七つ葉

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

梅雨らしい天気が続いています。

 

雨が降ったり止んだりを繰り返すのは、植物たちにはいい季節です。

 

人間にとっては湿気があり過ぎるのは良くないですね。

 

身体が重く感じるのは気のせいではなくて、

 

水の重さなのかもしれません。

 

 

 

 

公園でシロツメクサの首飾りやティアラを作っている家族を見かけました。

 

昔から変わらない風景はいいですね。

 

一緒になって四つ葉を探しましたが、なかなか見つかりませんでした。

 

ようやく見つけた四つ葉はイメージとは少し違って、

 

四枚とも同じ大きさではありませんでしたが、

 

それでも子どもはとても喜んでくれました。

 

学生の頃には八つ葉までは見つけたことがありました。

 

二つ葉や三つ葉、五つ葉はバリエーションが豊富で、

 

四つ葉が一番バリエーションが少なかったと思います。

 

六つ葉以上になると、茎の高さが低くなるのかなとも思いました。

 

こういう異形のものたちに出会うと、

 

自由でいいなあと思ったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなシロツメクサの一つ葉から七つ葉までを作品にしてみました。

 

三つ葉も含めてすべて異形の葉です。

 

幸運を運んでくれるというよりは、

 

自由への賛美歌を歌ってくれているように思えてしまいます。

 

この作品は来月末からのIDEEさんでの個展に出展する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白詰草

 

Trifolium repens L.

 

size: w399 h201 t44 /2.2kg

 

 

 

 

DMはまだ出来ていませんが、ご希望の方は下記までご連絡下さい。

 

ateliergallery@specialsource.jp

 

 

 

 

 

采配蘭

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月は梅雨の季節ですが、

 

野生ランの季節でもあります。

 

希少な采配蘭を見かけました。

 

 

 

 

采配蘭は地中の菌類と共生して生存している種です。

 

園芸種として栽培ができません。

 

光合成をしなくても成長できる珍しい種です。

 

土壌に大きく左右される種でもありまして、

 

以前はもっと桃色が濃かったと記憶していますが、

 

どんどん色素が薄くなってきているように感じました。

 

これは菌類に従属する栄養素を、

 

発達させている途上ではないかと考えられているそうです。

 

ラン科の植物には未だに解明されていない、

 

進化の途中にいる種が多くあります。

 

人間による開発や乱獲によって、

 

減少の一途を辿る蜂などの虫たちに依存できなくなった現在の地球では、

 

新たに生き残る術を、地中に棲む菌類に求めているのでしょうか。

 

人間には到底真似できないサバイバル術です。

 

やがて采配蘭がギンリョウソウのように色素を失うとき、

 

地球は菌類によって再生へと向かっている途中にあるのかもしれないと、

 

気付かされる日が来るのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

采配蘭

 

ラン科サイハイラン属

 

 

 

北海道から本州、四国、九州の山地の林床に広く分布するも、

 

限られた保護区にのみ自生する種が多いです。

 

環境省のレッドデータブックでは、多くの都道府県で絶滅が危惧されており、

 

その姿は確実に目にする機会を失っている一方で、

 

新たな進化の過程により、

 

違う姿に生まれ変わろうとしている種でもあるのかもしれません。

 

 

 

それにしても、美しい植物です。

 

出会った瞬間の感動は、言葉では表すことができません。

 

皆さんも是非、野生ランに出会う小さな旅へ。

 

 

 

 

 

 

「Flora of Metal」

 

IDEE  MUJI銀座店分出展作品になります。

 

詳細はexhibitionページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

Unclouded

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

梅雨入りしてからは、梅雨らしい日が続いています。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

先日ピアニストの上柿絵梨子さんの新しいアルバムが発売されました。

 

デザインはatelierのショップカードを作っていただいた荒澤文香さん、

 

カバーには高里の錆画を採用してくださいました。

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

「Unclouded」

 

詳細は上柿さんのウェブサイト、instagramをご覧下さい。

 

https://www.erikouegaki.com

 

@mucicacallada.i

 

 

 

 

 

 

 

 

星影のエール

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

なかなかオープンできないatelier gallery でしたが、

 

今後は通常のオープンは行わないことになると思います。

 

今回のコロナウイルスの件以前から、

 

たくさん議論されてきたことでした。

 

ショールームのようなスタンスで、予約制にしていくかと思います。

 

個展などのイベントは行う予定ではありますが、

 

今後外部での取引が増えてくれば、必要がなくなってくるのかなと思っています。

 

いずれにしろ、各方面でいろいろと予定がずれてしまっていますので、

 

落ち着くのに一年ぐらいはかかりそうです。

 

 

 

スペースプロダクトなど、多くの人々と進んでいくスケジュールの中で、

 

作品を制作し続けて、ギャラリーを開けていくというのは、

 

なかなか難しい年齢になってきているのかなと思います。

 

体力的にもモチベーションを維持するのも、追いつかなくなりますね。

 

いろんな修正の時を迎えているのでしょうか。

 

 

 

今後はソーシャルディスタンシングのこともありますし、

 

予約制は仕方がないことかなと思います。

 

僕らだけではなく、多方面で増えていくだろうと思います。

 

まだ具体的に決めてはいませんが、

 

そうなれば予約の入っていない時間は作業ができますし、

 

大ちゃんと二人という人数でも対応できるかなと思います。

 

galleryという言葉を使うのを止めて、atelierだけにして、

 

僕らはそのまま作業しながら、

 

ご来場者された方には気兼ねなくゆっくりと、

 

2階だけでなく1階のatelierも見て回ってもらうという考えもあります。

 

galleryと呼べるほど、純芸術を見せられるわけではありませんでしたので、

 

それも良いタイミングなのかなと思います。

 

ただ、予約を受け付ける時は、

 

展示できる作品をしっかりと用意しなければいけませんし、

 

急にオープンが出来なくなってしまった場合などのことも、

 

配慮しておかなくてはいけないことがいくつかありそうですし、

 

作品だけではなく、スペースプロダクトやone-offなども、

 

もう少し見せられるようにしていきたいと思っていますので、

 

しばらくは開けられないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

遠いシーズンイン

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

爽やかな日々が続いています。

 

山麓では新緑が輝いていてきれいな季節ですが、

 

そろそろ次の季節に移ろうかというところでしょうか。

 

通常ですと丹沢や山梨周辺の低山を巡り終えて、

 

雪解けで可憐な花たちが姿を見せる八ヶ岳や谷川岳などに向かう時期です。

 

今年は遠いですね、シーズンイン。。

 

年頭の山行スケジュールが大幅に変更となりそうです。。

 

 

 

 

 

さて、そんな時はというと、道具のメンテナンスや、

 

撮影した写真のネガをスキャナーで取り込んだり、

 

予定している山の地図を見ながらルートを確認したり、

 

なんだかんだでバタバタしてしまうものです。

 

テントや登山靴を干すとテンションは上がりますし、

 

カメラを磨いてレンズにカビが見つかったり、

 

フィルムの使用期限を確認して焦ったりなどもありますが、

 

準備は総じて楽しいものです。

 

 

 

 

山で携行するそのカメラですが、

 

昨シーズンからフィルムカメラを使っています。

 

特に写真家になろうなどという不届きなものでは全然ありません。

 

写真家の方たちに怒られます。。

 

理由は作品に付随して贈りたいと思ったのがきっかけです。

 

デジタルプリントですと劣化がだいぶ早いということを知り、

 

フィルムも劣化はしますが風合いになると考えまして、

 

昔使用していたKonicaのbig miniやcanonのkissなど、

 

軽くてコンパクトなフィルムカメラを使いました。

 

その焼き上がった写真を見て、何ていうんでしょうか、

 

ノスタルジーにすっかり魅了されてしまいまして、

 

大変重いのですが、中判カメラも持って行くようになりました。

 

デジタルと違って露出計も有ったり無かったり、

 

ISOも100から400、せいぜい800までしかありませんし、

 

撮影してその場で画像を確認できない、

 

失敗写真も大量生産、フィルムや現像代がかかるなどなど、

 

デメリットしかないような過去の遺物ですが、

 

その場の風景の美しさというより、

 

その場の空気を感じられるのは、デジタルにはないものかと思いました。

 

画像は昨年晩秋に6×7判のレンジファインダー機で撮影した那須連峰です。

 

構図はだいぶ良くないのですが、モノクロームでも、

 

晩秋の夕刻の空気感が伝わってくるかなと自分では思っています。。

 

印画紙ではなくて、パソコンでは伝わらないのが難点ですが。。

 

とにかく作品の補足という点では、許容していただけたらと思っています。

 

 

 

 

そういうことがありまして、今年のシーズンインは、

 

いつにも増して楽しみにしていました。

 

作品と一緒に、植物たちが生息している場の空気感も贈れるように、

 

また、そんな場面に出会えるように、

 

とにかく待ち遠しいシーズンインです。

 

 

 

 

 

 

 

5月

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月になりました。

 

さわやかな日がつづいています。

 

バルコニーではジャスミンが咲き始めました。

 

すごくいい香りです。

 

 

 

 

IDEEさんでの展覧会ですが、下記に延期となりました。

 

 

 

六本木ミッドタウン 7月31日(金)〜8月31日(月)

 

銀座MUJI 会期未定

 

 

 

今年は例年以上に暖冬でしたので、

 

夏は非常に暑くなるのではないかと予想されています。

 

いずれにしてもこの夏は、記憶に残る夏になりそうですので、

 

開催できるといいなと思っています。

 

銀座MUJIについては六本木の前か後か調整中です。

 

延びた分、作品は少し増やせるかもしれません。

 

 

 

 

さて、atelier galleryのオープンですが、

 

現在の社会情勢を鑑みると、

 

6月以降もオープンが難しそうな状況が続くのかなと思います。

 

そんな状況ということもあり、

 

atelier galleryに用意していた作品をオンラインで販売しようかと思っています。

 

準備が出来次第、こちらかatelier galleryページで詳細をアップしていく予定です。

 

ご希望の方がいらっしゃいましたら、

 

メールにて受注させていただく予定です。

 

 

 

 

 

 

それでは皆さまどうかご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今年の桜は卒業式から入学式まで、

 

とても長い間咲いていました。

 

前へと背中を押し続けてくれていた桜の季節が、

 

これほど止まっているように感じたことはありません。

 

2020年の桜ほど、記憶に残る桜はないでしょう。

 

 

 

 

香川県高松市の+106さんでの3人展は無事会期を終えました。

 

ご来場くださいました皆さまどうもありがとうございました。

 

不安な情勢の中での展覧会となりましたが、

 

+106さんのご尽力で万事無事に終えることが出来ました。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

今月はIDEEさんでの展覧会が銀座店からスタートする予定でしたが、

 

銀座店は5月12日から6月8日までに延期となりました。

 

六本木店は5月22日から6月15日までで変更はありません。

 

DMの制作はぎりぎりまで待って、という現状ですが、

 

はたしてどうなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

本年のatelier gallery 。

 

いまだにオープンしておりません。。

 

あいつら大丈夫なのか、と言われているとかいないとか。

 

このまま開かずに年越しという可能性も出てきたような。。

 

実は、ちょうど今後のatelier galleryのこともいろいろ考えていたところでして、

 

しっかり考える時間ができたのかもしれません。

 

 

 

 

 

そして、登山。。。

 

行けてません。これ、ほんとです。。

 

もしかして、行けないかもしれません。いや、行けませんね。。

 

田淵行男さんや水越武さん、星野道夫さん加藤則芳さん、

 

小島烏水さんシェルパ斉藤さん、山怪にヤマケイアルペンガイドなどなど、

 

熟読し直すにはいい時間です。

 

 

 

 

 

 

それでは皆さま、雨の日も晴れの日も曇りの日も、

 

どうかご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

 

オルレアンの旗

 

 

 

 

Orleans Banner

 

オルレアンの旗

 

h450 w450 t25

 

 

 

 

オルレアンといえばジャンヌ・ダルク。

 

幼い頃、首里カトリック教会で教えられた彼女の生涯。

 

その手が掲げていた旗は白であったと言われていますが、

 

高里はその精神が白をまとった沖縄の神女にも通じると感じ、

 

彼女たちが秘めていた内なる赤を描いた作品です。

 

 

 

 

高里の絵画は錆をまとっていますので、

 

暗いトーンの作品が多いのですが、

 

それがかえって、

 

静かに世界を覗き込むようで、

 

画から発せられる小さな力に強く引き込まれます。

 

 

 

 

+106さんでの展覧会は12日(日)までの予定でしたが、

 

緊急事態宣言が発令されるということで、

 

対象の都府県以外も週末は外出自粛要請となりそうですので、

 

10日(金)までで閉会となりました。

 

会期残りわずかとなりましたが、

 

この時期にここまで会期を全うできまして、

 

感謝しております。

 

皆さまどうもありがとうございます。

 

皆さまどうかご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

桜坂

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先週末、大沢たかおさんのジェットストリームが終演を迎えました。

 

約 11年の間、疲れた身心を癒しつづけてくださいました。

 

ありがとうございました。

 

心より感謝いたします。

 

 

 

 

新しい機長は同い年の福山雅治さんとなりました。。

 

じぇっ     と、  すとりーーーむ      。

 

じぇっ     と、  すとりーーーむ      。

 

 

 

 

お聞きされた方々はご存じかと思います。

 

少々膝あたりが前のめりにグキっとしてしまう感のある、

 

ナレーションに福山さん独特の間を感じざるを得ません。。。

 

これからのひととき、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

僕が帰省すると必ず行くのが桜坂劇場です。

 

昭和のキネマ館ですが、那覇の中心だと勝手に思っています。

 

桜坂は沖縄一の歓楽街でした。

 

東京でいえば、新宿、でしょうか。。

 

これは島の人たちでも年代によって意見が分かれるのかもしれません。

 

銀座や新橋という人もいるでしょう。

 

今では国際ショッピングセンターもなく、

 

A&Wもないわけですから、しかたがありません。

 

 

 

 

福山さんで桜坂。

 

結びつけ過ぎてもなあというところですけれど。

 

僕は桜坂が大好きです。

 

 

 

 

 

ジェットストリームは普遍です。

 

これからも僕らの身心を支え続けてくれるでしょう。

 

僕が大好きな桜坂劇場。

 

これからもずっと僕の帰りを待っていてくれる場所だと思っています。

 

 

 

 

 

春の妖精

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

桜が見頃となっております。

 

日差しも強くなり、過ごしやすくなりました。

 

 

 

春の短い間だけ花を咲かせる

 

スプリングエフェメラルと呼ばれる植物たちがいます。

 

春の妖精とも呼ばれています。

 

イチリンソウ属やカタクリなどが良く知られています。

 

ちょうど今ですね。

 

山麓の林床や林縁に群生しています。

 

 

 

今回の展覧会に二つのイチリンソウを制作しました。

 

左はアズマイチゲ、右はキクザキイチゲになります。

 

アズマイチゲは白花で葉を畳んだような姿をしています。

 

キクザキイチゲは青紫の花色で、

 

菊のような深く切れ込んだ葉をしています。

 

 

 

春の山麓でこの花たちに会うととても清々しく、

 

元気をもらえるような気がします。

 

山の生きものたちは今年も忙しくなりそうで、

 

にぎやかで楽しそうです。

 

 

 

 

「+106 x3」

 

会場:+106

 

会期:3月28日(土)〜4月12日(日) 11:00~18:00

 

4月6日(月)7日(火)8日(水)はお休みです

 

会場:香川県高松市屋島西町2453-20​ RENOWA YASHIMA 106号

 

tel:087-880-6900

 

https://www.plus106.net

 

 

 

 

今回は香川に向かうことができませんでした。

 

職務を全うできず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

設営から何から何まで、

 

+106さんに大変なお手数を掛けてしまうことになりました。

 

そして、皆さまにお会いすることもできずに申し訳ございません。

 

展覧会に関しましては、28日(土)29日(日)はオープンいたしますが、

 

30日(月)以降につきましては、

 

+106さんのサイトか、instagramのページplus106をご覧下さい。

 

皆さまどうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates