鳳凰沙参

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

厳しい暑さが続く中、自然礼賛展は会期折り返しとなりました。

 

ご来場下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

今展は42種の植物と5種の蝶の作品を出展しています。

 

違う種の作品を制作するのは難しいのではと思われる方も多いのですが、

 

1種ずつ1点1点one-offで作っていくことで、

 

それまでできなかった技術を得て、

 

新しい種をご覧いただくことができるようになります。

 

自然に身を委ねる生きものは皆、

 

何年もの時間を経て、今を生きる術を身につけています。

 

自分が歩いて出会った種を作っていくことでしか、

 

自然への畏敬の思いは表現できないように思います。

 

100種くらいは一度に見てもらえるような力を持ち合わせられればいいのですが。。

 

その時はどうぞ皆さまお力添えをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭の画像の作品は鳳凰沙参です。

 

南アルプスの鳳凰山に咲くキキョウ科の種です。

 

岩場から垂れ下がるように咲くのは、

 

花が一輪ではないため、重みで垂れ下がるのだと思います。

 

鳳凰山は高山病になるほどの標高ではありませんが、

 

深い森に多様な動植物を有している山です。

 

観音岳、薬師岳、地蔵岳の三山からなるので、

 

鳳凰三山と呼ばれています。

 

地蔵岳の多数のお地蔵さまを見ればわかりますが、

 

古くから信仰が深い山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰沙参

 

キキョウ科ホタルブクロ属

 

観察地: 南アルプス鳳凰山青木鉱泉より入山

 

自然礼賛2019

 

size: h399w399

 

 

 

 

 

「自然礼賛」

 

会期:

 

7月27日(土)〜29日(月)

 

8月1日(木)〜4日(日)

 

8月8日(木)〜11日(日)

 

open12:00~18:00

 

会場:special source atelier gallery

 

神奈川県川崎市高津区久地4-11-46

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

昨日より、2019年の自然礼賛展が始まりました。

 

前回の初日に多くの方々が集中してしまったという反省を踏まえまして、

 

今回はDM発送、webサイトでの告知に限っておりました。

 

SNSなどでの事前告知は、混雑を避けるために行いませんでした。

 

皆さまに少しでもごゆっくりご鑑賞いただければと考えての判断でした。

 

加えまして、artページでは今回のすべての出展作品がご覧いただけます。

 

こちらも少しでも余裕を持ってご鑑賞いただければと思いました。

 

静かに今日を迎えられ、静かに終えることができ、

 

自分の道標を確認できた1日となりました。

 

 

ご来場くださいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

長かった梅雨が明け、夏本番となります。

 

暑さ厳しい日が続きますが、

 

お時間ございましたら、是非ご高覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:

 

7月27日(土)〜29日(月)

 

8月1日(木)〜4日(日)

 

8月8日(木)〜11日(日)

 

open12:00~18:00

 

会場:special source atelier gallery

 

神奈川県川崎市高津区久地4-11-46

 

 

 

 

 

梅花黄蓮

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮は牧野富太郎記念館のマークにもなっているように、

 

可憐な植物の象徴です。

 

困難な時代を生き抜き、小さな生命の輪廻のドラマに、

 

すべてを注いだ優しい眼差し。

 

この花を見かけると、牧野富太郎先生を思い浮かべます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮

 

キンポウゲ科オウレン属

 

本州福島以南、四国の深山、亜高山帯に自生

 

観察地:燕岳(長野県中房温泉より入山)

 

size:h282w282d44/2.2kg

 

自然礼賛 2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬ヶ原の池塘に浮かぶヒツジグサ。

 

水面に映る空の青と樹々の緑が、白い花をより美しく見せていました。

 

水が反射するので、根幹を支えているものは遠目からは見えませんが、

 

近づくと透明な水の中には、幾重にも重なって根から伸びる葉柄が見えます。

 

ヒツジグサの容姿を間近で観察しましたが、

 

後日になって思い浮かべられるのは、自然の風景と解け合った姿でした。

 

自然に生きるものは、ひとつのものだけを切り取って思い浮かべることはできません。

 

青空に飛ぶ鳥も蝶も自然の風景とともに記憶されます。

 

尾瀬ケ原のヒツジグサが美しいのは、尾瀬のすべてが美しいからなのでしょう。

 

 

 

 

今回の自然礼賛展では、立体作品を4点制作しています。

 

ヒツジグサの立ち姿から、尾瀬ケ原の風景を思い浮かべていただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未草

 

Nymphaea tetragona Georgi

 

スイレン科スイレン属の水生植物

 

山地の沼や亜高山帯の高層湿原などに自生

 

観察池:尾瀬ヶ原(群馬県鳩待峠より入山)

 

size : h400 w330 d300

 

2019自然礼賛 出展作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔓立壺菫

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今年は例年になく梅雨らしい梅雨となっております。

 

先週まで連日現場に入っていましたが、雨が毎日降る天気が続き、

 

少しでも止めば外での作業にとりかかり、降れば中での作業と、

 

日によって工程を変えながら何とか乗り切りました。

 

作業が少し残りましたが、オープンまでには納められる目処がついて、

 

ホッと一息つきたい今日この頃です。

 

 

 

画像は、今年の春に金沢のmina perhonenさんにて開催しました、

 

alpine plants展で出展したツルタチツボスミレになります。

 

昨年六本木のIDEEさんでの展に出展したニオイスミレと同じサイズのものでした。

 

スミレは小さいので、A4sizeでしか制作していませんでしたが、

 

地中でつながった株をトリミングせずに大きめのサイズのフレームに入れることで、

 

小さな花の新しい見え方を見つけることが出来ましたし、

 

どこかのびのびと見えるような気がしました。

 

一花の方が可憐さはありますが、これはこれで賑やかでいいなと思っています。

 

 

 

今月末7月27日(土)からの「自然礼賛」では、

 

このサイズでのスミレは1点、タカネスミレを制作中です。

 

高山の稜線上、頂上辺りの砂礫地に自生する黄色いスミレです。

 

他にA3でナガハシスミレ、A4でヒメスミレとオクタマスミレを出展する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔓立壺菫

 

ツルタチツボスミレ

 

スミレ科スミレ属

 

日本海側の標高1700Mくらいまでの亜高山帯に分布

 

観察地:鳥海山(山形県側の鉾立より入山)

 

size:A3Square h400w400

 

 

 

 

 

 

 

2019.4「alpine flora」出展作品

 

 

 

 

 

 

ギャラリーさんぽ

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

「自然礼賛」展は7月27日の土曜日からの開催が決まりました。

 

会期は27日〜29日、8月1日〜4日、8日〜11日までの11日間になります。

 

現在はDMの制作に取りかかっています。

 

出来上がりましたら順次発送していきます。

 

 

 

 

先日青山のギャルリーワッツさんの山本さんが取材に来てくれました。

 

神奈川県のギャラリーを紹介するサイトです。

 

今回はスペソー3人をご紹介していただいています。

 

3人ともそれぞれにお話を聞いていただくことはほとんどありませんので、

 

皆さま是非ご覧ください。

 

 

 

 

神奈川県内のアート・カルチャーを発信するサイト

 

マグカル・ドット・ネット

 

https://magcul.net/176155?fbclid=IwAR3H2obw0clYciRgTFab8pzQLqpYn8u8pHlYUxMiNZXrWY6J_I1w6LPC9C4

 

横浜みなとみらいオフィシャルサイト

 

http://goyokohama.jp/176155

 

 

 

 

ギャルリーワッツの山本さんは、

 

今回3人それぞれじっくり話を聞いていただいたり、

 

こういった神奈川県のローカルなギャラリーの紹介をしたりと、

 

フラットに作家を見てくれる方です。

 

ギャルリーワッツさんでのお仕事も無名の作家さんを紹介されたり、

 

分け隔てなくいろいろな作品に触れてこられています。

 

住まいが徒歩5分くらいのすごいご近所で、

 

年齢が同じということもありますが、とても心強いです。

 

今回はどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月のatelier galleryは無事会期を終えました。

 

悪天候の中ご来場下さいましてどうもありがとうございました。

 

今年は今のところ梅雨らしくなっているようですが、

 

昨年はどうだったか、10年、30年前はどんなだったかと、

 

一昨日のお昼ご飯に何を食べたのかも覚えていないのに、

 

昔の梅雨に思いめぐらす今日この頃です。

 

 

 

 

さて、自然礼賛です。

 

来月の7月末から展示を行うことになりました。

 

額作品の新作主体で、立体はわずかになると思います。

 

木彫はありません。

 

立体、木彫はまた別に、それぞれだけの展を行なう方向で考えています。

 

 

 

前回は日曜日スタートでした。

 

日曜日は産業廃棄物処理場がお休みで、静かでいいなと思っていたのですが、

 

前回のこともあって、土曜日スタートにするかどうかで迷っています。

 

8月の11日の日曜日までの会期を考えていまして、

 

連日は難しいので、平日は何日かお休みにはなりますが、

 

日曜日を3回と、少し長めの会期にしたいなと思います。

 

現在、形になっていて着彩前のものが30点ありますので、

 

間に合えば30点ご用意できるかと思います。

 

 

 

 

前回の反省を踏まえての改善点をいくつか考えています。

 

ひとつは、ご購入をお考えの方が初日に多くご来場されたことで、

 

ゆっくりお選びできなかったという点です。

 

今回は会期3日前くらいを目標に、

 

全作品をサイトでご覧いただけるようにしようと考えています。

 

事前に見せることはデメリットもあるかもしれませんが、

 

今回はメリットの方が多いのではないかと思っています。

 

もし多くの方がご来場されるようでしたら、2階へは10名ずつご案内する予定です。

 

 

 

 

詳細はまだ詰めれていませんが、

 

今のところお伝えできることは以上になります。

 

ご質問などございましたら、なる早でご連絡ください。

 

 

 

 

 

それでは、湿度が高い日が続いていますが、

 

雨の日も晴れの日もそしてふたたびの雨の日も、皆さまどうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

6月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

夏山に向けての週二日のランニングが、

 

このところの毎日の工場作業と重なって、

 

足取りが重くて仕方がありませんでした。

 

そこで、サッカーの長友選手が、

 

歩くのと同じくらいでゆっくりジョギングすると疲れがとれる、

 

というので試してみると、

 

逆にどんどん疲れがたまっていくようで、

 

ランニングの後半にバテてしまって歩くようになってしまいました。。

 

そもそも長友選手ではないので、それなりに疲れるよなぁと思う今日この頃です。

 

 

 

 

さて、6月のatelier galleryは土曜日スタートです。

 

今週末の8日の土曜日から10日の月曜日までの3日間のオープンとなります。

 

今月は制作途中、色入れ前の作品をご覧いただけます。

 

完全に朽ちた状態に見えるものです。

 

初期の作品はこのまま出展していることの方が多かったと思います。

 

現在の形になって10年が経過して、

 

仕上げもそれなりに変遷を辿ってきましたが、

 

どこまで色を入れようか、そもそも色を入れるのか、

 

以外に思い切れなかったりします。

 

 

 

 

中村は山びこ彫刻、高里は絵画と2013年の版画作品を展示します。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月のatelier galleryオープン

 

6月8日(土)〜10日(月) 12:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

The Doors

 

 

 

 

こんにちは。

 

そろそろ梅雨入り間近というところでしょうか。

 

 

 

先月のatelier galleryにての一幕です。

 

「スチールドアや窓などの仕事をずっとやっているから、

 

モリソンさんって呼ばれているんですか?」

 

「えっ?」

 

「だって、ドアーズだからですよねぇ?」

 

「あー!はははは。。。」

 

 

 

確かにそうですね。

 

ドアの仕事多いですから、ドアーズからモリソンというのは、

 

自然な流れというところでしょうか。

 

 

 

ドアの仕事をするようになったきっかけはideeの頃です。

 

設計した店舗でドアを作り替えることになったのですが、

 

なかなか作ってくれるところがなくて、

 

いつも什器を頼んでいるところは、

 

可動系のものは面倒な割にバックが少ないと言ってNGで、

 

建築系のところは定番的な作りのもの以外はすごく高くて、

 

作れるところを探すのがすごく大変でした。

 

やっと作ってもらったのは良かったんですが、

 

不具合が多くて何度も困ったことになりました。

 

ドアはもうたくさんと思っていたのですが、

 

その時の施主さんが理解のある方で、

 

スチール製だからそれくらいの不具合は味だからと言っていただいて、

 

申し訳ない気持ちになって。。

 

それからいろいろなドアを見て、

 

構造や機能、鍵などの金物などを調べるようになりました。

 

独立してからは、他にドアなどを作る仲間がいないこともあって、

 

仕事においては柱と言えるものになっていきました。

 

 

 

 

とは言え、ドア→ドアーズ→モリソンではないのですが、

 

まあ、それでもよろしいのではないでしょうか。

 

体力勝負の仕事ですので、いつまで続けられるかはわかりませんが、

 

できる限り続けていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月にしては少々暑過ぎるかなと思うような日が続いています。

 

皆さんご無事でしょうか。

 

 

 

「自然礼賛」です。

 

前回に夏の開催は難しく、11月か12月になるかもと書きましたが、

 

やはりテーマとしては夏が似合うのではないかと、

 

その季節だともうタイトルを変えたほうがいいのではないかと、

 

いろいろと意見が出まして、夏の開催を再検討しています。

 

お盆を過ぎてからよりもお盆前の方が良いのではないかということで、

 

7月27日あたりから8月11日の間で調整中です。

 

7月前半からの開催は無理な状況です。

 

遠方の方たちには申し訳のない日程になってしまうかもしれません。

 

atelier gallery にご来場されたことがある方に限りますが、

 

何かしらの方策も検討しています。

 

とは言え、開催できるかはまだ半々くらいです。

 

来月の中頃までには開催するかどうかを決めたいと思っています。

 

もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates