高里千世と小野泰秀二人展

 

 

 

 

 

 

 

今週19日の金曜日から高里の展覧会が、静岡県の三島駅近くのsoraさんで始まります。

 

2015年の秋に僕とだいちゃんの2人展をsoraさんで開催していますので、

 

ご存知の方もいらっしゃると思います。

 

今回は、福岡でジュエリーを制作されている小野泰秀さんとの2人展になります。

 

タイトルは「金の小舟と天鵞絨の空」。ビロードの空です。

 

小野さんはオブジェ中心の作品、

 

高里は鉄製カンバスで木製枠の錆画1点、星座の形をモチーフにした鉄製カンバスの錆画7点、

 

風をモチーフにしたオブジェ7点を出展します。

 

高里の作品はatelier galleryにご来場された方はご存知かと思いますが、

 

今回は形状も画風も独特なものになっております。

 

小野さんの作品と合わせてどんなハーモニーを奏でるかとても楽しみです。

 

是非ご覧いただきたいです。

 

機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「金の小舟と天鵞絨の空」

 

 

会期:2018年10月19日(金)〜10月25日(木) 10:30~17:00 会期中無休

 

会場: sora

 

411-0036 静岡県三島市一番町14-8 一番町栄ビル2F

 

055-981-2202

 

www.mishimanosora.com

 

 

 

 

chise takazatoのblogでも展示会の紹介をしています。

 

よろしければそちらも合わせてご覧ください。

 

 

http://chisetakazato.jp

 

 

 

 

 

 

 

山びこ

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんばんは。

 

梅雨が明けて前のめりになったのもつかの間、

 

山は台風の影響で大荒れでございます。。

 

昨年の天候不順があまりにも酷かったので今年は期待していたのですが、

 

先が思いやられる今日この頃です。。

 

 

 

 

いよいよ来週に迫りました「山びこ展」。

 

中村大介初めての外部での個展となります。

 

会場は、かの有名な銀座森岡書店さんでございます。

 

現在、佳境でございます。追い込みですね。

 

今回の作品は色々な山で拾ってきたものになります。

 

高山のものと低山や雑木林で見つけられる木々は全く別のものです。

 

山びことして生まれ変わってもそれはわかります。

 

ひとつひとつそれぞれの棲む場所を思い出すことができます。

 

山の神さまを巡る旅を続け、恩恵と恩赦を受け、

 

山びこは姿を現し、そしてまた僕らは山へ還り、

 

自然の移り変わりとともに生み出される山びこを承る。

 

そんな、ささやかな幸せが詰まった作品たちです。

 

 

 

 

 

 

本展では山びこ作品16点と山びこ図鑑の販売をいたします。

 

山びこ図鑑は自費出版ですので、50部限定となります。

 

自然が恋しくもっとも近くなる盛夏を迎えようとしています。

 

皆さま是非ご高覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場:森岡書店 銀座店

 

会期:2018年 7月10日(火)~ 15日(日)

 

13:00~20:00

 

作家在廊日10日(火)、15日(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YIRI ARTS TAIWAN

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月のatelier gallery は無事会期を終えました。

 

ご来場くださいました皆さまどうもありがとうございました。

 

じめじめしてすっきりしない日が多い季節ですが、

 

植物たちにとっては生命の水がたっぷり得られる大切な季節です。

 

高山の山麓では野生ランも咲き始めます。

 

夏もすぐそこまで来ていますね。

 

 

 

 

前回お伝えした台湾の件です。

 

台湾にアートギャラリーをいくつか展開されているYIRI ARTSさん。

 

今回はその台北スペースで6月15日からひと月ほど開催される展覧会に、

 

水田さんと一緒に参加させていただきます。

 

他には台湾のアーティスト時永駿さんと熊川古道具さんが参加されて、テーマは「古道具」です。

 

キュレーターは張聖坤さんです。この度はどうもありがとうございます。

 

YIRI ARTSさま、台湾の皆さまどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

海外に作品を発送するためにはいろいろなレギュレーションがありまして、

 

初めてのことですのでかなり大変でした。

 

水田さんとパレットに積んで梱包しながらああでもないこうでもないと話しながら、

 

楽しい時間を過ごすことができました。

 

お互いの置かれている環境や現況、反省点や今後の方向性など、

 

web上ではわからないことをたくさん知ることができて良かったです。

 

親交のある作家さんは本当に少ないのですが、とても大切だと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Forest Floorと3月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

春分を迎えました。

 

「Forest Floor」会期無事終了しました。

 

ご来場いただきました皆さまどうもありがとうございます。

 

 

今回はかなりタイトなスケジュールで四国〜関西と駆け抜けましたので、

 

9日の初日しか在廊できませんでしたが、

 

久しぶりの京都を楽しめたかなと思います。

 

minä perhonenさん京都店の皆さま2週間という長い期間大変お世話になりました。

 

どうもありがとうございます。

 

 

今回のDMの写真は、2014年の初夏に訪れた八ヶ岳の森です。

 

桜平の登山口からヤマオダマキ、ゴゼンタチバナ、リンネソウなどが咲く林道を歩き、

 

ヤツガタケアザミが咲く夏沢鉱泉、

 

グンナイフウロやキバナノコマノツメが咲くオーレン小屋を過ぎ、

 

稜線の山びこヒュッテまでの間の樹林帯で撮影しました。

 

麓の晴天から徐々に霧が立ちこめていく中でしたので、

 

硫黄岳の山頂では、残念ながら深い霧に覆われて眺望はありませんでしたが、

 

苔むす八ヶ岳の深い森を、いつも以上に実感できた山旅となりました。

 

 

「Forest Floor」は10年ほど前に制作した大判作品のタイトルです。

 

高山植物とまではいかない植物が主体となり、

 

ふかふかの落ち葉の下、雪解けをじっと待っていた植物たちで、

 

いつかイベントのテーマとして扱ってみたいと考えていました。

 

今回、皆川さんから葉っぱの大判を制作して欲しいという依頼がありましたので、

 

テーマは「Forest Floor」はいかがでしょうか、ということになりました。

 

「Forest Floor」にはまだまだたくさんの植物たちがいますので、

 

また扱ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月のatelier galleryは「Forest Floor」と会期が重なりましたが、

 

遠方からも含めて多くの方にご来場いただきました。

 

どうもありがとうございます。

 

今月は2015年制作の彫刻「天使たちの目から」を展示しました。

 

2016年の「記録集」の最後のページにも掲載されていますので、

 

すでに多くの方にご覧になっていただいていた彫刻だと思います。

 

今回は新しいものを彫るきっかけにしたいと考えまして、今月展示販売しました。

 

手元を離れることになりましたが、多くの時間を共に過ごすことができて、

 

とても感慨深い作品となりました。

 

以前同じような時間を過ごした作品がありまして、

 

「岡虎の尾」という植物作品でした。

 

今回の「天使たちの目から」は、その「岡虎の尾」の方の元へ行くことになりました。

 

オープンの前日に決めましたので、事前の告知などは行ないませんでしたが、

 

巡り合わせというか、引き寄せるものがあるのでしょうか。

 

大変なご縁を感じずにはいられません。

 

どうぞ作品たちのことをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、来月4月のatelier galleryのオープンは調整中です。

 

決まり次第atelier galleryページにてお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「印象 空想 抽象」会期終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

招山さんでのスペソー3人展、会期は無事終了いたしました。

 

今回は会期前半に台風縦断という天候不良などがありましたが、

 

ご来場くださいました皆さまどうもありがとうございました。

 

三者三様それぞれに良い評価を下さいましてどうもありがとうございます。

 

来年に向けてそれぞれ良いイメージで制作に向き合えると思います。

 

 

 

 

 

昨日、鋼材屋さんから年末年始のお休みの予定がFAXにて届きました。

 

ついこの間まで夏だったのにもう10月なのかと、時が経つのが早いな〜とは思っていましたが、

 

まさか年末年始の予定が届くとは。。。気が早過ぎませんかね。。

 

旅行なんかを予約したので、早めにここからここまで休みますよという流れなのでしょうか。

 

今度話した時に聞いてみたいと思います。

 

また、お向かいの産廃処理場の鉄壁に足場が組まれまして、

 

どうやら色を塗り替えるようです。

 

今までは薄い黄色でしたので違和感がありませんでしたが、

 

それ以前はけっこうきつい緑でしたので、

 

ご近所さんたちが戦々恐々と見守っていました。

 

果たしてどんな色になるのでしょうか。

 

 

 

さて、10月のatelier galleryですが、今月はお休みいたします。

 

ご来場を予定されていた方々、誠に申し訳ございません。

 

山々では錦秋の紅葉の盛りとなっていますが、

 

今年は夏の晴天が大変少なかったこともあって、鮮やかな紅葉とまではいかないようです。

 

あと半月もすれば雪が積もり、山小屋も閉まり、

 

またしばらくの間、山は人をよせつけない太古の姿に戻ります。

 

それにしても秋のさわやかさは素晴らしいですね。

 

一年で一番心身を癒してくれる貴重なものです。

 

皆さまどうぞ健やかに、どうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

「印象 空想 抽象」UMI招山由比ガ浜

 

 

 

高里千世 錆画 棘の森

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

9月15日(金)から招山さんでのスペソー3人展が始まりました。

 

前日の搬入は、短かった夏を惜しむかのような残暑を感じる暑さと陽射しで、

 

海岸沿いは数多くの人で賑わっていました。

 

毎年8月が終わると、あっという間に年末になってしまう気がします。

 

今年は少しでもゆっくり秋を感じたいと思いますが、さてどうでしょうか。。

 

 

 

 

 

会場の招山さんは大変古く趣きのある建物です。

 

それもそのはず、孤高の洋画家といわれた朝井閑右衛門が晩年に構えたアトリエでもあります。

 

生前の、特に若い時の詳細はほとんど明らかになっていない方で、

 

画集も生前には刊行されませんでしたし、

 

晩年に売れるようになって美術館からの依頼があっても、個展だけは決して行わなかったそうです。

 

また大変な読書家で、画家や画商よりも文学者や詩人との交流の方が広かったようです。

 

一方、精神的な疾患があったとされている話もありますが、

 

現実よりも画の中に自分の生を見ていたことで、

 

際立った独創性を放っていたのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村大介 山びこ ジラ

 

 

 

 

 

スペソーも神奈川県ということですが、

 

なぜか横浜や川崎といったところでのお仕事はほとんどなく、

 

逗子や七里ガ浜、この鎌倉などの方が毎年のように縁のある地域であります。

 

僕個人的にも中高と相模大野でしたので大変なじみ深いです。良く来ていました。

 

最近は湘南新宿ラインが通りまして、都心からもスペソーからも大変アクセスが向上しています。

 

夏の名残りと秋の気配を感じられてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「印象 空想 抽象」

 

モリソン小林 中村大介 高里千世

 

会期:2017年9月15日(金)〜24日(日)11:00〜17:00 会期中無休

 

会場:UMI招山由比ガ浜 鎌倉市由比ガ浜4-3-14 0467-55-5999

 

https://www.shouzan.org

 

 

 

 

 

 

 

 

「印象 空想 抽象」UMI招山由比ガ浜

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

招山さんでの3人展、今週15日の金曜日からとなりました。

 

9月中旬ということで、残暑が厳しいだろうと考えていましたが、

 

今年は過ごしやすい気候となっていますので大丈夫でしょう。

 

江ノ電の和田塚駅からの方が近いようですが、

 

鎌倉駅からでもこの気候でしたらいいかもしれません。

 

 

 

招山さんでは6年前の2011年の夏に、

 

chikuniさんプロデュースの合同展に参加して以来の展覧会となります。

 

僕はクライアントさんの店舗を主体として展覧会を行っているため、

 

なかなかご無沙汰となってしまいました。

 

一度何らかの形でいただいたご縁のある場所ですので、

 

時間が開いてしまってもまた機会が訪れてくれるものですね。

 

 

 

中村と高里は昨年11月のhaseさんでの3人展以来の展覧会となります。

 

昨年のatelier galleryでの企画展にお越しいただいた際に、

 

僕の作品は展示していなかったのですが、

 

1階に展示していた高里の錆画や中村の山びこに高い関心を示していただき、

 

この雰囲気を持ってきて欲しいと依頼を受けました。

 

2人の作品に引き寄せられた新しいご縁が生まれたことに感謝して、

 

喜んでいただけるような展覧会にしたいと追い込み中です。

 

お時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「印象 空想 抽象」

 

モリソン小林 中村大介 高里千世

 

会期:2017年9月15日(金)〜24日(日)11:00〜17:00 会期中無休

 

会場:UMI招山由比ガ浜 鎌倉市由比ガ浜4-3-14 0467-55-5999

 

https://www.shouzan.org

 

DMデザイン 荒澤文香さん

 

 

 

 

新作の金属植物フレーム作品5、6点、絵画5点、山びこ10点、

 

計20点の出展となる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

「自然礼賛」会期無事終了いたしました。

 

ご来場いただきました皆さま、

 

連日大変暑い中どうもありがとうございました。

 

初めてご来場された方は久地駅のローカルっぷりや、

 

産業廃棄物処理場の轟音に驚いた方も多かったのではないでしょうか。

 

ただ、ものすごく遠いイメージがあったのに以外と近かったという方も多く、

 

少しでも良い印象を持っていただけて良かったです。

 

 

 

 

 

今回の「自然礼賛」は、atelier galleryでは久しぶりの個展となりまして、

 

フレーム作品、立体作品、精霊に高里の絵画、

 

登山写真のスライドショーなど、フルスペックでご覧いただけたかと思います。

 

欲を言えば、新作の彫像を3、4点ご用意出来ればなお良かったかなと思います。

 

「自然礼賛」というタイトルをとても気に入っておりますので、

 

次回も「自然礼賛」でいきたいと思っています。

 

今回の作品は次なる作品集のために撮影のお時間をいただきますので、

 

atelier galleryの8月6日(日)〜8日(火)のオープンの際にもご覧いただける予定です。

 

お見逃しをされた方はこの機会にどうぞお越し下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日も落ちた最終日、最後にGASAの五十嵐さんと、

 

hikeの須磨さんがご来場されました。

 

僕が作家活動を始めるきっかけを与えてくれて、最初の頃から場を用意してくれた2人。

 

昨今は、時間の流れとともになくなってしまうものが多いので、

 

夕べはとても感慨深いひとときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙丈薊

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

atelier galleryにて開催中の個展「自然礼賛」。

 

会期は中盤に入りました。

 

連日大変暑い中お越しいただいておりまして、

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

今回の作品リストの1番目は、大判の仙丈薊です。

 

制作途中で花と葉を何度も作り直しました。

 

以前にも入山した際に観察していたのですが、

 

何かが違うと、ずっと引っかかったものがあり、

 

自生する南アルプスに再度入山して、

 

とげ針や葉脈の形状を書き写し、

 

ようやく納得のいく作品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙丈薊(センジョウアザミ)

 

学名:Circium senjoense Kitam

 

size:w420 h825

 

 

 

日本固有の種で、南アルプスの亜高山帯から高山帯までに自生しています。

 

仙丈ヶ岳が基本標本ですが、北岳や鳳凰山にも多く見られます。

 

花期は7月頃からで、枯れたような色合いで咲きます。

 

他のアザミは割と鮮やかなピンク色に咲きますので、

 

少々独特なイメージがあります。

 

南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳、

 

その名を冠した女王のように気高いアザミです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自然礼賛」(しぜんらいさん)

 

会期:2017年 7月9日(日)〜17日(月・祝)会期中無休 12:00〜19:00

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

左:大山蓮華 中央:「黎明」高里千世

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

「自然礼賛」無事初日を迎えることができました。

 

ご来場くださいました皆さま、どうもありがとうございます。

 

本日は大変暑い中、遠方からもご来場いただきましてとても嬉しく思います。

 

皆さまにこの日を楽しみにしていただけていたことに感謝しています。

 

atelier galleryでこのボリュームで金属の植物展を行なうのは、

 

2013年の「金属の像刻花」以来となってしまいました。

 

4年の歳月の重みとうつろいを、ひしひしと感じています。

 

この歳月をともに支えてくださったすべての皆さまと神さまに、

 

感謝の祈りを捧げます。

 

 

 

 

 

冒頭の高里が今回のために描いた「黎明」。

 

盗掘が絶えなく、今では絶滅危惧種となってしまった大山蓮華をイメージして、

 

霧中の朝焼けの中で、様々な生きものが動き出す一瞬を捉えた作品です。

 

印象の大山蓮華と高里の抽象の絵画。

 

自然を礼賛するためには人間の感性が必要です。

 

人間の感性は時や様々な制限を超えて、

 

万物を讃えているということを表現できればと思いました。

 

どのような感性の表現であっても、

 

すべては自然礼賛に向かっていると僕たちは信じています。

 

皆さんの感性が感じたすべてのものは礼賛されるべきものといったら、

 

少々おおげさかもしれませんが、

 

そう願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月の中ごろ、南アルプスに泊まりがけで行ってきました。

 

今回制作したセンジョウアザミやクルマバソウ、コウモリソウなど、

 

たくさんの植物たちを目にすることができましたが、

 

少しずつ自生している標高が高くなっていることに気づきました。

 

八ヶ岳で自生しているランやタンポポなどにも同じことが言えますが、

 

近い将来制作した作品の中で、この世界に存在しなくなっているであろう、

 

絶滅してしまう植物が少なくないことに気づきました。

 

すでに今まで制作した中でも、自生することは困難になってしまって、

 

管理が行き届いた植物園のようなところでしか見られない植物も現れてきてしまっています。

 

南アルプスの深い森の中を歩きながら、

 

これらの一連の作品は、長い年月を重ねることによって、

 

多くの気づきを与えてくれるものなのかもしれないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階では高里の絵画作品と、

 

中村大介の山びこを展示しています。

 

大変暑いですが、いや〜エアコン増設しましてかなり快適だと、

 

ご好評いただいております本年のatelier gallery。

 

皆さまお時間ございましたら、是非是非涼みにいらして下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

「自然礼賛」(しぜんらいさん)

 

会期:2017年 7月9日(日)〜17日(月・祝)会期中無休 12:00〜19:00

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates