立金花

リュウキンカ

Caltha palustris L. var. mambranacea Turcz.

キンポウゲ科リュウキンカ属

本州から九州に分布

亜高山帯の水湿地や池畔に自生

 

尾瀬といえば水芭蕉、

次にニッコウキスゲ、ワタスゲ、ヒツジグサにオゼコウホネ。

数々の名花になんとなく紹介される機会が少ないのが、

このリュウキンカです。

しかし僕は、尾瀬の中でもキング・オブ・オゼだと思っています。

この花の黄色と葉の緑の発色、

すごくないですか。

イエローって、こういう色です。

ビリジアンってこの葉っぱからできたんです。

そう思えるくらいパキッとした天然色だと思います。

水も滴る、という表現は、

この花のためにあるとも思ってしまいます。

 

A3 size:h399w282d44/2.9kg