大山蓮華

 

 

 

 

 

 

 

たいへん清楚で気品があり、初風炉の茶花の代表的な大山蓮華。

 

深山でしか見られない花です。

 

やや下向きに咲く花の周りは芳香で満たされ、

 

清々しくみずみずしい初夏の薫りを感じさせてくれます。

 

僕が出会ったのは午前の遅い時間帯でしたので、

 

朝霧に浮かぶような幻想的な風景ではありませんでしたが、

 

樹々たちの隙間から注ぐ陽の光を浴びて、

 

真白の蕾も初々しく、また花期を過ぎた枯れ花も奥ゆかしく、

 

それぞれが新緑に映え、美しさを際立たせていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大山蓮華

 

Magnoria sieboldii ssp. japonica

 

モクレン科モクレン属の落葉広葉樹低木

 

 

 

関東以西の山地の林床部標高1000〜2000Mに自生する種です。

 

関東で有名なのは赤城山山麓にある赤城自然園、

 

関西ではその群落が国の天然記念物となっている大峰山、

 

九州も自生地が多く残っています。

 

他にも自生している株はいくつか存在し、各自治体が管理していますが、

 

盗掘が絶えず、個体数は減少の一途を辿っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大山蓮華(2017 自然礼賛)

 

 

 

 

 

 

 

YIRI ARTS TAIWAN

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月のatelier gallery は無事会期を終えました。

 

ご来場くださいました皆さまどうもありがとうございました。

 

じめじめしてすっきりしない日が多い季節ですが、

 

植物たちにとっては生命の水がたっぷり得られる大切な季節です。

 

高山の山麓では野生ランも咲き始めます。

 

夏もすぐそこまで来ていますね。

 

 

 

 

前回お伝えした台湾の件です。

 

台湾にアートギャラリーをいくつか展開されているYIRI ARTSさん。

 

今回はその台北スペースで6月15日からひと月ほど開催される展覧会に、

 

水田さんと一緒に参加させていただきます。

 

他には台湾のアーティスト時永駿さんと熊川古道具さんが参加されて、テーマは「古道具」です。

 

キュレーターは張聖坤さんです。この度はどうもありがとうございます。

 

YIRI ARTSさま、台湾の皆さまどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

海外に作品を発送するためにはいろいろなレギュレーションがありまして、

 

初めてのことですのでかなり大変でした。

 

水田さんとパレットに積んで梱包しながらああでもないこうでもないと話しながら、

 

楽しい時間を過ごすことができました。

 

お互いの置かれている環境や現況、反省点や今後の方向性など、

 

web上ではわからないことをたくさん知ることができて良かったです。

 

親交のある作家さんは本当に少ないのですが、とても大切だと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

囁くものたち

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。6月に入りました。

 

今日は5日ですね。僕にとっては一年で一番大切な日です。

 

自分が生まれた日とかではありませんが、神さまに感謝する日です。

 

季節的には梅雨入りしやすい時期でもありますね。

 

過ごしやすい日が少しでも長く続くと良いなと思っている今日この頃です。

 

 

 

先日久しぶりに3人でいくつかの展示会に行ってきました。

 

青山のワッツさんで西浦裕太さん、

 

表参道のQUICOさんでsamuloの宮本さんにお会いしました。

 

お二人とも初日の土曜日ということで大変ご盛況の中、

 

お話しさせていただきました。ありがとうございました。

 

写真を撮る感じではなくて、画像のご紹介はできませんが、

 

とてもいい展示でしたので、お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さいませ。

 

西浦裕太さんは6月8日(金)まで、

 

samuloさんは6月10日(日)までとなっております。

 

 

 

その後、たくさんの人たちで賑わう表参道から渋谷に向かいました。

 

人の群れの中を一緒に歩いていくと渋谷に到着しました。

 

文化村の向かいのスターバックスで休憩してから、

 

水田さんの展覧会に伺いました。

 

夕方の6時少し前でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化村の隣の白いビルを5階までエレベーターで上がると、

 

古くて白い水田さんテイストの扉がありました。

 

いくつかの白い可動壁で作られた広い空間は水田さん本人が配置していて、

 

窓や柱、棚なども自身のものを取り付けていたりと、

 

今まで見た中では一番広くて、なおかつ作り込んでいる空間、展覧会ではないかと思いました。

 

夕方の遅い時間ということもあって、一段落していた水田さんと、

 

ゆっくりお話しさせていただきました。

 

atelierに来てくれた5月にもいろいろ話していたのですが、

 

それでもまだまだ話すことがたくさんありますね。

 

 

 

水田さんと親しくなったのは12年くらい前だったと記憶しています。

 

僕が個展などを行なう前のことでした。

 

今のようなスタイルの作品を制作したり、展覧会を行なったりするようになったのは、

 

彼の影響がとても大きかったと思っています。

 

今回の展覧会も、12年前と変わらない空気感をまとっていました。

 

成長や可能性も十二分に感じられますし、

 

細かいセンスもいつ見ても素晴らしいです。

 

生きものに対する純粋さや愛情も、ずっと変わらず真摯なままのように感じました。

 

自分が将来、展覧会などの活動を終えることになっても、

 

水田さんの活動はこれからもずっと見ていきたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水田典寿個展

 

「囁くものたち」

 

会場:ATSUKOBAROUH

 

渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F

 

会期:2018年6月2日(土)〜24日(日)火曜定休

 

 

 

http://m-neutral.com

 

 

 

 

 

6月15日から台湾のYIRI ARTSさんで開催される展覧会に、

 

水田さんと一緒に参加させていただくことになりました。

 

昔からご一緒したいと思っていましたが、

 

国内では僕の知名度の低さやら何やらで実現にはほど遠かったのですが、

 

海外からお声がかかるなんて不思議なものですね。

 

この件につきましては、また後日お伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018年6月
    « 5月   7月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates