大葉立壺菫

オオバタチツボスミレ

Viola langsdorffii Fisher ex Gingins

スミレ科スミレ属

北海道から東北、長野に分布

亜高山帯のミズゴケ湿原に自生

準絶滅危惧種NT

 

北海道ではほぼ全域に渡って自生地がありますが、

本州では青森の八甲田、岩手の遠野、福島では雄国沼、

長野のカヤノ平、そして尾瀬沼と限られています。

名称がタチツボスミレですが、実際は縁遠く、

ニョイスミレやタチスミレに近い種になります。

冷温帯に自生するスミレは花期が短く、

加えて絶滅危惧種になりますので、

なかなか出会う機会がないと思います。

雄国沼と尾瀬沼では、ニッコウキスゲが咲く前、

6月下旬頃なら大体見られると思います。

 

A3S size:h399w399d44/3.7kg