夏の穂高

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の穂高

 

上高地の清々しさ 樹々の陰影のコントラスト

 

息上がる道中から仰ぎ見る穂高

 

涸沢に降り注ぐ陽光、残雪と沢水の冷気

 

暮れ行く稜線 上弦の星空

 

朝もやに浮かぶ常念岳 目覚めるチングルマ

 

朝日を浴びて輝く高山植物たち

 

見上げるザイテングラード

 

標高を上げ眼下に笠ヶ岳、遠望する白山

 

ここは岩の殿堂

 

槍の穂先と同じ目線に立つころ

 

山頂に辿り着く

 

雲海の彼方には南アルプスと富士

 

足元にはイワギキョウ イワツメクサ

 

 

 

 

北アルプスで年間最多の登山者が訪れる上高地、涸沢、奥穂高岳のルート。

 

1000のテントが張られる紅葉シーズンが一番混雑しますが、

 

梅雨明け直後の平日は、静かな夜を過ごすことが出来ます。

 

上高地から徳沢、横尾まで多くの植物が咲き、

 

梓川の清流の音、嘉門次小屋のイワナも絶品。

 

本谷橋から涸沢までの登りは地味に堪えますが、

 

涸沢ヒュッテの生ビールとおでん、

 

加えてパンパンに膨らんだポテトチップス。

 

それらを片手に見る穂高連峰に囲まれた景観は本当に素晴らしい。

 

涸沢に広がるお花畑に胸が踊り、

 

穂高の稜線で強風に耐えながら咲く高山植物たちに感動します。

 

遠く雲海を眺めながら、

 

また必ずここに来たいと切に願います。

 

夏の穂高は、いつまでも僕の日本の原風景のひとつだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

隔年で開催しておりますatelier galleryでの個展。

 

やはり自然礼賛でいくことに決まりました。

 

会期は11月で2週間程度を予定しております。

 

全日予約制になると思います。

 

予約は10月中旬頃よりメールにてお受け付けいたします。

 

詳細はこちらのページとatelier galleryページでお伝えいたします。

 

DMは予約開始日の前に発送する予定です。

 

まだまだ気が早いですが、気がつくともうすぐということになりますから、

 

DMをご希望の方は気づいた時にご連絡下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

野々上聡人 岡本太郎賞特別展示

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先日、青山の岡本太郎記念館で開催中の野々上さんの展示に行ってきました。

 

野々上さんは昨年の第23回岡本太郎現代芸術賞で太郎賞を受賞された方です。

 

今回の展示はその受賞記念展になります。

 

今回も野々上さんワールド全開でした。

 

絵画も彫刻も映像も見応えありますので、

 

お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さい。

 

 

 

僕も来年の夏に敏子賞記念の展示をさせていただきます。

 

壁面いっぱいに太郎さんの絵画と金属植物のフレーム作品を飾りたいと思っています。

 

積年の目標でしたので、あともう少しで実現というところまで来ました。

 

もう一踏ん張りですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡本太郎現代芸術賞 岡本太郎賞受賞作家特別展示

 

野々上聡人「二人展」

 

 

会場:岡本太郎記念館

 

港区南青山6-1-19 03-3406-0801

 

会期:2021年6月23日〜7月11日

 

火曜日休館 10:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

 

慰霊の日

 

 

 

 

 

慰霊の日を迎えました。

 

首里城のない慰霊の日です。

 

 

 

なかなかこのご時世です。

 

高齢の親類が多い沖縄ですので、

 

どうしても帰省は躊躇してしまいますが、

 

ようやくワクチンを打ち始めたようで、

 

「大丈夫さ〜」という声もちらほら。。

 

「やがて良くなるはずよ〜」というやがてが、なかなか遠いのですよ。。

 

 

 

本日は慰霊の日。

 

特別な日ですので、沖縄のソウルフードのひとつ「中身汁」を作りました。

 

カチューユから手作りですよ。。

 

とってもおいしかったです。

 

おばさんのうちの匂いがしました。

 

 

 

 

 

大戦後76年を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

atelier gallery

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

IDEE TOKYOさんでのsmall plants展、会期終了いたしました。

 

ご来場下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

結局、全期間緊急事態宣言下となりまして、

 

多くの方々にご覧いただくことはできませんでしたが、

 

開催できたことが良かったと思います。

 

IDEEさんありがとうございました。

 

今回出展した41作品のうち、会期中に決まりませんでした1点は、

 

IDEEさんのON LINEにて引き続き販売されます。

 

遠方の方でも大丈夫ですので、この機会にご検討下さいませ。

 

IDEE TOKYOさんでは、9月から中村大介の山びこ展が開催されます。

 

そちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

さて、今月のオープンを予定しておりましたatelier galleryですが、

 

不安定な世情となっておりまして、クローズとなってしまいました。

 

また、代わりのON LINE販売につきましても、

 

この状況では見通しがしづらく、今のところ未定となります。

 

早く安定してくれるといいですね。

 

 

 

自然礼賛展についてですが、

 

small plants展でフレーム作品はかなり多くの数を出展したこともありまして、

 

フレーム以外の作品をメインに制作しております。

 

現時点では、自然礼賛ではないタイトルでの展示にしていこうかと考えております。

 

木彫作品も久しぶりに彫りまして、着彩を残すのみのところまでとなりました。

 

2体だけですが。。

 

2015年以来ですので出来たとは言っても、手放せるかどうかは未定です。

 

展示はすると思います。

 

緊急事態宣言など不安定な状況になる可能性が非常に高いですが、

 

これに関しましては開催するつもりで、作品は制作しております。

 

 

 

+106さんでの個展は12月18日から年明けまでの予定です。

 

こちらも状況としては伺えない可能性が高いのですが、

 

展示は開催されますので大丈夫ということで、

 

前回2018年の個展の21点より今回は多めに、

 

30点を目標に制作を始めました。

 

+106さんどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

さてさて、なかなかatelier galleryのオープンができないこの2年間ですが、

 

その間にTARO賞をきっかけにモダンアートの世界の一端を知ることができましたし、

 

自分の作品をどう見ているのかなど、お話しを聞いて下さる方も現れ、

 

おおよそのことは知ることができ、納得することもできました。

 

その中で、自分は登山での実地観察に基づいて自然をリアルに直視して、

 

それらをストレートに作品に反映させているだけですので、

 

違う世界に合わせるような作品を作ることは、

 

本当にやるべきことなのかな?と思いました。

 

やはり、今後もatelier galleryを中心として、

 

地道な創作活動を続けていければいいなと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

small plants

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

IDEE TOKYOさんでの「small plants」展が開催中です。

 

今展では登山中に出会った小さな植物を制作しました。

 

 

 

昨年からなかなか山へ行けない時間が長くなっております。

 

今年もまだ奥道志の低山に一度だけという山行です。

 

(しかもピークまでは登りませんでした。。)

 

状況が状況ですので、今年も北海道遠征は難しいかなと思っています。

 

来月後半の野生ランが咲く頃には八ヶ岳へ、

 

7月は尾瀬か北アルプス、8月に東北遠征、そして秋は奥秩父へというのが、

 

それぞれ年頭の幕営予定となっていましたが、

 

さてさて、どうなりますでしょうか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「small plants」

 

会期:2021年5月14日(金)〜6月15日(火)

 

会場:IDEE TOKYO

 

グランスタ東京B1Fスクエアゼロエリア48番

 

 

 

IDEE TOKYOさんのこちらのページにて、

 

全出展作品をご覧いただけます。

 

また、遠方からでもお問い合わせを受け付けられております。

 

https://www.idee-online.com/shop/r/rT020/

 

 

 

 

 

 

 

small plants

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

緊急宣言が延長されましたが、

 

IDEE TOKYOさんでの「small plants」展は開催される予定です。

 

 

 

今展では、TARO賞に出展いたしました作品を2点販売いたします。

 

small plantsに合う作品ということで、

 

スミレやイチゴもありましたが、

 

それらの立体はインスタレーションとしてお見せいたしますので、

 

大白鬚草と鈴蘭の2点になりました。

 

ちなみに根っこは危ないですので飛び出していません。。

 

 

 

 

 

 

 

大白鬚草 Parnassia foliosa Hook. fil et Thomson var. japonica Ohwi A3size

 

 

 

 

 

 

鈴蘭 Convallaria majalis L. var. keiskei A4S size

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TARO賞ですが、会期が終わってからじわじわと受賞の重みを感じるようになりました。

 

24回を数え、多くの作家を輩出していますが、

 

お名前を見ても素晴らしいご活躍をされている方々ばかりです。

 

何より太郎さん自体が、今もなおパワーアップしているように思います。

 

どんどん影響力が増し増しに爆発している感じです。

 

 

 

受賞式で審査員の方々がTARO賞に選ばれる要素はひとつだけとおっしゃっていました。

 

それは新しいものを創造しようとする強い意志です。

 

年齢、性別、どんな受賞歴があるか、有名ギャラリーで扱われているか、フォロワーが何万人いるか、

 

全く関係ない。

 

熱い言葉に僕はいたく感動しました。

 

 

 

本年度のTARO賞は、時代が大きく変わった節目に行なわれました。

 

もし太郎さんがご存命なら、また再び元の世界へ戻ろうとご尽力されるのでしょうか。

 

いや、時代は変わったのだから前に進みなさいとおっしゃるんじゃないかと思います。

 

これからTARO賞はより存在価値が高まっていくでしょう。

 

少しだけ責任を感じ始めている今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

「small plants」

 

会期:2021年5月14日(金)〜6月15日(火)

 

会場:IDEE TOKYO

 

グランスタ東京B1Fスクエアゼロエリア48番

 

在廊日:5月15日(土)、22日(土)

 

 

 

 

 

 

small plants

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月に入りました。

 

爽やかな風が心地の良い季節です。

 

ジャスミンも咲き始めました。いい香りです。

 

 

 

IDEE TOKYOさんでの展示は予定通り行なわれそうです。

 

ギャラリースペースを併設したデザインプロダクトを扱われているお店です。

 

東京駅の構内ということもあって、営業は時間を短縮して続けられています。

 

閉められているところが多い中、何とも言い難いですが、

 

難しい世の中ですね。

 

 

 

今回「small plants」と題しました。

 

小さめなフレームの作品を多く作りました。

 

冒頭の画像のように、根っこを少し細かく作っています。

 

あんまり作り込み過ぎると、難しいことになってしまうので、

 

大きく影響しないところあたりだと思います。

 

 

 

小さい作品が多いということもありまして、

 

出展数もフレーム作品で35点ほどと多くなりそうです。

 

その中で、初めて制作する種は10種ほどになります。

 

ショウジョウバカマ、センボンヤリ、スワスミレ、オオジシバリ、

 

ウリクサ、ミヤマハコベ、スワタチツボスミレ、デワタチツボスミレ、

 

チングルマ、ナガバノタチツボスミレです。

 

スミレは種が多いので、初物は多くなりますね。

 

絶滅危惧種は少なくなりました。3種くらいでしょうか。

 

 

 

会期中、作品のリストはIDEE TOKYOさんのホームページでご覧いただけます。

 

お問い合わせはIDEE TOKYOさんで受け付けていますが、

 

スペソーでもお受け致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「small plants」

 

会期:2021年5月14日(金)〜6月15日(火)

 

会場:IDEE TOKYO

 

グランスタ東京B1Fスクエアゼロエリア48番

 

在廊日:5月15日(土)、22日(土)

 

 

 

※DMの表は立体作品のアズマイチゲ、裏のスミレは谷川岳で撮影しました。

 

 

 

 

 

atelier galleryなどの予定

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

過ごしやすい季節になりました。

 

本年の展示などの予定です。

 

 

 

5月14日〜6月15日 モリソン小林金属植物作品展 IDEE TOKYO

 

9月8日〜10月12日 中村大介山びこ作品展 IDEE TOKYO

 

10月下旬〜11月 モリソン小林「自然礼賛」 atelier gallery

 

12月 モリソン小林金属植物作品展 +106(香川県高松市)

 

 

atelier galleryの予定

 

6月下旬 gallery openまたはon line販売

 

10月下旬〜11月 自然礼賛

 

 

 

 

先ず、来月にIDEE TOKYOさんでの展覧会があります。

 

「small plants」と題しまして、小さい植物小さめなフレーム主体の予定です。

 

しかし、現在3度目の宣言下となりまして、どうなるか分からない状況です。

 

 

 

ずっとお休みしていましたatelier gallery。

 

多くの方々にCOVID-19の影響かと言われておりましたが、

 

それもありますが、TARO賞作品の制作が最大の理由でした。。

 

6月の後半になるかと思いますが、再開したいところです。

 

状況によってはオープンできずに、on line販売のみになるかもしれません。

 

 

 

9月は中村大介の山びこ作品展が同じくIDEE TOKYOさんで開催予定です。

 

壁面が多く、置き主体の彫刻でどう見せられるか、今からやることが一杯です。

 

いろいろ試行錯誤して頑張っておりますので、よろしくお願いします。

 

 

 

atelier galleryは暑さに弱いということもありまして、

 

夏場のオープンは難しいかと思われますが、

 

10月下旬からか、11月からか、自然礼賛展を開催する予定で動き始めております。

 

 

 

昨年からお伝えしておりましたが、atelier galleryは予約制となります。

 

自然礼賛でいきなりぶっつけ本番では怖いというのもあり、

 

6月はなんとかオープンしたいところではあります。

 

今のところ、1時間2名さまでお願いする予定です。

 

6月のご予約は5月下旬からを、自然礼賛展のご予約は10月からを予定しております。

 

atelier galleryページでのご案内になります。

 

 

 

なお、当面はone-offページにて、on line販売の作品等を掲載していく予定です。

 

 

 

現在決まっております予定等は以上になります。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

第24回岡本太郎現代芸術賞展

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

第24回岡本太郎現代芸術賞展も無事2ヶ月に及ぶ長い会期を終えました。

 

2001年にspecial sourceを立ち上げて今年で20年。

 

大きな節目となる年に、20年に一度の大きな舞台での展示となりました。

 

遠く長崎、愛媛、大阪、名古屋などからも、

 

たくさんのご来場ありがとうございます。

 

おかげさまで来場者投票では第一位の得票数となりました。

 

太陽の塔いただきました。

 

皆さまどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりお伝えしますと言っておきながら、

 

結局会期中にまったくお伝えできませんですみませんでした。。

 

今回はこの空間に対しての一発勝負であり、

 

一生に一度の機会でした。

 

ただただ疲れました。。

 

 

 

この賞に挑むきっかけはかれこれ8年前です。

 

話すと長くなってこれまた疲れますのでやめときましょう。。

 

 

 

それにしてもこのTARO賞というのは、

 

特に立体造形やインスタレーションの人たちにとっては、

 

日本最高峰のアワードですから、

 

めちゃくちゃレベルが高かったのではないでしょうか。

 

年齢制限もありませんし、プロアマなども関係ありません。

 

アカデミック芸術の人たちだけではなくて、

 

様々なジャンルの人たちが集まる貴重な場でもありました。

 

審査員の先生方も日頃からものすごい数の作家を見ている方々ですし、

 

とにかく熱いです。情熱がすごかったです。。

 

 

 

そんな中で、僕は現代芸術のアートシーンにはご縁はなく、

 

まったくの無名作家というのが功を奏したのか、

 

岡本敏子賞という大きな賞を受賞することになりました。

 

今から25年くらい前のIDEE在籍時に、

 

岡本敏子さんにはお会いしたことがあるんです。

 

これも何かの縁を感じずにはいられません。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても長かったです。

 

会期が、ではなくて、ここに至るまでが。。

 

アイデアがあっても見せられる場所がなければ、

 

なかなか作ることは難しいですね。

 

現代芸術に耐えられるものはいくつかあった中で、

 

今回はああいった形になりました。

 

他に見せられる機会があれば、TARO賞には挑まなかったかもしれません。

 

この流れはもしや運命。

 

すでに決まっていたのかもしれないと思う今日この頃です。

 

そして、どうやって置こうか片付けようかと、

 

次の展示を前にして、作品も出来ていないし、

 

場所はないしと頭を抱える今日この頃でもあります。。。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates