5月のatelier gallery終了しました

 

 

 

 

 

今月は、morison kobayashi久々の作品制作ということで、

 

多くのお客様にお越しいただきました。

 

誠にありがとうございます。

 

 

 

 

5年ぶりに制作しましたシダ植物は3作品。

 

葉脈や葉のつき方など植物の成り立ちを更に細かく表現した作品なので

 

皆さん間近でじっくりと作品を鑑賞されていました。

 

 

 

 

小林のつくる作品を通して、なかなか目にすることの出来ない

 

高山植物の可憐な立ち姿や、山の澄んだ空気を、

 

少しでも皆様にお届けできていましたら、私たちも嬉しく思います。

 

 

 

 

皆様、今月もどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

爽やかな5月の風が新緑の若葉を揺らし、キラキラとした眩い季節がやってきましたね。

 

鮮やかな緑は、人の気持ちも元気に膨らませてくれるようです。

 

 

 

 

 

さて5月のatelier galleryは、morison kobayashiが久々に制作しましたシダ植物を展示します。

 

主に湿地帯に生息するシダは、野性味に溢れた力強いイメージがありますが、

 

葉は細く入り込んだ繊細な形状をしています。

 

 

 

 

 

 

 

シダ植物 シシガシラ科

 

 

 

 

小林は、以前にもシダ植物を制作したことがあるのですが、

 

今回は更に葉の葉脈など細かな部分までもよく観察し、制作工程を見直したり、

 

増やしたりしながら表現のレベルを上げることを試みています。

 

 

 

 

 

ステンドグラス越しに注ぐ陽の光の中、

 

枯れてゆくさまを表現しているとはいえ、その四角いフレームの中の植物は

 

すでに作家の手を離れ、自らが呼吸を始め、葉の隅々まで生命が宿ったもののように見えます。

 

 

 

 

心地のよい季節。

 

5月のatelier galleryも皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

 

 

 

5月7日(日)〜9日(火)

 

12:00~18:00