12月のatelier gallery


 

 

 

 

 

八雲茶寮さまでの「時禱」展もおかげさまで無事に終了致しました。

 

お忙しい中お越しくださいました皆様に心より御礼申し上げます。

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

さて、2ケ月間休廊しておりましたアトリエギャラリーですが

 

今年最後のギャラリーという事で、今月は4日間オープン致します。

 

 

 

2019年12月7日(土)- 12月10(火)

 

12:00 – 18:00

 

 

 

ギャラリーでは主に

 

親しくさせていただいておりますピアニストやバイオリニストの方々の曲を流しています。

 

その中のおひとりでありますピアニストの上柿絵梨子さん。

 

彼女のアルバム「.i」(2017年発売)を

 

アトリエギャラリーでもお取り扱いさせていただくことになりました。

 

https://www.erikouegaki.com

 

 

 

師走に入り忙しさに拍車がかかるこの時期に、少しだけ立ち止まって

 

まわりの景色に目を向けたくなるような気持ちにさせてくれる

 

透明感のある繊細な音色のアルバムです。

 

 

 

そして、中村のminä perhonen galleriaさまで行われました山びこ展のアーカイブ作品

 

高里の八雲茶寮さまでの展の錆画アーカイブ作品も展示致しますので、ぜひお越しくださいませ。

 

 

 

週末のお天気が気になるところではございますが

 

マイペースにオープンいたしておりますので

 

2019年最後のアトリエギャラリーもどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月のatelier gallery

 

 

11月のatelier galleryはオープンする予定でしたが、

 

「11月はいつも全然来ないね」ということが議題に上がり、

 

検討いたしました結果、休廊させていただくことになりました。

 

来年の1、2月は休廊の予定ですので、

 

12月はなんとかオープンしたいと考えております。

 

もし、ご来場をご予定されておりましたら、

 

ご連絡くだされば幸いです。

 

どうぞご了承の程よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

高里千世 個展 『時禱(じとう)』


 

 

 

 

先日の大型台風が各地で爪痕を残しているようですが

 

皆様のお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

 

被災されました地域の皆様にお見舞い申し上げます。

 

スペシャルソースのある高津区でも被害があり

 

お客様や友人たちからご丁寧にご心配のメールをいただきました。

 

こちらは被害もなく無事でしたのでご安心ください。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

さて、今年最後の個展のお知らせです。

 

11月6日より目黒区八雲にございます八雲茶寮さまにて

 

高里千世個展『時禱(じとう)』を開催いたします。

 

 

 

 

時禱とは、キリスト教徒が定時に祈りを捧げる際に用いられた「時禱書」から名付けましたタイトルですが

 

本展では原始的な行為としての「祈りの時」という意味で捉えました。

 

力の及び難いものを畏れ敬い、生かされていることへの感謝。

 

「祈りの時」は忘れてはならない大切なことを心に留めておくために

 

日常のふとした瞬間に訪れるものなのかもしれません。

 

 

 

 

11月は茶道では茶人のお正月にあたる「口切りの茶事」の時季だそうです。

 

会場となります八雲茶寮さまの静謐な空間と共に作品を味わっていただけますと幸いです。

 

 

 

 

会期:11月6日(水)〜30日(土)

 

9:00〜17:00

 

定休日:日曜・祝日

 

会場:八雲茶寮

 

目黒区八雲三丁目4番7号

 

03-5731-1620

 

https://yakumosaryo.jp

 

 

 

 

10月はアトリエギャラリーは休廊させていただいておりますが

 

11月はオープン致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

それでは皆さま、実りの季節、豊かな秋をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村大介 山びこ展  -山声のむこう-


 

 

 

 

今月もatelier galleryにお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました。

 

暑さもだいぶ落ち着いて、これからは外出する足取りも軽くなりそうです。

 

 

 

 

さて、次の展示のお知らせです。

 

京都にございますminä perhonen galleriaさまにて

 

中村大介山びこ展「山声のむこう」が始まります。

 

 

 

 

 

ふと、山に呼ばれた気がしてひたすら山路を歩いて行くと

 

か わ い い チ ョ ウ チ ョ が 僕 に「 こ ち ら で す よ 」 と 案 内 し て く れ ま し た 。

 

深く深く進んだその先に鳥や鹿などの動物に似た生き物の他に

 

見た事のない生き物達が 笑いながら僕を見ていたのです。

 

山に入り出会う表情豊かな木々、その特徴を生かしながら 山の神様を「山びこ」という形で表現しています。

 

 

 

 

 

会場

 

minä perhonen galleria

 

京都市下京区河原町通り四条下ル市之町 251-2 寿ビルデイング3F

 

075- 353 – 2217

 

月〜金 11:00-19:00 土・日・祝祭日 10:00-18:00

 

会期

 

9月20日(金)〜10月2日(水)

 

*9月26日(木)はお休みです

 

 

 

 

中村の生み出す山神様たちは、どれも親しみの湧くものばかり。

 

少しとぼけた表情や、愛くるしいお顔、つぶらな瞳で

 

山に生きるものたちの幸せを見守っています。

 

本展では、クールな山びこも登場しますよ。

 

関西では初の展になります。

 

20日(金)は中村も在廊しますので、是非おこしくださいませ。

 

皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月のatelier gallery

 
 
 
 

夏の暑さも幾分かやわらいで、少しづつ秋の気配がしてきました。

 

秋の夜長に、紅葉、美味しい食べ物。

 

目も舌も楽しみが増える季節です。

 

自然礼賛展の高揚もようやく落ち着いたところで

 

今月も下記の日程でアトリエギャラリーをオープンします。

 

9月14日(土)

 

9月15日(日)

 

9月16日(月)

 

12:00〜18:00

 

9月は京都のmina perhonenさまにて中村大介の山びこ展もございます。

 

アトリエギャラリーにもDMを用意いたしますのでぜひご覧くださいませ。

 

それでは皆さま、今月もどうぞ宜しくお願い致します。

自然礼賛 御礼


 
 
 
 
 

長かった展も、お陰様で無事に終了いたしました。

 

夏真っ盛りの中の開催にもかかわらず

 

お運びくださいました多くの皆様に心より厚く御礼申し上げます。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

皆様との触れ合いの中で感じた様々なことは

 

わたしたちがこれからも歩んでゆく為の大切な糧となることと思います。

 

 

 

ご購入くださいましたお客様、作品のお届けまで少しお時間をいただきますが、お待ちくださいませ。

 

 

 

さて、次は

 

9月にminä perhonen galleria(京都)にて中村大介、山びこ展が始まります。

 

こちらはまた改めてお知らせいたします。

 

11月は高里の展示もありますので

 

皆様、体力と好奇心の温存をどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

9月もギャラリーはオープン予定ですので、ご都合がよろしければお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は8月8日よりオープン致します


 
 
 
 
 
暑中お見舞い申し上げます。

 

 

 

「自然礼賛」展、連日の猛暑の中、多くのお客様にご来場いただいております。

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

汗を拭いながらギャラリーのドアを開け、作品をご覧くださいます多くのお客様にお会いするたびに

 

本当に有難く、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

今週はいよいよ会期後半。

 

本展は今までの小林の展示会の中でも最多数の47点の作品を展示しております。

 

可憐な高山植物の記録の数々を是非ご高覧下さいませ。

 

 

 

会期

 

8月8日(木)〜8月11日(日)

 

12:00~18:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は8月1日よりオープン致します

 

 

 

 

 

山荷葉

 

サンカヨウ

 

メギ科サンカヨウ属

 

本州中部以北、北海道の深山に自生

 

観察地:白馬岳(長野県猿倉より入山)

 

 

 

関東地方もようやく梅雨が明けて、本格的に夏がやってきました。

 

「自然礼賛」展、おかげさまで展示会前半は無事に終了いたしました。

 

お暑い中お越し下さいました皆様、どうもありがとうございました。

 

 

 

30日、31日は休廊となり、次は8月1日よりスタート致します。

 

 

 

8月1日(木)〜8月4日(日)

 

8月8日(木)〜8月11日(日)

 

open12:00~18:00

 

 

 

皆様のお越しをお待ち致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

長嘴菫 ナガハシスミレ

 

今週末から始まります自然礼賛展の作品のひとつです。

 

 

 

 

本展では、4種類の菫が展示されます。

 

菫は、その可憐な姿と、懸命に生きるかのような強さに魅了される方も多いと思いますが

 

種類の豊富さも魅力のひとつ。

 

ハート型の葉や、長く先の尖った葉など、ひとくちに菫といっても個性は様々。

 

菫を見かけたら、観察してみるのもおもしろそうですね。

 

 

 

 

こちらの作品を含めました全作品を、art の頁、morison kobayashiにアップしました。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝顔

 

 

 

 

長く伸びた蔓に青く澄んだ花。

 

朝顔はその名の通り、まだ日差しのやわらかな早朝にそっと花開きます。

 

古くから絵画のモチーフとしても多く描かれているだけあって

 

清涼感があって美しい佇まいの花です。

 

 

 

 

7月27日より始まります「自然礼賛」展では、立体作品のひとつに朝顔を制作しました。

 

 

 

 

皆に長く親しまれてきた花だけあって、朝顔を目にすると懐かしい夏の思い出が蘇ってきます。

 

縁側、すいか、風鈴の音に蝉の声

 

思い出と共にある花もいいものですね。

 

 

 

 

小林のblogでも他の立体作品を紹介しております。

 

こちらも合わせてご覧くださいませ。