梛蘭

ナギラン

Cymbidium nagifolium Masum.

ラン科シュンラン属

絶滅危惧II類 VU

 

関東以西、四国、九州、沖縄の温帯から亜熱帯の林床に自生します。

広葉樹のふかふかなフォレストフロアーに、

非常に白く可憐で清らかな透明感のある花を咲かせます。

伊豆半島、九州南部、そして沖縄が現在の自生地かと思います。

他のランと同様に、園芸用として大変人気がありますので、

盗掘に次ぐ盗掘の波が止むことはないようです。

17世紀からランを巡る乱獲の歴史は止まることがありません。

野生ランの妖艶さに魅せられるのはすごくよく分かります。

だって、輝いて見えますから。

でも、その何気ない自然の中に、

そっと咲いているからこその美しさではないでしょうか。

ランの美しさは自然が作り出した自然な美しさだからこそ、

惹かれるのではないでしょうか。

 

A4 size:h282w201d44/1.7kg

¥100,000-(税、送料込)

自然礼賛2021