琉球小菫

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

梅雨が続いています。

 

水分がたまって身体が重いと感じる今日この頃です。。

 

 

 

今週金曜日から始まります「Flora of metal」。

 

一応、今のところ開催される予定です。

 

今回は小さめのA4サイズの作品を、

 

銀座店で4点、六本木店で7点出展する予定です。

 

冒頭の画像は年明けに沖縄に帰省した際に、

 

首里城へ行った時に撮影したフィルム写真です。

 

その時に良く見つけたリュウキュウコスミレも、

 

今回A4サイズで出展します。

 

今年のウンケーには帰れるかなと思っていましたが、

 

この様子では無理ですね。。

 

沖縄のみなさんの健康長寿を願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琉球小菫

 

スミレ科スミレ属

 

沖縄県に広く分布。稀に白花が見られます。

 

ニービシが吹く頃あたりから咲き始めますが、

 

なかなかその頃に帰省することはありませんので、

 

大抵は年始に見かけることが多いです。

 

国際通りの路地を少し入れば、街中でも見られます。

 

首里城からハンタン山を下って、円覚寺跡を過ぎた辺りで猫がいました。

 

その猫のすぐそばに咲いていた株をモチーフに作りました。

 

かわいい猫でした。いや、スミレでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

morison kobayashi exhibition

 

“Flora of Metal”

 

IDEE SHOP Roppongi

 

2020.7.31 fri – 8.31 mon

 

107-0052 港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンGLLeria 3F 03-5413-3455

 

https://www.idee.co.jp

 

 

 

無印良品 銀座

 

2020.7.31 fri – 8.24 mon

 

104-0061 中央区銀座3-3-5 03-3538-1311

 

https://shop.muji.com/jp/ginza/

 

 

 

ご来店をご予定くださっております皆様へ

 

感染防止対策をされました上で

 

体調にご無理のない範囲でお越しください。

 

平穏なひとときをお過ごしいただけましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

anemone L.

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

前回もお伝えしました通り、atelier galleryの本年中のお休みが決まりました。

 

物件が延期や変更となっていまして、

 

スケジュールを合わせるのになかなか厳しい状態が続いております。

 

夏の東京と秋にも名古屋haseさんで展示を控えているため、

 

atelier galleryで展示する作品が用意できない状況となっております。

 

この感じですと、来年夏の自然礼賛までオープンできないのではないかと思われます。

 

こんなに開けないで大丈夫なのか、とご心配いただいていますが、

 

さすがに大丈夫ではありません。。

 

予約制となってもご来場いただけるようなウルトラCがございましたら、

 

是非ご教授くださいませ。。

 

 

 

 

さて、「Flora of metal」です。

 

一輪草、二輪草、三輪草をひとつの作品にしてみました。

 

春の妖精、スプリングエフェメラルの代表的な種です。

 

イチリンソウ属はアネモネです。

 

リンネさんが名づけましたので、anemone L.という作品になります。

 

山に入る時期と山域が合えば、一度に全部見ることができます。

 

一、二、三と標高が上がっていきます。

 

アルプスまで行かなくても関東近郊でも見ることが出来ます。

 

4月、5月くらいです。今年は残念でしたけれど。。

 

近年少しずつ減っていると聞いていましたので、

 

来年は株が増えているといいなと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Anemone L.

 

一輪草、二輪草、三輪草

 

size A3ヨコ:w399 h282 t44/2.9kg

 

「Flora of metal」六本木MIDTOWN 出展作品

 

 

 

それぞれに特徴があって存在感もある花たちです。

 

二輪草と三輪草は二輪と三輪と決まっているわけではありません。

 

一輪や三輪の二輪草もあり、二輪や四輪の三輪草もあります。

 

面白いのは一輪草でも非常に稀ではありますが、

 

二輪や三輪のものがあるというところです。

 

大抵は白花がひとつで、他は緑花です。

 

花と云っても萼片のことで花弁ではありません。

 

 

 

白詰草もそうですが、異形のものが放つオーラには、

 

見つけたものを幸せにする、

 

なにかしらの要素があるに違いありません。

 

 

 

 

 

 

七つ葉

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

梅雨らしい天気が続いています。

 

雨が降ったり止んだりを繰り返すのは、植物たちにはいい季節です。

 

人間にとっては湿気があり過ぎるのは良くないですね。

 

身体が重く感じるのは気のせいではなくて、

 

水の重さなのかもしれません。

 

 

 

 

公園でシロツメクサの首飾りやティアラを作っている家族を見かけました。

 

昔から変わらない風景はいいですね。

 

一緒になって四つ葉を探しましたが、なかなか見つかりませんでした。

 

ようやく見つけた四つ葉はイメージとは少し違って、

 

四枚とも同じ大きさではありませんでしたが、

 

それでも子どもはとても喜んでくれました。

 

学生の頃には八つ葉までは見つけたことがありました。

 

二つ葉や三つ葉、五つ葉はバリエーションが豊富で、

 

四つ葉が一番バリエーションが少なかったと思います。

 

六つ葉以上になると、茎の高さが低くなるのかなとも思いました。

 

こういう異形のものたちに出会うと、

 

自由でいいなあと思ったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなシロツメクサの一つ葉から七つ葉までを作品にしてみました。

 

三つ葉も含めてすべて異形の葉です。

 

幸運を運んでくれるというよりは、

 

自由への賛美歌を歌ってくれているように思えてしまいます。

 

この作品は来月末からのIDEEさんでの個展に出展する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白詰草

 

Trifolium repens L.

 

size: w399 h201 t44 /2.2kg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

采配蘭

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

6月は梅雨の季節ですが、

 

野生ランの季節でもあります。

 

希少な采配蘭を見かけました。

 

 

 

 

采配蘭は地中の菌類と共生して生存している種です。

 

園芸種として栽培ができません。

 

光合成をしなくても成長できる珍しい種です。

 

土壌に大きく左右される種でもありまして、

 

以前はもっと桃色が濃かったと記憶していますが、

 

どんどん色素が薄くなってきているように感じました。

 

これは菌類に従属する栄養素を、

 

発達させている途上ではないかと考えられているそうです。

 

ラン科の植物には未だに解明されていない、

 

進化の途中にいる種が多くあります。

 

人間による開発や乱獲によって、

 

減少の一途を辿る蜂などの虫たちに依存できなくなった現在の地球では、

 

新たに生き残る術を、地中に棲む菌類に求めているのでしょうか。

 

人間には到底真似できないサバイバル術です。

 

やがて采配蘭がギンリョウソウのように色素を失うとき、

 

地球は菌類によって再生へと向かっている途中にあるのかもしれないと、

 

気付かされる日が来るのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

采配蘭

 

ラン科サイハイラン属

 

 

 

北海道から本州、四国、九州の山地の林床に広く分布するも、

 

限られた保護区にのみ自生する種が多いです。

 

環境省のレッドデータブックでは、多くの都道府県で絶滅が危惧されており、

 

その姿は確実に目にする機会を失っている一方で、

 

新たな進化の過程により、

 

違う姿に生まれ変わろうとしている種でもあるのかもしれません。

 

 

 

それにしても、美しい植物です。

 

出会った瞬間の感動は、言葉では表すことができません。

 

皆さんも是非、野生ランに出会う小さな旅へ。

 

 

 

 

 

 

「Flora of Metal」

 

IDEE  MUJI銀座店分出展作品になります。

 

詳細はexhibitionページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

春の妖精

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

桜が見頃となっております。

 

日差しも強くなり、過ごしやすくなりました。

 

 

 

春の短い間だけ花を咲かせる

 

スプリングエフェメラルと呼ばれる植物たちがいます。

 

春の妖精とも呼ばれています。

 

イチリンソウ属やカタクリなどが良く知られています。

 

ちょうど今ですね。

 

山麓の林床や林縁に群生しています。

 

 

 

今回の展覧会に二つのイチリンソウを制作しました。

 

左はアズマイチゲ、右はキクザキイチゲになります。

 

アズマイチゲは白花で葉を畳んだような姿をしています。

 

キクザキイチゲは青紫の花色で、

 

菊のような深く切れ込んだ葉をしています。

 

 

 

春の山麓でこの花たちに会うととても清々しく、

 

元気をもらえるような気がします。

 

山の生きものたちは今年も忙しくなりそうで、

 

にぎやかで楽しそうです。

 

 

 

 

「+106 x3」

 

会場:+106

 

会期:3月28日(土)〜4月12日(日) 11:00~18:00

 

4月6日(月)7日(火)8日(水)はお休みです

 

会場:香川県高松市屋島西町2453-20​ RENOWA YASHIMA 106号

 

tel:087-880-6900

 

https://www.plus106.net

 

 

 

 

今回は香川に向かうことができませんでした。

 

職務を全うできず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

設営から何から何まで、

 

+106さんに大変なお手数を掛けてしまうことになりました。

 

そして、皆さまにお会いすることもできずに申し訳ございません。

 

展覧会に関しましては、28日(土)29日(日)はオープンいたしますが、

 

30日(月)以降につきましては、

 

+106さんのサイトか、instagramのページplus106をご覧下さい。

 

皆さまどうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

 

Fern

 

 

 

 

Fern

 

size: h587 w827 t44

 

左から島柔羊歯、鬼豆蔦、雉ノ雄羊歯、深山鋸羊歯、玉羊歯

 

 

 

 

 

島柔羊歯

 

 

 

 

雉ノ雄羊歯

 

 

 

 

深山鋸羊歯

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

画像はオーダーを受けていました5種類の羊歯植物を納めた大判サイズの作品です。

 

鬼豆蔦以外は羽状葉となっています。

 

特に中央の雉ノ雄羊歯と深山鋸羊歯は、細かな鋸歯葉があります。

 

雉ノ雄羊歯には胞子葉ソーラスもついていまして、

 

かなり難易度の高い羊歯が入っています。

 

鬼豆蔦を羽状葉の羊歯らしいものにするか悩みましたが、

 

ひとつはシンプルで羊歯らしくない方がいいのではと思いまして、

 

鬼豆蔦にしました。

 

鬼豆蔦は左の島柔羊歯同様、屋久島にしか自生していない大変希少な羊歯です。

 

共に絶滅危惧種IA類CR(野生絶滅寸前種)に指定されています。

 

古代から長い年月を生き延びてきた羊歯になりますので、

 

実にロマンがあっていいですね。

 

古来よりシダ植物は繁栄と長寿の象徴として親しまれてきました。

 

地上で初めて栄え、度重なる種の危機を乗り越えて、

 

今もなお進化を続けるシダ植物に敬意を込めて作りました。

 

少々入れ込み過ぎましたが、よく出来ました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮は牧野富太郎記念館のマークにもなっているように、

 

可憐な植物の象徴です。

 

困難な時代を生き抜き、小さな生命の輪廻のドラマに、

 

すべてを注いだ優しい眼差し。

 

この花を見かけると、牧野富太郎先生を思い浮かべます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅花黄蓮

 

キンポウゲ科オウレン属

 

本州福島以南、四国の深山、亜高山帯に自生

 

観察地:燕岳(長野県中房温泉より入山)

 

size:h282w282d44/2.2kg

 

自然礼賛 2019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未草

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬ヶ原の池塘に浮かぶヒツジグサ。

 

水面に映る空の青と樹々の緑が、白い花をより美しく見せていました。

 

水が反射するので、根幹を支えているものは遠目からは見えませんが、

 

近づくと透明な水の中には、幾重にも重なって根から伸びる葉柄が見えます。

 

ヒツジグサの容姿を間近で観察しましたが、

 

後日になって思い浮かべられるのは、自然の風景と解け合った姿でした。

 

自然に生きるものは、ひとつのものだけを切り取って思い浮かべることはできません。

 

青空に飛ぶ鳥も蝶も自然の風景とともに記憶されます。

 

尾瀬ケ原のヒツジグサが美しいのは、尾瀬のすべてが美しいからなのでしょう。

 

 

 

 

今回の自然礼賛展では、立体作品を4点制作しています。

 

ヒツジグサの立ち姿から、尾瀬ケ原の風景を思い浮かべていただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未草

 

Nymphaea tetragona Georgi

 

スイレン科スイレン属の水生植物

 

山地の沼や亜高山帯の高層湿原などに自生

 

観察池:尾瀬ヶ原(群馬県鳩待峠より入山)

 

size : h400 w330 d300

 

2019自然礼賛 出展作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔓立壺菫

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今年は例年になく梅雨らしい梅雨となっております。

 

先週まで連日現場に入っていましたが、雨が毎日降る天気が続き、

 

少しでも止めば外での作業にとりかかり、降れば中での作業と、

 

日によって工程を変えながら何とか乗り切りました。

 

作業が少し残りましたが、オープンまでには納められる目処がついて、

 

ホッと一息つきたい今日この頃です。

 

 

 

画像は、今年の春に金沢のmina perhonenさんにて開催しました、

 

alpine plants展で出展したツルタチツボスミレになります。

 

昨年六本木のIDEEさんでの展に出展したニオイスミレと同じサイズのものでした。

 

スミレは小さいので、A4sizeでしか制作していませんでしたが、

 

地中でつながった株をトリミングせずに大きめのサイズのフレームに入れることで、

 

小さな花の新しい見え方を見つけることが出来ましたし、

 

どこかのびのびと見えるような気がしました。

 

一花の方が可憐さはありますが、これはこれで賑やかでいいなと思っています。

 

 

 

今月末7月27日(土)からの「自然礼賛」では、

 

このサイズでのスミレは1点、タカネスミレを制作中です。

 

高山の稜線上、頂上辺りの砂礫地に自生する黄色いスミレです。

 

他にA3でナガハシスミレ、A4でヒメスミレとオクタマスミレを出展する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蔓立壺菫

 

ツルタチツボスミレ

 

スミレ科スミレ属

 

日本海側の標高1700Mくらいまでの亜高山帯に分布

 

観察地:鳥海山(山形県側の鉾立より入山)

 

size:A3Square h400w400

 

 

 

 

 

 

 

2019.4「alpine flora」出展作品

 

 

 

 

 

 

三角蔓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日まで僕らの山旅での晴天は17回も続いていた。

 

山歩きが好きな人であれば、この数字は実に信じ難いものになるかと思うが、

 

そうではない人にとっては実にどうでもいいことなのである。

 

 

 

山の天気予報で絶大な人気を誇る(らしい)、

 

てんきとくらすもmountain forecasts も晴天を約束していた紅葉シーズンのとある日、

 

僕らは山頂の草紅葉が高名な苗場山に向かった。

 

関越道も藤岡ジャンクションを過ぎると、目の前に次々と上州や日光などの名峰たちが見えてくる。

 

苗場山のある新潟方面の空は雲がかかっているように見えた僕は、

 

大ちゃんに上州武尊山や谷川岳には雲がかかっていないから、

 

苗場山はリスクが高すぎると伝えると、

 

今日は苗場山で決めているので、と、

 

頑として聞き入れようとはせず、次々とICを通り過ぎていった。

 

期待感が胸いっぱいで楽しそうな大ちゃんは、鼻歌交じりで湯沢ICを降りると、

 

苗場山登山口のある祓川へ向かう林道に入った。

 

林道をしばらく走ると、突然の悪路。

 

未舗装と中途半端な舗装路が途切れ途切れに、

 

アスファルトも雪上車らしきキャタピラに切り刻まれて凹凸が烈しく、

 

八ヶ岳の桜平までの未舗装路の数倍の悪路が続いていた。

 

これにはさすがの大ちゃんも「何だよこれー」とキレながら雑にハンドルを切り続けた。

 

何とか登山口に辿り着いたが、案の定ガスに覆われていた。

 

視界はおよそ20M、ミストに濡れて滑りやすい登山道を黙々と登ると、

 

コースタイム4時間15分を2時間半で山頂に到着した。

 

そこには広がっているはずの草紅葉に彩られた大湿原どころか、

 

目の前にあるはずの木道さえ確認できない視界5Mの世界。

 

大ちゃんは僕に勧められた山に行かなかったことを後悔するわけでもなく、

 

行きの林道の醜さと、天気予報のいい加減さにプンプンしながら、

 

ガッツリ雨の降りしきる中、そそくさと山頂を後にした。

 

帰りの車中でも「もう二度と行きたくない山ベストスリーですよ」と毒を吐きまくっていたが、

 

これはmustと言わんばかりに、上里SAで上州名物焼きまんじゅうを買い、

 

「これがあるからこの辺りの山は良いんですよね」と、

 

満面の笑みを浮かべながら、それまでとは打って変わって優しい運転に終始して帰路に着いた。

 

 

 

17回の晴天記録が途絶えることとなり、収穫はなかったようにみえた山旅だったが、

 

作品で作りたかったブドウ科のサンカクヅルの美しい紅葉は、

 

雨でまったく視界がない中でも素晴らしいものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三角蔓

 

Vitis flexuosa Thunb.

 

「Flora of Tystnad」

 

モリソン小林 植物記 出展作品 2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates