アポイ東菊

アポイアズマギク

Erigeron thunbergii subsp. glabratus var. angustifolius

キク科ムカシヨモギ属

絶滅危惧IB類 EN

 

北海道アポイ岳と夕張山系の特殊岩地帯に分布します。

アポイ岳は標高900Mほどの低山ですが、

北海道でも有数の高山植物の宝庫として知られています。

様々な種類の花々が4月ころから9月ころまで咲き誇ります。

本種は桃花のミヤマアズマギクの変種ですが、

アポイ岳では白花以外はめったに咲かないそうです。

桃花のアポイアズマギクを見る確率よりも、

ヒグマに遭遇する確率の方が圧倒的に高いと聞いたときは、

登山口から一番近くの花を見たら、

山頂まで行かないで帰ろうかなと本気で思いました。

 

size:1株w140d130h160 2株w190d150h180

※土台の石と一体になっています。

 

自然礼賛2021