自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月のatelier galleryは無事会期を終えました。

 

悪天候の中ご来場下さいましてどうもありがとうございました。

 

今年は今のところ梅雨らしくなっているようですが、

 

昨年はどうだったか、10年、30年前はどんなだったかと、

 

一昨日のお昼ご飯に何を食べたのかも覚えていないのに、

 

昔の梅雨に思いめぐらす今日この頃です。

 

 

 

 

さて、自然礼賛です。

 

来月の7月末から展示を行うことになりました。

 

額作品の新作主体で、立体はわずかになると思います。

 

木彫はありません。

 

立体、木彫はまた別に、それぞれだけの展を行なう方向で考えています。

 

 

 

前回は日曜日スタートでした。

 

日曜日は産業廃棄物処理場がお休みで、静かでいいなと思っていたのですが、

 

前回のこともあって、土曜日スタートにするかどうかで迷っています。

 

8月の11日の日曜日までの会期を考えていまして、

 

連日は難しいので、平日は何日かお休みにはなりますが、

 

日曜日を3回と、少し長めの会期にしたいなと思います。

 

現在、形になっていて着彩前のものが30点ありますので、

 

間に合えば30点ご用意できるかと思います。

 

 

 

 

前回の反省を踏まえての改善点をいくつか考えています。

 

ひとつは、ご購入をお考えの方が初日に多くご来場されたことで、

 

ゆっくりお選びできなかったという点です。

 

今回は会期3日前くらいを目標に、

 

全作品をサイトでご覧いただけるようにしようと考えています。

 

事前に見せることはデメリットもあるかもしれませんが、

 

今回はメリットの方が多いのではないかと思っています。

 

もし多くの方がご来場されるようでしたら、2階へは10名ずつご案内する予定です。

 

 

 

 

詳細はまだ詰めれていませんが、

 

今のところお伝えできることは以上になります。

 

ご質問などございましたら、なる早でご連絡ください。

 

 

 

 

 

それでは、湿度が高い日が続いていますが、

 

雨の日も晴れの日もそして雨の日も、皆さまどうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

6月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

夏山に向けての週二日のランニングが、

 

このところの毎日の工場作業と重なって、

 

足取りが重くて仕方がありませんでした。

 

そこで、サッカーの長友選手が、

 

歩くのと同じくらいでゆっくりジョギングすると疲れがとれる、

 

というので試してみると、

 

逆にどんどん疲れがたまっていくようで、

 

ランニングの後半にバテてしまって歩くようになってしまいました。。

 

そもそも長友選手ではないので、それなりに疲れるよなぁと思う今日この頃です。

 

 

 

 

さて、6月のatelier galleryは土曜日スタートです。

 

今週末の8日の土曜日から10日の月曜日までの3日間のオープンとなります。

 

今月は制作途中、色入れ前の作品をご覧いただけます。

 

完全に朽ちた状態に見えるものです。

 

初期の作品はこのまま出展していることの方が多かったと思います。

 

現在の形になって10年が経過して、

 

仕上げもそれなりに変遷を辿ってきましたが、

 

どこまで色を入れようか、そもそも色を入れるのか、

 

以外に思い切れなかったりします。

 

 

 

 

中村は山びこ彫刻、高里は絵画と2013年の版画作品を展示します。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月のatelier galleryオープン

 

6月8日(土)〜10日(月) 12:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

The Doors

 

 

 

 

こんにちは。

 

そろそろ梅雨入り間近というところでしょうか。

 

 

 

先月のatelier galleryにての一幕です。

 

「スチールドアや窓などの仕事をずっとやっているから、

 

モリソンさんって呼ばれているんですか?」

 

「えっ?」

 

「だって、ドアーズだからですよねぇ?」

 

「あー!はははは。。。」

 

 

 

確かにそうですね。

 

ドアの仕事多いですから、ドアーズからモリソンというのは、

 

自然な流れというところでしょうか。

 

 

 

ドアの仕事をするようになったきっかけはideeの頃です。

 

設計した店舗でドアを作り替えることになったのですが、

 

なかなか作ってくれるところがなくて、

 

いつも什器を頼んでいるところは、

 

可動系のものは面倒な割にバックが少ないと言ってNGで、

 

建築系のところは定番的な作りのもの以外はすごく高くて、

 

作れるところを探すのがすごく大変でした。

 

やっと作ってもらったのは良かったんですが、

 

不具合が多くて何度も困ったことになりました。

 

ドアはもうたくさんと思っていたのですが、

 

その時の施主さんが理解のある方で、

 

スチール製だからそれくらいの不具合は味だからと言っていただいて、

 

申し訳ない気持ちになって。。

 

それからいろいろなドアを見て、

 

構造や機能、鍵などの金物などを調べるようになりました。

 

独立してからは、他にドアなどを作る仲間がいないこともあって、

 

仕事においては柱と言えるものになっていきました。

 

 

 

 

とは言え、ドア→ドアーズ→モリソンではないのですが、

 

まあ、それでもよろしいのではないでしょうか。

 

体力勝負の仕事ですので、いつまで続けられるかはわかりませんが、

 

できる限り続けていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月にしては少々暑過ぎるかなと思うような日が続いています。

 

皆さんご無事でしょうか。

 

 

 

「自然礼賛」です。

 

前回に夏の開催は難しく、11月か12月になるかもと書きましたが、

 

やはりテーマとしては夏が似合うのではないかと、

 

その季節だともうタイトルを変えたほうがいいのではないかと、

 

いろいろと意見が出まして、夏の開催を再検討しています。

 

お盆を過ぎてからよりもお盆前の方が良いのではないかということで、

 

7月27日あたりから8月11日の間で調整中です。

 

7月前半からの開催は無理な状況です。

 

遠方の方たちには申し訳のない日程になってしまうかもしれません。

 

atelier gallery にご来場されたことがある方に限りますが、

 

何かしらの方策も検討しています。

 

とは言え、開催できるかはまだ半々くらいです。

 

来月の中頃までには開催するかどうかを決めたいと思っています。

 

もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

エルデコ

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月のatelier galleryは無事終了しました。

 

お越し下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

今月はエルデコさんが7日に発売されました関係で、

 

ご覧になったことがきっかけで来られた方も多かったと思います。

 

稀に雑誌に作品が載ることはあるのですが、

 

金属植物とは記載されていないことがほとんどですから、

 

アンティークの押し花だと思う方がすごく多いようで、

 

お気を留めることはないと思うのですが、

 

今回は色入れをしているところや制作に関してのことなどを、

 

しっかりと書いていただいていますので、

 

気になった方が多かったのかもしれません。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

この夏に「自然礼賛展」を開催する予定でしたが、

 

スケジュール的に難しくなってしまいました。。

 

秋に中村の山びこ展と高里の個展が続くこともあり、

 

11月か、12月になりそうです。

 

この「自然礼賛展」につきましては、後日改めてお伝えします。

 

また、木彫刻展ですが、、すでに2月くらいの段階で、

 

今年の開催は挫けてしまっていました。。どうもすみません。。

 

そろそろ僕が元々は木彫だったということが忘れ去られてしまいますので、

 

来年以降は金属植物を徐々に減らし、

 

3年後くらいには木彫主体に移行できるようにしていきたいなと、

 

そう考えていますが、ここ何年も同じことを言っているような気がします。。

 

 

 

 

6月のatelier galleryは土曜日スタートで、

 

8日(土)〜10日(月)の3日間オープンの予定です。

 

詳細は6月頭にatelier galleryページをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

5月のatelier gallery

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

大型連休がようやく明けました。

 

お正月より長いお休みとなった方も多いかと思います。

 

そして金沢での展覧会も無事終了しました。

 

ご来場くださいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

mina perhonenさんの金沢店の皆さま、どうもありがとうございました。

 

和の空間でもなかなか大丈夫なのでは、と思いましたが、

 

いかがでしたでしょうか。

 

金沢の皆さまにまたお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

5月のatelier gallery は先月と同じ木曜日スタートとなります。

 

本日9日の木曜日から12日の日曜日までの4日間オープンします。

 

中村の山びこ、高里は絵画の他に版画作品も展示します。

 

金属植物で販売可能な作品は8点になります。

 

お時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

 

 

 

深山東菊

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月になりました。一番清々しい季節ですね。

 

minä perhonenさんの金沢店にて会期中の「alpine plants」。

 

会期後半となりました。

 

今回は高山植物を主体に制作しています。

 

画像はミヤマアズマギクで、後ろには白馬岳です。

 

白馬岳から小蓮華山付近の稜線に咲いていました。

 

ここ白馬岳で見ることができる高山植物はおよそ350種にのぼり、

 

白馬連山の高山植物帯として、天然記念物に指定されています。

 

この山は本当に素晴らしいです。

 

何度訪れても新しい植物に出会えます。

 

そして標高差600Mの大雪渓、百花繚乱のお花畑がいくつも広がり、

 

アルペンムード満点の大パノラマ、雲上の高山湖、鑓温泉、

 

そして白馬山荘のレストランスカイプラザの生ビール。

 

今年の夏もまた行きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深山東菊

 

キク科ムカシヨモギ属の高山植物

 

本州中部以北から北海道の高山帯に分布

 

h282w201t44/1.7kg

 

 

 

今回の「alpine plants」に出展している全作品を、

 

one-offページにてご覧いただけます。

 

http://specialsource.jp/?cat=5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月のatelier galleryにて、

 

今展では会期後半よりお電話での受け付けもあるかも、

 

という話もしていましたが、

 

今展も今までと同様に、お電話での受け付け等は行わないことになりました。

 

都内の方々をはじめとして、

 

遠方より金沢に向かうには時間も費用もかかりますので、

 

大変申し訳なく思っています。

 

年間に制作できる作品数が限られていることや、

 

地方で展示を行う意味など、色々と勘案しまして、

 

今展も例外なくということになりました。

 

どうぞご了承下さいませ。

 

 

 

 

会期:2019年4月26日(金)〜5月6日(月)

 

会場:minä perhonen金沢店

 

石川県金沢市石引2-17-19

 

076-223-3722

 

open 11:00~19:00

 

https://www.mina-perhonen.jp/shop/ishikawa/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

大型連休に入りました。すでに機上の人という方もいるかもしれませんね。

 

金沢に行ってきました。

 

26日の金曜日から始まりました「alpine flora」展。

 

一昨年の2017年にハンガースタンドやガラスケースなどの什器や、

 

入り口横の表札を設置取り付けに伺ったminä perhonenさんの金沢店。

 

2階のスペースにて展示しています。

 

自分たちがお店作りに関わった場所で作品を見ていただけるのは、

 

とても意義深く有り難いことです。

 

今回は和の空間となります。

 

枯山水を眺めながら、静かな時間をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:2019年4月26日(金)〜5月6日(月)

 

会場:minä perhonen金沢店

 

石川県金沢市石引2-17-19

 

076-223-3722

 

open 11:00~19:00

 

https://www.mina-perhonen.jp/shop/ishikawa/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

steel products

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先日まで川崎のRALLY NIPPONさんにて、

 

鉄製引戸や折戸などのスチール工事を行なっていました。

 

内外装のデザインはもうかれこれ20年のお付き合いとなります、

 

shigeji design worksの畠山さんです。

 

 

 

高さが3Mほどの引戸はコールテン鋼という特殊な鉄板を使用しています。

 

コールテン鋼で発生する錆は、通常の鉄に発生する錆とは違って、

 

耐候性があり保護錆と呼ばれるもので、腐食が表面だけで内部まで進みません。

 

最初はオレンジの錆が出ますが、だんだんと茶褐色になり、

 

3年ほどで落ち着き、黒褐色の風合いのある質感になります。

 

床面に錆のオレンジ色が付着してしまいますので、

 

施主さんが相当に理解力がある方でないと難しい仕上げですが、

 

その独特の風合いからファンも多く、世界中でモニュメントや建築に使用されています。

 

10年以上の長期使用を考えるのでしたら、塗装仕上げなどは塗り直す必要がありますので、

 

経年の風合いが好みの方は良い選択肢のひとつだと思います。

 

 

 

引戸は4枚で床レール、扉下部に重量用戸車、

 

上部にベアリング付きの車輪を仕込んでいます。

 

これから外壁屋さんが鉄骨の骨組みにコールテン鋼を取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引戸のコールテン鋼は取り付けたばかりで、

 

まだ錆がほとんど発生していませんが、

 

表はいい感じに錆が全面に発生しています。

 

これで約10ヶ月経過というところです。

 

下の折戸の画像は9ヶ月前の取り付けの時です。

 

外壁は1ヶ月ほど経過していた頃ですので、錆びはまだそこまで出ていませんでした。

 

折戸は上部枠にレールを付けるタイプではなく、

 

中央の扉を開いて端の扉に抱き合わせて開くタイプにしました。

 

雨仕舞いや隙間のこと、コストなどを考えてこの方法にしました。

 

重量用の車輪を使用することで扉の垂れを矯正しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RALLY NIPPONさんはクラッシックカーで、

 

日本の世界遺産や文化遺産を走るイベントなどを行なっています。

 

僕は12年前までカワサキのマッハというオートバイを所有していましたが、

 

車ではクラッシックカーを所有したことはありません。

 

ですが、久しぶりにガソリンとオイルの独特の匂いに囲まれて、

 

とても気分良く仕事をすることが出来ました。

 

ありがとうございました。

 

今年のRALLY NIPPONさんのイベントは九州ですので難しいかもしれませんが、

 

いつかを観に行って、たくさんのクラッシックカーを間近で堪能してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

4月のatelier gallery

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

明後日11日の木曜日より14日の日曜日までの4日間、

 

予定通り4月のatelier galleryをオープンします。

 

先月は土曜日から火曜日まででしたので、

 

もしかすると今後は交互にオープンの曜日を変えていくかもしれません。

 

となると水曜日だけ開かないということになりますが、

 

今のところ水曜日に開いてないと一生行けない、

 

なんていう話は聞こえてきませんので大丈夫かなと思っています。

 

今月も販売出来る金属植物作品をご用意しています。

 

月末からの金沢での個展に出展する作品もご覧いただけます。

 

画像の3点はその分になります。もちろん販売は金沢にて26日からですが、

 

実物をご覧いただいて、いろいろとご相談下さい。

 

また、スペースプロダクトやone-offなどのご相談もお待ちしております。

 

それではお時間ございましたら是非お立ち寄り下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates