの森林公園でも見られますが、

 

それ以上は近郊では見かけたことがありません。

 

時間をかけて根気良く探すことが出来なくなっているからでしょうか。

 

白詰草を見ると、夢中になって探していた当時を少し思い出します。

 

 

 

 

 

さて、実際に制作するとなると、花はかなり困難です。

 

マメ科と聞いただけで後ずさりしてしまう自分がいます。。

 

とても小さな蝶形の花が50〜100くらい集まって球形になっていますので、

 

花を一輪作るのと、三つ葉の茎を20本作るのが同じくらいの時間になります。

 

この辺りの極小ものは年々ハードルが高くなって来ている今日この頃です。。

 

 

 

 

実物はmina perhonenさんの代官山店でご覧いただけます。

 

三つ葉だけではありません。一輪だけ咲いています。

 

お立ち寄りの際には、是非探してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木枠の雑草野草シリーズ

 

 

 

 

 

木枠の雑草野草シリーズ(2012)

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月のatelier gallery は無事会期を終えました。

 

ご来場くださいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

さて、初夏を迎えて道端や野原では、雑草や野草がぐんぐん成長しています。

 

以前は雑草野草を中心に、作品を制作していた時期がありました。

 

ヤマケイ出版の野草ハンドブックや柳さんの雑草ノートなどを片手に観察に出かけていました。

 

身近な植物も、よく見るととても複雑な作りをしていて、

 

技術的に未熟な自分には、かなりハードルが高ったことを覚えています。

 

額縁は2009年から鉄枠だけではなくて、木でも制作していました。

 

下地も左官ではなく、紙などをエイジングしていたりと、

 

今考えるとバリエーションも豊富でしたね。

 

その後2014年に「design of alpine 山の意匠」で、

 

小さな高山植物を制作した際にもいくつか木枠を用いましたが、

 

なんとなく木枠は雑草野草シリーズが合っているような気がして、

 

それからは作っていません。

 

毎年春が来て、オオイヌノフグリやタンポポ、ナガミヒナゲシやハルジオンが咲くようになると、

 

木枠の雑草野草シリーズを思い出して、

 

また作ってみようかなと一瞬その気にはなりますが、

 

なかなかタイミングが合わない今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月も後半を迎え、いよいよ高山植物が咲き始めました。

 

と同時に大ちゃんは足裏を、僕はアキレス腱を傷めてしまいまして、

 

過度のランニングやトレーニングを見直す時期となっています。

 

この際、装備もより一層の軽量化に踏み切りたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

atelier gallery ページでもご紹介していますが、

 

商店建築社さんのI’m home新刊にて、atelier galleryが掲載されています。

 

アートギャラリー特集です。

 

たくさんのギャラリーさんがひしめき合う中、

 

ここに掲載されているギャラリーさんと同じように扱って頂きまして、

 

どうもありがとうございます。

 

このようなアングルがあることは、失っていたものをまだ掬い取ることができるかもしれません。

 

30年近く従事してきたインテリア業界から背中を押されているような、

 

何とも寛容な有り難い配慮を受けているような気がしてなりません。

 

 

 

 

さて5月のatelier gallery は、今週末19日の土曜日から3日間オープンします。

 

今月は山びこさんたちや高里の絵画とともに、

 

僕の懐かしい昆虫ものや、

 

光の祈りで展示した小さな彫像、金属植物などを展示販売します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

spirit

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒木の森を抜けるとき、無性に山が怖くなる。

 

樹々たちの桁外れの量感に圧倒され、心の昂りは静まることはない。

 

霧の深い稜線では、無性に山に怯える。

 

太古からの無垢な均衡の美に打ちのめされ、ただ風に追い越されるばかり。

 

畏敬と尊崇の思いといったら聞こえは良いのだろうが、

 

あらゆる自然物は風化に耐えてただ齢を重ね、山の輪廻と歩幅を合わせていく。

 

遠い昔に絶たれた命なのだろうか。

 

遠い夢の中に佇む姿なのだろうか。

 

一瞬の儚さや美しさを感じる隙を与えない山の原始の叡智に、

 

必死に、ひたむきに、野生の意志を絞り出さなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the spirit

 

「物質の循環展」 hike 2010年

 

h300 楢

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018年5月
    « 4月   6月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates