粟ヶ岳菫

アワガタケスミレ

Viola awagatakensis T. Yamaz.,I.Ito et Ageishi

スミレ科スミレ属

準絶滅危惧 NT

 

新潟県、福島県境の粟ヶ岳の山麓など、

日本海に近い山地の標高700Mくらいまでの傾斜地の岩の切れ目などに自生します。

ナガハシスミレの変種とされてきましたが、1997年に新種とされました。

スミレの中では一番新しいくらいの種です。

主に山麓付近で見られることが多いのですが、

花期を過ぎた頃には粟ヶ岳の中腹くらいまで行くと、

まだ咲いている株が見られたりします。

 

A4 size:h282w201d44/1.7kg

自然礼賛2021