犬雁足

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

新緑の季節を迎えました。

 

先日、丹沢山系の低山を2つ歩いてきました。

 

タチツボスミレやマルバスミレ、ニオイスミレ、ヒトリシズカ、

 

ヤマルリソウ、ヤマザクラ、そしてチゴユリなどが咲いていました。

 

新鮮な空気を目一杯いただいて、というと聞こえは良いのですが、

 

近郊の低山の樹林帯といえば、スギとヒノキばかり。。

 

都内では大丈夫でも、さすがに浴びるほどさらされるとグズグズになりますね。。

 

色とりどりの花が咲く中で、群を抜いて活況を呈していたのがシダ植物たちでした。

 

夏に向けてこれからグングン成長していく彼らとともに、

 

見上げる頭上の樹々たちの若芽も、益々緑鮮やかに映っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬雁足

 

Pentarhizidium orientale Hayata

 

シダ植物門オシダ科

 

A2size h587 w415 d44

 

2018年制作作品

 

 

 

 

 

 

先のforest floorに出展した作品です。

 

錆で覆われて消えてしまいましたが、葉芯だけでなく細かい葉脈も入れたり、

 

ソーラス(胞子葉)まで作ったりしましたので、随分と時間がかかってしまいました。

 

上代も今までで一番となってしまったため、非売にすることにしました。。

 

今月4月のatelier galleryで展示します。

 

今月新作は小判A4サイズの州浜草などをご用意しました。

 

お時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Forest Floorと3月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

春分を迎えました。

 

「Forest Floor」会期無事終了しました。

 

ご来場いただきました皆さまどうもありがとうございます。

 

 

今回はかなりタイトなスケジュールで四国〜関西と駆け抜けましたので、

 

9日の初日しか在廊できませんでしたが、

 

久しぶりの京都を楽しめたかなと思います。

 

minä perhonenさん京都店の皆さま2週間という長い期間大変お世話になりました。

 

どうもありがとうございます。

 

 

今回のDMの写真は、2014年の初夏に訪れた八ヶ岳の森です。

 

桜平の登山口からヤマオダマキ、ゴゼンタチバナ、リンネソウなどが咲く林道を歩き、

 

ヤツガタケアザミが咲く夏沢鉱泉、

 

グンナイフウロやキバナノコマノツメが咲くオーレン小屋を過ぎ、

 

稜線の山びこヒュッテまでの間の樹林帯で撮影しました。

 

麓の晴天から徐々に霧が立ちこめていく中でしたので、

 

硫黄岳の山頂では、残念ながら深い霧に覆われて眺望はありませんでしたが、

 

苔むす八ヶ岳の深い森を、いつも以上に実感できた山旅となりました。

 

 

「Forest Floor」は10年ほど前に制作した大判作品のタイトルです。

 

高山植物とまではいかない植物が主体となり、

 

ふかふかの落ち葉の下、雪解けをじっと待っていた植物たちで、

 

いつかイベントのテーマとして扱ってみたいと考えていました。

 

今回、皆川さんから葉っぱの大判を制作して欲しいという依頼がありましたので、

 

テーマは「Forest Floor」はいかがでしょうか、ということになりました。

 

「Forest Floor」にはまだまだたくさんの植物たちがいますので、

 

また扱ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月のatelier galleryは「Forest Floor」と会期が重なりましたが、

 

遠方からも含めて多くの方にご来場いただきました。

 

どうもありがとうございます。

 

今月は2015年制作の彫刻「天使たちの目から」を展示しました。

 

2016年の「記録集」の最後のページにも掲載されていますので、

 

すでに多くの方にご覧になっていただいていた彫刻だと思います。

 

今回は新しいものを彫るきっかけにしたいと考えまして、今月展示販売しました。

 

手元を離れることになりましたが、多くの時間を共に過ごすことができて、

 

とても感慨深い作品となりました。

 

以前同じような時間を過ごした作品がありまして、

 

「岡虎の尾」という植物作品でした。

 

今回の「天使たちの目から」は、その「岡虎の尾」の方の元へ行くことになりました。

 

オープンの前日に決めましたので、事前の告知などは行ないませんでしたが、

 

巡り合わせというか、引き寄せるものがあるのでしょうか。

 

大変なご縁を感じずにはいられません。

 

どうぞ作品たちのことをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、来月4月のatelier galleryのオープンは調整中です。

 

決まり次第atelier galleryページにてお知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先月の2月のatelier galleryは2018年最初ということもあって、

 

大変多くの方にご来場いただきました。

 

どうもありがとうございました。

 

3月のatelier gallery は今週末の17日(土)から3日間オープンします。

 

 

 

現在は京都にてイベントを開催中でして、

 

初日にはいつもatelier galleryにご来場されている方をはじめ、

 

4年ぶりに会った友人やもの作りの仲間たちから、

 

作品について何か変えたのかという指摘を受けました。

 

毎回いろいろと変えている部分はありますが、

 

2016年の記録集刊行展を境に、

 

何かという部分的なことではなくて、すべてを見直しました。

 

作品を作れば作るほど経営を圧迫してしまいまして、

 

作品を作る意欲までも失っていってしまうというような状況になり、

 

なんとか踏ん張ったというところですが、

 

振り返ると、いろいろと見通しが甘かったということですね

 

この辺りのいきさつは改めてここでお伝えしたいと思います。

 

 

 

さて、今月は京都のイベントに間に合わなかった作品を含めて、

 

大小サイズ違いで6点ほどご用意できそうですので展示します。

 

先日このblogでご紹介した両神山麓の節分草は、

 

わけあって非売としますが、

 

讃岐山脈の雪割一花や木曽駒ヶ岳の黒百合、

 

白馬岳の金星蘭など見応えがある作品かと思います。

 

作品の裏書きもご希望あればご覧いただけます。

 

それでは3月のatelier galleryもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

今シーズンはどこも雪が多く、いつにも増して厳しい雪山シーズンを迎えていますが、

 

こんなときほど、高山はその原始的な姿を現してくれるものです。

 

しかしなかなか天候が安定しないのもこの時期の特徴ですので、

 

もうしばらくは山へ脚が向かわないという人の方が多いのではないでしょうか。

 

アウトドアブランドのセールが始まりましたので、

 

そちらの方が忙しいかもしれませんね。

 

 

 

 

さて、2018年はじめのオープンとなります2月のatelier galleryは、

 

今週末10日の土曜日から、12日月曜日の祝日までの3日間となります。

 

今月は盛りだくさんの内容となっております。

 

寒さはまだまだ厳しいですが、お時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先月はお休みいたしましたatelier galleryでしたが、

 

今月は11月12日(日)、13(月)の2日間オープンいたします。

 

これにて本年は昨年の7回を上回る9回のオープンとなります。

 

頑張りました。

 

やはりエアコン増設によって、夏の2ヶ月にオープンできたことが効いています。

 

お越し下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

来月12月はスケジュールの調整ができそうになく、

 

今月11月が、2017年最後のatelier galleryオープンとなります。

 

お時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「印象 空想 抽象」会期終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

招山さんでのスペソー3人展、会期は無事終了いたしました。

 

今回は会期前半に台風縦断という天候不良などがありましたが、

 

ご来場くださいました皆さまどうもありがとうございました。

 

三者三様それぞれに良い評価を下さいましてどうもありがとうございます。

 

来年に向けてそれぞれ良いイメージで制作に向き合えると思います。

 

 

 

 

 

昨日、鋼材屋さんから年末年始のお休みの予定がFAXにて届きました。

 

ついこの間まで夏だったのにもう10月なのかと、時が経つのが早いな〜とは思っていましたが、

 

まさか年末年始の予定が届くとは。。。気が早過ぎませんかね。。

 

旅行なんかを予約したので、早めにここからここまで休みますよという流れなのでしょうか。

 

今度話した時に聞いてみたいと思います。

 

また、お向かいの産廃処理場の鉄壁に足場が組まれまして、

 

どうやら色を塗り替えるようです。

 

今までは薄い黄色でしたので違和感がありませんでしたが、

 

それ以前はけっこうきつい緑でしたので、

 

ご近所さんたちが戦々恐々と見守っていました。

 

果たしてどんな色になるのでしょうか。

 

 

 

さて、10月のatelier galleryですが、今月はお休みいたします。

 

ご来場を予定されていた方々、誠に申し訳ございません。

 

山々では錦秋の紅葉の盛りとなっていますが、

 

今年は夏の晴天が大変少なかったこともあって、鮮やかな紅葉とまではいかないようです。

 

あと半月もすれば雪が積もり、山小屋も閉まり、

 

またしばらくの間、山は人をよせつけない太古の姿に戻ります。

 

それにしても秋のさわやかさは素晴らしいですね。

 

一年で一番心身を癒してくれる貴重なものです。

 

皆さまどうぞ健やかに、どうぞご無事で。

 

 

 

 

 

 

9月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

8月があっという間に終わってしまいますね。

 

毎年お盆は大混雑するため山には入りませんので、

 

今年は電車に乗って空いている都内に何度か出向きました。

 

映画や美術館などいろいろと観ることができました。

 

湾岸や神田、皇居近辺は人影もまばらでしたが、上野は大・大・大混雑でした。。

 

鬼門でしたので、行かなければ良かった。。数日ぐったりしてしまいました。

 

 

 

 

さて、9月のatelier galleryは3日の日曜日から5日の火曜日までの3日間オープンします。

 

haseさんの精霊さんが名古屋に帰りましたが、

 

常設展となります今月は、2015年の彫刻作品を展示します。

 

少しですが金属植物も、

 

そして中村の山びこ、高里の絵画作品の展示もいたします。

 

 

 

 

 

 

9月のatelier gallery

 

9月3日(日)〜5日(火)12:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

すっきりしない天気が続いていますね。

 

台風が近くにあると、予報ではAでもほとんどガスの中というのが山の天気ですが、

 

このまま高山植物の見頃を過ぎ、

 

今年は山小屋泣かせの夏になってしまうのでしょうか。。

 

 

 

さて、8月のatelier galleryは、撮影などの諸々の事情から作品が残っておりますので、

 

引き続き「自然礼賛」と同じ展示となります。

 

作品はすべて非売となりますが、ゆっくりご覧いただけるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月のatelier gallery

 

8月6日(日)〜8日(火)12:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

「自然礼賛」会期無事終了いたしました。

 

ご来場いただきました皆さま、

 

連日大変暑い中どうもありがとうございました。

 

初めてご来場された方は久地駅のローカルっぷりや、

 

産業廃棄物処理場の轟音に驚いた方も多かったのではないでしょうか。

 

ただ、ものすごく遠いイメージがあったのに以外と近かったという方も多く、

 

少しでも良い印象を持っていただけて良かったです。

 

 

 

 

 

今回の「自然礼賛」は、atelier galleryでは久しぶりの個展となりまして、

 

フレーム作品、立体作品、精霊に高里の絵画、

 

登山写真のスライドショーなど、フルスペックでご覧いただけたかと思います。

 

欲を言えば、新作の彫像を3、4点ご用意出来ればなお良かったかなと思います。

 

「自然礼賛」というタイトルをとても気に入っておりますので、

 

次回も「自然礼賛」でいきたいと思っています。

 

今回の作品は次なる作品集のために撮影のお時間をいただきますので、

 

atelier galleryの8月6日(日)〜8日(火)のオープンの際にもご覧いただける予定です。

 

お見逃しをされた方はこの機会にどうぞお越し下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日も落ちた最終日、最後にGASAの五十嵐さんと、

 

hikeの須磨さんがご来場されました。

 

僕が作家活動を始めるきっかけを与えてくれて、最初の頃から場を用意してくれた2人。

 

昨今は、時間の流れとともになくなってしまうものが多いので、

 

夕べはとても感慨深いひとときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙丈薊

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

atelier galleryにて開催中の個展「自然礼賛」。

 

会期は中盤に入りました。

 

連日大変暑い中お越しいただいておりまして、

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

今回の作品リストの1番目は、大判の仙丈薊です。

 

制作途中で花と葉を何度も作り直しました。

 

以前にも入山した際に観察していたのですが、

 

何かが違うと、ずっと引っかかったものがあり、

 

自生する南アルプスに再度入山して、

 

とげ針や葉脈の形状を書き写し、

 

ようやく納得のいく作品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙丈薊(センジョウアザミ)

 

学名:Circium senjoense Kitam

 

size:w420 h825

 

 

 

日本固有の種で、南アルプスの亜高山帯から高山帯までに自生しています。

 

仙丈ヶ岳が基本標本ですが、北岳や鳳凰山にも多く見られます。

 

花期は7月頃からで、枯れたような色合いで咲きます。

 

他のアザミは割と鮮やかなピンク色に咲きますので、

 

少々独特なイメージがあります。

 

南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳、

 

その名を冠した女王のように気高いアザミです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自然礼賛」(しぜんらいさん)

 

会期:2017年 7月9日(日)〜17日(月・祝)会期中無休 12:00〜19:00

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates