man in the corner shop

 

 

 

 

 

 

 

先日インテリアデザイナーの方々との打ち合わせで、

 

インテリアデザインはたくさん物件をこなさないと利益につながらないので、

 

どうしても過密スケジュールになってしまう。

 

それからクライアントありきのところがあって、

 

これはこの人といった自分のデザインのできるデザイナーは一握りしかおらず、

 

僕のようなスタイルの仕事を羨ましく思うとのことでした。

 

僕はその方たちをとても尊敬しています。

 

僕も10数年前まではその方たちのようなインテリアデザイナーになりたいと思っていました。

 

でも、素質がなかったので流れについてゆけず違う方向に向かいました。

 

少しずつ時間をかけて、いつかその方たちのような仕事をしてみたいと今でも思います。

 

人の家の芝生は青く見えるということでしょうか。

 

 

 

そんなことがあったその数日後、今度はファッションに携わる方とお会いしました。

 

毎年2回のコレクション、常にアンテナを張りつづけ、

 

その中で全国の店舗やイベント、海外にも足を運び、工場もまわる。

 

どうしても過密スケジュールになってしまう。

 

その方も僕のようなスタイルというか、

 

純粋に作家として生計を立てている人をとても尊敬しているとおっしゃっていました。

 

僕は常に新しいことに挑戦し続ける姿勢を大変尊敬しています。

 

僕もそうなりたいと思いますが、僕は人間力が全然足りません。

 

 

 

その日の夕方、あるクライアントさんの倉庫兼アトリエに伺いました。

 

家具のリペアを担当している若い職人さんが、

 

鉄の仕事も興味があり憧れていると言いました。

 

僕は木工作業の逆算していく作業の緻密さや生真面目さを、

 

とても尊敬しています。

 

そして古き良きものを愛する姿勢も共感しています。

 

素晴らしい仕事だと思います。

 

 

 

それからその次の日、友人の工場に行きました。

 

彼は大きな工場の跡取りですが、もっとクリエイティブな仕事をしたいと言いました。

 

僕は彼を充分クリエイティブだと思っています。

 

 

 

 

 

浦安から帰る道中でThe Jamを聴いていたら、

 

Man In The Corner Shopという曲が流れました。

 

僕はこの曲が大好きで良く聴いていました。

 

歌詞の意味とは少し違うかと思いますが、

 

工場の友人や他のみなさんを、

 

この曲の景色の中にいる人たちと重ね合わせて聴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

「Man In The Corner Shop」

 

 

Puts up the closed sign does the man in the corner shop

 

Serves his last and says goodbye to him

 

He knows it is a hard life

 

But its nice to be your own boss really

 

 

Walks off home does the last customer

 

He is jealous of the man in the corner shop

 

He is sick of working at the factory

 

Says it must be nice to be your own boss really

 

 

Sells cigars to the boss from the factory

 

He is jealous is the man in the corner shop

 

He is sick of struggling so hard

 

He says it must be nice to own a factory

 

 

Go to church do the people from the area

 

All shapes and classes sit and pray together

 

For here they are all one

 

For God created all men equal

 

 

 

 

 

Closedの札を掛けるコーナーショップの店主

 

最後の客におやすみを言う

 

つらい人生ではあるけれど

 

自分の店の主でいるのは本当に素敵なこと

 

 

 

家路へとつく最後の客

 

彼はコーナーショップの店主をうらやましがっている

 

彼は工場の仕事にうんざりしている

 

自分の店を持つのもいいな、などと言いながら

 

 

 

工場主にタバコを売りながら

 

コーナーショップの店主はうらやましがっている

 

彼はつらい生活にうんざりしている

 

工場を持つのもいいだろうな、などと言いながら

 

 

 

このあたりの人々が教会に集まる日

 

いろんな姿や階層の人々が一緒に祈っている

 

ここではすべての人がひとつになる

 

神はあらゆる人を平等に作られたのだ

 

 

 

 

from The Jam「Sound Affects」1980

 

written by Paul Weller and trancelated by Landy Takeuchi

 

 

 

 

 

 

 

 

2001年

 

special source設立。

 

 

 

2004年

 

年に一回の合同展に参加(OZONE gallery、世田谷もの作り学校IID他2004~2011、2013年)

 

 

 

2005年

 

店舗内装でレリーフなどの彫刻を制作、植物標本なども制作

 

 

 

2006年

 

店舗什器として鉄で植物のシェードなどを制作合同展でも出展

 

 

 

2007年

 

店舗内装で鉄の植物オブジェなどを制作合同展でも出展

 

 

 

2008年

 

「Quadrille」高里とのバレエをテーマにした二人展で主に彫刻を制作(GASA*白金台)

 

 

 

2009年

 

「物質の循環」現在とほぼ同じスタイルの精霊の彫刻と金属植物の額、立体を制作(hike中目黒)

 

 

 

2010年

 

「球根植物」金属植物の額、立体を制作(geodesique中目黒)

 

「物質の循環2」精霊の彫刻と金属植物の額、立体、蝶を制作(hike中目黒)

 

 

 

2011年

 

「春を謳う花」精霊の彫刻と金属植物の額、立体、蝶を制作(carafe名古屋)

 

「招き箱 夏篇」chikuniさん主催の合同展に参加(招山由比ガ浜)

 

「ケミカル」samuloさんspologumさん、special sourceの合同展(GASA*白金台)

 

 

 

2012年

 

「around the sea」高里との二人展、熱帯植物主体の金属植物の額、彫刻を制作(geodesique中目黒)

 

「There by the Grace of God」精霊の彫刻と金属植物の額、立体、樹脂、蝶を制作(atelier galleryをオープン)

 

 

 

2013年

 

「物質の循環3」精霊の彫刻と金属植物の額、立体を制作(hike中目黒)

 

「fragments」高里との二人展、金属植物の額を制作(carafe名古屋)

 

「金属の像刻花」金属植物の額、立体を制作(atelier gallery)

 

 

 

2014年

 

simplicity緒方慎一郎さんデザインの虎ノ門ヒルズANDAZ TOKYO52階のアートワーク

 

大判を含む金属植物の額、立体など十数点を制作

 

 

「special source atelier gallery展」(hase名古屋)

 

高里、中村、秀野とspecial sourceのメンバーそれぞれの作品展示を、

 

2012年に内装工事を請け負ったギャラリーhaseにて行なう

 

 

「design of alpine 山の意匠」高里との二人展、高山植物の金属植物の小額を制作(atelier gallery)

 

「光の祈り」背景に高里の錆画を配置し、彫刻作品を制作(atelier gallery)

 

 

 

2015年

 

「球体」chikuniさん主催の合同展に参加(10watts)

 

「poems to poets 詩人たちへの詩」高里との二人展、彫刻と金属植物の額を制作(carafe名古屋)

 

「山びこたちの棲むところ」中村との二人展、金属植物の額を制作(sora三島)

 

「寂美」金属植物の額、立体を制作(八雲茶寮)

 

「poems to poets 詩人たちへの詩」高里との二人展、彫刻を制作(atelier gallery)

 

 

 

2016年

 

「巡礼」chikuniさん主催の合同展に参加(10watts)

 

mina perhonenさんの代官山店、青山spiral店で金属植物を使用した鉄製什器を制作

 

「記録集」2017年からの10年間を収めた作品集の刊行展、金属植物の額を制作(森岡書店銀座)

 

「special source atelier gallery展」高里、中村との三人展(hase名古屋)

 

 

 

2017年

 

mina perhonenさんの金沢店で金属植物を使用した鉄製什器を制作

 

「自然礼賛」金属植物の額、立体を制作(atelier gallery)

 

「印象 空想 抽象」高里、中村との三人展(招山由比ガ浜)

 

Landscape productsさん、黒田益朗さんディレクションの穂坂マルスワイナリー

 

館内壁面にブドウをモチーフにした金属植物立体作品と国蝶のオオムラサキを制作

 

 

 

2018年

 

「Forest Floor」大判を含む金属植物の額を制作(mina perhonen galleria京都)

 

simplicityさんとmina perhonenさんの宿泊施設ウミトタ(香川県豊島)

 

金属植物のシャンデリアと手摺りを制作

 

 

 

Landscape productsさん、黒田益朗さんディレクションの穂坂マルスワイナリー

 

館内壁面にブドウの実をモチーフにした金属植物立体作品を追加制作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初夢

 

 

 

 

 

 

遠い故郷の神聖な御嶽から、

 

ニライカナイに思いを馳せた。

 

夢の中だからといって、

 

いつでも帰れる訳ではないから、

 

印象に近い写真を探した。

 

2018年の初夢。

 

 

 

 

 

 

 

 

青の日記

 

 

 

 

 

 

 

皆さまあけましておめでとうございます。青です。

 

本を読んでいると、とっても眠くなってしまいます。

 

きいは本を読んだことはありませんが、

 

いつでもどこでも眠くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きいが特に大好きなのが、お仕事のスケッチ画の紙の上です。

 

けっしてお仕事の邪魔をしているわけではありません。

 

きいは大切なものが大好きなんです。

 

幼いながらもわかるんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしも、大切な人が大切にしているものを自分なりに感じたいと思います。

 

時間が過ぎていってしまうのは、あっという間のことですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうわけで、

 

きいがようやく眠ったのでわたしもひと眠りしますね。

 

皆さま、家主ともども本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さまにとって本年も、

 

神さまから慈愛に満ちて実りの多い一年になりますように、

 

きいともども願っています。

 

 

 

青でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates