師走

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

八雲茶寮さまにて開催されておりました高里の個展は、

 

無事に会期を終えました。

 

ご来場くださいました皆さまどうもありがとうございました。

 

この度はatelier gallery以外では初めてとなりました高里の絵画個展でしたが、

 

八雲茶寮さまのご尽力と場の力をお借りするかたちで、

 

皆さまに作品をご覧いただくことができました。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

最終日前の夜に、八雲茶寮さまにて3人で食事をしました。

 

この大切な個展での高里の頑張りと、茶寮に関係する皆さまへの感謝、

 

ご来場くださいました皆さまへの感謝、

 

そして、この18年のspecial sourceの活動の労いでしょうか。

 

皆さまとの信頼関係を、改めて感じた夜となりました。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、先日のblogで外部での展示に関しての話がありましたが、

 

来年2020年はその外部での展示が続く予定となっております。

 

 

 

3月14日〜22日 +106 香川県高松市 モリソン小林、高里千世、中村大介3人展

 

4月24日〜5月31日 IDEE銀座muji モリソン小林個展

 

5月22日〜6月15日 IDEE六本木ミッドタウン モリソン小林個展

 

11月7日〜14日 hase 名古屋名駅 3人展

 

 

 

 

外部では控えなくてはと言っておいてのスケジュールですが、

 

個展もスチールワークも同じ仕事ですから、

 

依頼があれば可能な限りは受ける方向で良いのではないかということですね。

 

自分たちに関心を持ってくださっている方々に対して、

 

これからも力を注いでいきたいなと思っています。

 

+106さんはスペソー3人展となります。

 

大ちゃんの山びこ、高里の錆画をご覧いただくのが楽しみです。

 

IDEEさんでは個展となります。

 

銀座と六本木がかぶって続いていますが、

 

同じ内容の展示を二カ所で行なうというものになります。

 

名古屋haseさんは4年ぶりとなります。だいぶお待たせしてしまいました。

 

こちらも3人での展示になる予定です。

 

 

 

 

 

暦はすでに師走となりまして、しばらくぶりとなりますatelier galleryは、

 

12月7日(土)〜10日(火)の4日間のオープンとなります。

 

いろいろな節目があった2019年を振り返りながら、

 

2020年を迎える準備をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

10年

 

那須連峰 朝日岳

 

 

 

 

八ヶ岳 編笠山

 

 

 

 

 

 

2019年も11月を迎えて、金属植物作品が現在の見せ方になってから、

 

ちょうど10年となりました。

 

2007年から2年をかけて、2009年の物質の循環展で出展した作品も、

 

10年の歳月を経て少しずつのスペックアップを繰り返し、

 

良い意味では、この見せ方としての完成形を迎えているのかもしれません。

 

途中、インスタレーション的なものや、コンセプチュアルな見せ方など、

 

いろいろと違う方向性のアイデアが出ていました。

 

これらは次の10年から少しずつ見せていければと考えていますが、

 

とりあえずはこの見せ方を10年続けようと思いまして、

 

植物の勉強、登山での実地観察や技術的なスキルをあげることを、

 

第一に考えてやってきました。

 

今年からオーダーを受けられるようになったのは、

 

枠の中での完成度と上代のバランスが合ってきたこと、

 

価格の変動は必要がなくなったということがその理由です。

 

しかし、時間をかけて一から制作するので、

 

量販品と違ってキャンセルがあったときの問題など、

 

いくつか課題があります。

 

あとで販売すれば良いということではありませんから。

 

一点ものの作品に対しての考え、信頼、経年の価値の変化など、

 

見通せないことも多くありますので、

 

来月まで様子を見て、来年以降もオーダーを受けるのか、

 

それとも受けないのかを考えたいと思っています。

 

 

 

 

また、作家としての認知度が高まってきた一方で、その弊害も出てきています。

 

先日、懇意にしてくださっている建築家の方から、

 

忙しそうで敷居が高くなっちゃって頼みづらくなってますよと、

 

言われてしまいまして、本当にまずいなぁと。

 

現在でもスチールサッシなどのスチールワークや、

 

スペースプロダクトの本業があって、

 

atelierを維持することができています。

 

アートワークも重要なものになりつつあり、

 

これは本業のスチールワークがあってのものですので、

 

本業という位置づけで受けています。

 

個展などの作家活動だけでは全然維持していけません。

 

これから外部での展示を控えるなどして、

 

本業とのバランスを合わせていく必要に迫られているのかもしれません。

 

いずれにしてもすごく中途半端な状況というところでしょうか。

 

一芸に秀でることを美徳とする考えが日本人には根強いのですが、

 

僕はすごく苦手なんですね。

 

批判されるかもしれませんが、中途半端な立ち位置は嫌いじゃないんです。

 

嫌なこともそれはそれなりに付随してくるでしょうけれど、

 

いろいろ選択肢があることや楽しみが増えることは、

 

自分の人生にとっては大切なことですから。

 

 

 

 

 

 

遠い山行

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

台風がすごいですね。

 

沖縄にいる時は慣れがあったのでこれくらいは平気でした。

 

過ぎ去った後にパパヤーを拾いにいったのが懐かしく思えます。

 

しかし、神奈川に来てからもうだいぶ経ちますが、

 

ここまでの酷い雨風というのは、経験したことがありません。

 

今日は午後早めに切り上げましたが、

 

自転車は全然前に進みませんし、レインウェアも着ているかわからないくらいでした。

 

無事に過ぎ去ってくれればいいですが。。

 

50年に一度とも言われていますが、本当にそう思うほどすごいです。

 

皆さんは台風への対策は万全に済ませられましたでしょうか。

 

 

 

 

さて、来月あたまからの高里の個展の準備が着々と進んでいます。

 

来週にはDMを発送できるかと思います。

 

また、自然礼賛展の作品の発送も準備が整いました。

 

来週より順次発送を始めまして、今月中にはすべてご納品いたします。

 

 

 

今月は山行月間と意気込んでいましたが、

 

結局その辺りの準備に時間がかかりまして、

 

どうやら来月11月後半まで山には行けなさそうです。。

 

まあ、山はどこにも行きませんので、気長に待ちましょうというところです。

 

そういえば、山ではどんなカメラを使っていますか、という質問をされました。

 

ここのところは、山ではフィルムカメラを持っていっています。

 

重いのですが、中判カメラで67サイズのものと35mmのものを2台です。

 

67のはレンズ交換のできないもので標準の画角です。

 

35mmは広角28mmと中望遠90mmのレンズを持っていきます。

 

仕事や作品の写真などは撮影する枚数が多く必要になりますので、

 

デジタルの35mmを使用しています。

 

なぜ山ではフィルムなのかなどは、少々長くなりますので、

 

また後日書きたいと思います。

 

 

 

 

 

ギャラリーさんぽ

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

「自然礼賛」展は7月27日の土曜日からの開催が決まりました。

 

会期は27日〜29日、8月1日〜4日、8日〜11日までの11日間になります。

 

現在はDMの制作に取りかかっています。

 

出来上がりましたら順次発送していきます。

 

 

 

 

先日青山のギャルリーワッツさんの山本さんが取材に来てくれました。

 

神奈川県のギャラリーを紹介するサイトです。

 

今回はスペソー3人をご紹介していただいています。

 

3人ともそれぞれにお話を聞いていただくことはほとんどありませんので、

 

皆さま是非ご覧ください。

 

 

 

 

神奈川県内のアート・カルチャーを発信するサイト

 

マグカル・ドット・ネット

 

https://magcul.net/176155?fbclid=IwAR3H2obw0clYciRgTFab8pzQLqpYn8u8pHlYUxMiNZXrWY6J_I1w6LPC9C4

 

横浜みなとみらいオフィシャルサイト

 

http://goyokohama.jp/176155

 

 

 

 

ギャルリーワッツの山本さんは、

 

今回3人それぞれじっくり話を聞いていただいたり、

 

こういった神奈川県のローカルなギャラリーの紹介をしたりと、

 

フラットに作家を見てくれる方です。

 

ギャルリーワッツさんでのお仕事も無名の作家さんを紹介されたり、

 

分け隔てなくいろいろな作品に触れてこられています。

 

住まいが徒歩5分くらいのすごいご近所で、

 

年齢が同じということもありますが、とても心強いです。

 

今回はどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

6月のatelier gallery

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

夏山に向けての週二日のランニングが、

 

このところの毎日の工場作業と重なって、

 

足取りが重くて仕方がありませんでした。

 

そこで、サッカーの長友選手が、

 

歩くのと同じくらいでゆっくりジョギングすると疲れがとれる、

 

というので試してみると、

 

逆にどんどん疲れがたまっていくようで、

 

ランニングの後半にバテてしまって歩くようになってしまいました。。

 

そもそも長友選手ではないので、それなりに疲れるよなぁと思う今日この頃です。

 

 

 

 

さて、6月のatelier galleryは土曜日スタートです。

 

今週末の8日の土曜日から10日の月曜日までの3日間のオープンとなります。

 

今月は制作途中、色入れ前の作品をご覧いただけます。

 

完全に朽ちた状態に見えるものです。

 

初期の作品はこのまま出展していることの方が多かったと思います。

 

現在の形になって10年が経過して、

 

仕上げもそれなりに変遷を辿ってきましたが、

 

どこまで色を入れようか、そもそも色を入れるのか、

 

以外に思い切れなかったりします。

 

 

 

 

中村は山びこ彫刻、高里は絵画と2013年の版画作品を展示します。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月のatelier galleryオープン

 

6月8日(土)〜10日(月) 12:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

The Doors

 

 

 

 

こんにちは。

 

そろそろ梅雨入り間近というところでしょうか。

 

 

 

先月のatelier galleryにての一幕です。

 

「スチールドアや窓などの仕事をずっとやっているから、

 

モリソンさんって呼ばれているんですか?」

 

「えっ?」

 

「だって、ドアーズだからですよねぇ?」

 

「あー!はははは。。。」

 

 

 

確かにそうですね。

 

ドアの仕事多いですから、ドアーズからモリソンというのは、

 

自然な流れというところでしょうか。

 

 

 

ドアの仕事をするようになったきっかけはideeの頃です。

 

設計した店舗でドアを作り替えることになったのですが、

 

なかなか作ってくれるところがなくて、

 

いつも什器を頼んでいるところは、

 

可動系のものは面倒な割にバックが少ないと言ってNGで、

 

建築系のところは定番的な作りのもの以外はすごく高くて、

 

作れるところを探すのがすごく大変でした。

 

やっと作ってもらったのは良かったんですが、

 

不具合が多くて何度も困ったことになりました。

 

ドアはもうたくさんと思っていたのですが、

 

その時の施主さんが理解のある方で、

 

スチール製だからそれくらいの不具合は味だからと言っていただいて、

 

申し訳ない気持ちになって。。

 

それからいろいろなドアを見て、

 

構造や機能、鍵などの金物などを調べるようになりました。

 

独立してからは、他にドアなどを作る仲間がいないこともあって、

 

仕事においては柱と言えるものになっていきました。

 

 

 

 

とは言え、ドア→ドアーズ→モリソンではないのですが、

 

まあ、それでもよろしいのではないでしょうか。

 

体力勝負の仕事ですので、いつまで続けられるかはわかりませんが、

 

できる限り続けていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

自然礼賛

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月にしては少々暑過ぎるかなと思うような日が続いています。

 

皆さんご無事でしょうか。

 

 

 

「自然礼賛」です。

 

前回に夏の開催は難しく、11月か12月になるかもと書きましたが、

 

やはりテーマとしては夏が似合うのではないかと、

 

その季節だともうタイトルを変えたほうがいいのではないかと、

 

いろいろと意見が出まして、夏の開催を再検討しています。

 

お盆を過ぎてからよりもお盆前の方が良いのではないかということで、

 

7月27日あたりから8月11日の間で調整中です。

 

7月前半からの開催は無理な状況です。

 

遠方の方たちには申し訳のない日程になってしまうかもしれません。

 

atelier gallery にご来場されたことがある方に限りますが、

 

何かしらの方策も検討しています。

 

とは言え、開催できるかはまだ半々くらいです。

 

来月の中頃までには開催するかどうかを決めたいと思っています。

 

もうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

エルデコ

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月のatelier galleryは無事終了しました。

 

お越し下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

 

今月はエルデコさんが7日に発売されました関係で、

 

ご覧になったことがきっかけで来られた方も多かったと思います。

 

稀に雑誌に作品が載ることはあるのですが、

 

金属植物とは記載されていないことがほとんどですから、

 

アンティークの押し花だと思う方がすごく多いようで、

 

お気を留めることはないと思うのですが、

 

今回は色入れをしているところや制作に関してのことなどを、

 

しっかりと書いていただいていますので、

 

気になった方が多かったのかもしれません。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

この夏に「自然礼賛展」を開催する予定でしたが、

 

スケジュール的に難しくなってしまいました。。

 

秋に中村の山びこ展と高里の個展が続くこともあり、

 

11月か、12月になりそうです。

 

この「自然礼賛展」につきましては、後日改めてお伝えします。

 

また、木彫刻展ですが、、すでに2月くらいの段階で、

 

今年の開催は挫けてしまっていました。。どうもすみません。。

 

そろそろ僕が元々は木彫だったということが忘れ去られてしまいますので、

 

来年以降は金属植物を徐々に減らし、

 

3年後くらいには木彫主体に移行できるようにしていきたいなと、

 

そう考えていますが、ここ何年も同じことを言っているような気がします。。

 

 

 

 

6月のatelier galleryは土曜日スタートで、

 

8日(土)〜10日(月)の3日間オープンの予定です。

 

詳細は6月頭にatelier galleryページをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

steel products

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

先日まで川崎のRALLY NIPPONさんにて、

 

鉄製引戸や折戸などのスチール工事を行なっていました。

 

内外装のデザインはもうかれこれ20年のお付き合いとなります、

 

shigeji design worksの畠山さんです。

 

 

 

高さが3Mほどの引戸はコールテン鋼という特殊な鉄板を使用しています。

 

コールテン鋼で発生する錆は、通常の鉄に発生する錆とは違って、

 

耐候性があり保護錆と呼ばれるもので、腐食が表面だけで内部まで進みません。

 

最初はオレンジの錆が出ますが、だんだんと茶褐色になり、

 

3年ほどで落ち着き、黒褐色の風合いのある質感になります。

 

床面に錆のオレンジ色が付着してしまいますので、

 

施主さんが相当に理解力がある方でないと難しい仕上げですが、

 

その独特の風合いからファンも多く、世界中でモニュメントや建築に使用されています。

 

10年以上の長期使用を考えるのでしたら、塗装仕上げなどは塗り直す必要がありますので、

 

経年の風合いが好みの方は良い選択肢のひとつだと思います。

 

 

 

引戸は4枚で床レール、扉下部に重量用戸車、

 

上部にベアリング付きの車輪を仕込んでいます。

 

これから外壁屋さんが鉄骨の骨組みにコールテン鋼を取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引戸のコールテン鋼は取り付けたばかりで、

 

まだ錆がほとんど発生していませんが、

 

表はいい感じに錆が全面に発生しています。

 

これで約10ヶ月経過というところです。

 

下の折戸の画像は9ヶ月前の取り付けの時です。

 

外壁は1ヶ月ほど経過していた頃ですので、錆びはまだそこまで出ていませんでした。

 

折戸は上部枠にレールを付けるタイプではなく、

 

中央の扉を開いて端の扉に抱き合わせて開くタイプにしました。

 

雨仕舞いや隙間のこと、コストなどを考えてこの方法にしました。

 

重量用の車輪を使用することで扉の垂れを矯正しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RALLY NIPPONさんはクラッシックカーで、

 

日本の世界遺産や文化遺産を走るイベントなどを行なっています。

 

僕は12年前までカワサキのマッハというオートバイを所有していましたが、

 

車ではクラッシックカーを所有したことはありません。

 

ですが、久しぶりにガソリンとオイルの独特の匂いに囲まれて、

 

とても気分良く仕事をすることが出来ました。

 

ありがとうございました。

 

今年のRALLY NIPPONさんのイベントは九州ですので難しいかもしれませんが、

 

いつかを観に行って、たくさんのクラッシックカーを間近で堪能してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ステンドグラス続報

 

 

 

野路菫 Viola yedoensis Makino var. yedoensis

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

3月のatelier galleryにご来場くださいました皆さま、

 

どうもありがとうございました。

 

4月は曜日を変えまして、11日(木)から14日(日)まで4日間オープンいたします。

 

現在はスケジュールに余裕がありますので、急な変更はないと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

さて、フレームの作品に使用しているステンドグラスの続報です。

 

ようやく入手可能な状況となりました。本当に良かったです。。

 

作品を作れる状況にあってもなかなか作れず、

 

展覧会の依頼があってもなかなかGOが出せない状況が続いていました。

 

2016年からですから、もう3年です。それにしてもこの停滞期は長かったです。。

 

本年2019年はこのステンドグラスの問題があり、

 

ガラスの在庫が無くなる見通しで、

 

個展等の予定を入れていませんでしたので、

 

時期的なことを勘案すると外部は難しいと思いますので、

 

atelier galleryにて2回くらい個展を開催しようかと考えています。

 

まず「自然礼賛展」です。これは夏になるかと思います。

 

そしてスケジュールにもよりますが、年末にも何かできればと思います。

 

個展等の予定は、中村と高里を含めまして詳細がほぼ決まってまいりましたので、

 

近いうちにお知らせ出来るかと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates