山びこ展 at minä personen galleria 京都

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

9月を迎えました。月がきれいですね。

 

この季節からは、倉庫で埃をかぶっているドブソニアンを引っ張り出したくなります。

 

月面を見ていると、なんというか何も考えられなくなって、

 

心も身体も軽くなった気がするんです。

 

無人の天体の大地を観察できるなんて、すごいことですよね。

 

地球が豊かに感じられているから、月が荒涼と感じられるのでしょうが、

 

この絶妙なバランスは、万物にとってのお手本のように思う初秋の頃です。

 

 

 

 

さて、山びこです。

 

京都のminä perhonenさんのgalleriaにての個展となります。

 

いつもありがとうございます。

 

昨年の銀座森岡書店さまでの個展から一年が経ちましたが、

 

2回目となりまして、初めての関西での個展となります。

 

 

 

 

山びこの素材を収集するときは、ほぼ99%僕も同行していますが、

 

いつも何かしらの事件が勃発します。

 

すべって転んだところにいい樹が落ちていたとか、

 

いい感じの幹枝がいくつも落ちていると思って辿っていったら、

 

月の輪の熊さんがう○ちをしていてばったりとかは良くありますが、

 

得体の知れない鳥?が向かった先の樹上に、

 

山びこが刺さっていたりすることもありましたし、

 

モグラ?などが地中に持っていった山びこ体?なるものを、

 

発掘する時もあります。

 

こんなような時はいつも僕らは、

 

インジャンジョーの影におびえながらも宝を持ち帰った、

 

トムソーヤーとハックルベリーフィンのような気分になります。

 

例えがだいぶ古いですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村が初めて木彫作品を彫ったあと、

 

自分自身で「山びこ」という名まえをつけました。

 

「何がいいですかね〜」、

 

「真面目に聞いているんですよ〜」、

 

という問答はもちろんありましたが、

 

何十年もずっと自分のために、

 

常にそばにおいていて欲しいということもありまして、

 

自分自身で名づけるまで、僕と高里は何も言いませんでした。

 

「山びこ」って本当にいい名称です。

 

眠れない日々を過ごした甲斐があるってもんです。

 

山に登るたびにそう思います。

 

先日、丹沢に行ったとき、

 

山頂手前で一頭の鹿に出会いました。

 

つややかな金色の毛色に輝く可愛らしい子でした。

 

僕には驚いていましたが、だいちゃんには驚くどころか、

 

ぐっと近づいて匂いを嗅いでいました。

 

彼女たちが一目置く山びこの世界を、

 

少しずつ、じわじわと、気になっていただければいいなと思います。

 

 

 

 

関西方面の皆さま、是非この機会にお越し下さいませ。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

こんにちは。

 

気づいたら夏はすっかり過ぎ去った後で、

 

19時にはもう暗くなってしまいました。

 

皆さんはこの夏をどう過ごされましたでしょうか。

 

 

 

 

さて、自然礼賛です。

 

まるで、自然礼賛展の間だけ夏だったような、

 

そんな錯覚さえ覚える連日の暑さの中でした。

 

ご来場くださいました皆さま、どうもありがとうございます。

 

 

 

今回は蝶の作品を含めて47点出展しました。

 

これは過去10年を遡っても最多となりました。

 

植物や蝶の作品は小さな生き物、微視的なものです。

 

そんな小さなものたちも、集まれば山などの自然など、

 

巨視的なものを体感できます。

 

ただ、atelier gallery ではこれだけ点数が多いと狭いかなと感じました。

 

次回からは、初回と同じく半分くらいの25点が妥当なところでしょうか。

 

それにしても、やはり自然表現は難しいです。

 

販売に比重を置いたように感じられる展示は、

 

作品の特性上向いていないのかもしれません。

 

今後の課題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰沙参

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

厳しい暑さが続く中、自然礼賛展は会期折り返しとなりました。

 

ご来場下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

今展は42種の植物と5種の蝶の作品を出展しています。

 

違う種の作品を制作するのは難しいのではと思われる方も多いのですが、

 

1種ずつ1点1点one-offで作っていくことで、

 

それまでできなかった技術を得て、

 

新しい種をご覧いただくことができるようになります。

 

自然に身を委ねる生きものは皆、

 

何年もの時間を経て、今を生きる術を身につけています。

 

自分が歩いて出会った種を作っていくことでしか、

 

自然への畏敬の思いは表現できないように思います。

 

100種くらいは一度に見てもらえるような力を持ち合わせられればいいのですが。。

 

その時はどうぞ皆さまお力添えをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭の画像の作品は鳳凰沙参です。

 

南アルプスの鳳凰山に咲くキキョウ科の種です。

 

岩場から垂れ下がるように咲くのは、

 

花が一輪ではないため、重みで垂れ下がるのだと思います。

 

鳳凰山は高山病になるほどの標高ではありませんが、

 

深い森に多様な動植物を有している山です。

 

観音岳、薬師岳、地蔵岳の三山からなるので、

 

鳳凰三山と呼ばれています。

 

地蔵岳の多数のお地蔵さまを見ればわかりますが、

 

古くから信仰が深い山です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳳凰沙参

 

キキョウ科ホタルブクロ属

 

観察地: 南アルプス鳳凰山青木鉱泉より入山

 

自然礼賛2019

 

size: h399w399

 

 

 

 

 

「自然礼賛」

 

会期:

 

7月27日(土)〜29日(月)

 

8月1日(木)〜4日(日)

 

8月8日(木)〜11日(日)

 

open12:00~18:00

 

会場:special source atelier gallery

 

神奈川県川崎市高津区久地4-11-46

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

昨日より、2019年の自然礼賛展が始まりました。

 

前回の初日に多くの方々が集中してしまったという反省を踏まえまして、

 

今回はDM発送、webサイトでの告知に限っておりました。

 

SNSなどでの事前告知は、混雑を避けるために行いませんでした。

 

皆さまに少しでもごゆっくりご鑑賞いただければと考えての判断でした。

 

加えまして、artページでは今回のすべての出展作品がご覧いただけます。

 

こちらも少しでも余裕を持ってご鑑賞いただければと思いました。

 

静かに今日を迎えられ、静かに終えることができ、

 

自分の道標を確認できた1日となりました。

 

 

ご来場くださいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

長かった梅雨が明け、夏本番となります。

 

暑さ厳しい日が続きますが、

 

お時間ございましたら、是非ご高覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:

 

7月27日(土)〜29日(月)

 

8月1日(木)〜4日(日)

 

8月8日(木)〜11日(日)

 

open12:00~18:00

 

会場:special source atelier gallery

 

神奈川県川崎市高津区久地4-11-46

 

 

 

 

 

梅花黄蓮

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮は牧野富太郎記念館のマークにもなっているように、

 

可憐な植物の象徴です。

 

困難な時代を生き抜き、小さな生命の輪廻のドラマに、

 

すべてを注いだ優しい眼差し。

 

この花を見かけると、牧野富太郎先生を思い浮かべます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮

 

キンポウゲ科オウレン属

 

本州福島以南、四国の深山、亜高山帯に自生

 

観察地:燕岳(長野県中房温泉より入山)

 

size:h282w282d44/2.2kg

 

自然礼賛 2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬ヶ原の池塘に浮かぶヒツジグサ。

 

水面に映る空の青と樹々の緑が、白い花をより美しく見せていました。

 

水が反射するので、根幹を支えているものは遠目からは見えませんが、

 

近づくと透明な水の中には、幾重にも重なって根から伸びる葉柄が見えます。

 

ヒツジグサの容姿を間近で観察しましたが、

 

後日になって思い浮かべられるのは、自然の風景と解け合った姿でした。

 

自然に生きるものは、ひとつのものだけを切り取って思い浮かべることはできません。

 

青空に飛ぶ鳥も蝶も自然の風景とともに記憶されます。

 

尾瀬ケ原のヒツジグサが美しいのは、尾瀬のすべてが美しいからなのでしょう。

 

 

 

 

今回の自然礼賛展では、立体作品を4点制作しています。

 

ヒツジグサの立ち姿から、尾瀬ケ原の風景を思い浮かべていただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未草

 

Nymphaea tetragona Georgi

 

スイレン科スイレン属の水生植物

 

山地の沼や亜高山帯の高層湿原などに自生

 

観察池:尾瀬ヶ原(群馬県鳩待峠より入山)

 

size : h400 w330 d300

 

2019自然礼賛 出展作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月のatelier galleryは無事会期を終えました。

 

悪天候の中ご来場下さいましてどうもありがとうございました。

 

今年は今のところ梅雨らしくなっているようですが、

 

昨年はどうだったか、10年、30年前はどんなだったかと、

 

一昨日のお昼ご飯に何を食べたのかも覚えていないのに、

 

昔の梅雨に思いめぐらす今日この頃です。

 

 

 

 

さて、自然礼賛です。

 

来月の7月末から展示を行うことになりました。

 

額作品の新作主体で、立体はわずかになると思います。

 

木彫はありません。

 

立体、木彫はまた別に、それぞれだけの展を行なう方向で考えています。

 

 

 

前回は日曜日スタートでした。

 

日曜日は産業廃棄物処理場がお休みで、静かでいいなと思っていたのですが、

 

前回のこともあって、土曜日スタートにするかどうかで迷っています。

 

8月の11日の日曜日までの会期を考えていまして、

 

連日は難しいので、平日は何日かお休みにはなりますが、

 

日曜日を3回と、少し長めの会期にしたいなと思います。

 

現在、形になっていて着彩前のものが30点ありますので、

 

間に合えば30点ご用意できるかと思います。

 

 

 

 

前回の反省を踏まえての改善点をいくつか考えています。

 

ひとつは、ご購入をお考えの方が初日に多くご来場されたことで、

 

ゆっくりお選びできなかったという点です。

 

今回は会期3日前くらいを目標に、

 

全作品をサイトでご覧いただけるようにしようと考えています。

 

事前に見せることはデメリットもあるかもしれませんが、

 

今回はメリットの方が多いのではないかと思っています。

 

もし多くの方がご来場されるようでしたら、2階へは10名ずつご案内する予定です。

 

 

 

 

詳細はまだ詰めれていませんが、

 

今のところお伝えできることは以上になります。

 

ご質問などございましたら、なる早でご連絡ください。

 

 

 

 

 

それでは、湿度が高い日が続いていますが、

 

雨の日も晴れの日もそしてふたたびの雨の日も、皆さまどうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

深山東菊

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月になりました。一番清々しい季節ですね。

 

minä perhonenさんの金沢店にて会期中の「alpine plants」。

 

会期後半となりました。

 

今回は高山植物を主体に制作しています。

 

画像はミヤマアズマギクで、後ろには白馬岳です。

 

白馬岳から小蓮華山付近の稜線に咲いていました。

 

ここ白馬岳で見ることができる高山植物はおよそ350種にのぼり、

 

白馬連山の高山植物帯として、天然記念物に指定されています。

 

この山は本当に素晴らしいです。

 

何度訪れても新しい植物に出会えます。

 

そして標高差600Mの大雪渓、百花繚乱のお花畑がいくつも広がり、

 

アルペンムード満点の大パノラマ、雲上の高山湖、鑓温泉、

 

そして白馬山荘のレストランスカイプラザの生ビール。

 

今年の夏もまた行きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深山東菊

 

キク科ムカシヨモギ属の高山植物

 

本州中部以北から北海道の高山帯に分布

 

h282w201t44/1.7kg

 

 

 

今回の「alpine plants」に出展している全作品を、

 

one-offページにてご覧いただけます。

 

http://specialsource.jp/?cat=5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月のatelier galleryにて、

 

今展では会期後半よりお電話での受け付けもあるかも、

 

という話もしていましたが、

 

今展も今までと同様に、お電話での受け付け等は行わないことになりました。

 

都内の方々をはじめとして、

 

遠方より金沢に向かうには時間も費用もかかりますので、

 

大変申し訳なく思っています。

 

年間に制作できる作品数が限られていることや、

 

地方で展示を行う意味など、色々と勘案しまして、

 

今展も例外なくということになりました。

 

どうぞご了承下さいませ。

 

 

 

 

会期:2019年4月26日(金)〜5月6日(月)

 

会場:minä perhonen金沢店

 

石川県金沢市石引2-17-19

 

076-223-3722

 

open 11:00~19:00

 

https://www.mina-perhonen.jp/shop/ishikawa/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

大型連休に入りました。すでに機上の人という方もいるかもしれませんね。

 

金沢に行ってきました。

 

26日の金曜日から始まりました「alpine flora」展。

 

一昨年の2017年にハンガースタンドやガラスケースなどの什器や、

 

入り口横の表札を設置取り付けに伺ったminä perhonenさんの金沢店。

 

2階のスペースにて展示しています。

 

自分たちがお店作りに関わった場所で作品を見ていただけるのは、

 

とても意義深く有り難いことです。

 

今回は和の空間となります。

 

枯山水を眺めながら、静かな時間をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期:2019年4月26日(金)〜5月6日(月)

 

会場:minä perhonen金沢店

 

石川県金沢市石引2-17-19

 

076-223-3722

 

open 11:00~19:00

 

https://www.mina-perhonen.jp/shop/ishikawa/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高里千世と小野泰秀二人展

 

 

 

 

 

 

 

今週19日の金曜日から高里の展覧会が、静岡県の三島駅近くのsoraさんで始まります。

 

2015年の秋に僕とだいちゃんの2人展をsoraさんで開催していますので、

 

ご存知の方もいらっしゃると思います。

 

今回は、福岡でジュエリーを制作されている小野泰秀さんとの2人展になります。

 

タイトルは「金の小舟と天鵞絨の空」。ビロードの空です。

 

小野さんはオブジェ中心の作品、

 

高里は鉄製カンバスで木製枠の錆画1点、星座の形をモチーフにした鉄製カンバスの錆画7点、

 

風をモチーフにしたオブジェ7点を出展します。

 

高里の作品はatelier galleryにご来場された方はご存知かと思いますが、

 

今回は形状も画風も独特なものになっております。

 

小野さんの作品と合わせてどんなハーモニーを奏でるかとても楽しみです。

 

是非ご覧いただきたいです。

 

機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「金の小舟と天鵞絨の空」

 

 

会期:2018年10月19日(金)〜10月25日(木) 10:30~17:00 会期中無休

 

会場: sora

 

411-0036 静岡県三島市一番町14-8 一番町栄ビル2F

 

055-981-2202

 

www.mishimanosora.com

 

 

 

 

chise takazatoのblogでも展示会の紹介をしています。

 

よろしければそちらも合わせてご覧ください。

 

 

http://chisetakazato.jp

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates