9月

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

9月に入りました。

 

8月が過ぎてしまうと、12月まであっという間と思うのは僕だけでしょうか。。

 

スペソーはこの夏はいろいろなことがありました。

 

修行というか、修験者の方々に想いを馳せるような夏でした。

 

皆さんはいかがお過ごしになられたでしょうか。。

 

 

 

 

 

 

2018年後半の予定が決まり始めました。

 

 

 

来月、高里の展覧会があります。

 

10月19日(金)〜25日(木)の日程で

 

静岡県三島市にありますギャラリーsoraさんにて、

 

アクセサリー作家、小野泰秀さんとの二人展を開催します。

 

タイトルは「金の小舟と天鵞絨『ビロード』の空」です。

 

 

 

 

 

atelier galleryのオープンもほぼ決まりました。

 

9月は22日(土)〜24日(月祝日)

 

10月はお休みとなります。

 

11月は10日(土)〜12日(月)※予定

 

12月は8日(土)〜10日(月)※予定

 

現在依頼されている案件によっては、11月は難しくなる可能性があります。

 

12月はなんとかオープンしたいと考えています。

 

 

 

 

写真は白馬岳の幕営場での夜景です。

 

上弦の月が明るくて星はあまり見れませんでしたが、

 

とても清々しい夜で、北は月明かりに照らされた白馬岳、

 

東にはその月が輝き、南は雲海に浮かぶ峰々、

 

そして西には剣岳や立山連峰が並び、

 

全方位どこを切り取っても綺麗な景色でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

10年前までおじいちゃんに聞かされていた戦時中の話も、

 

今は誰に聞けば良いのか。

 

皆歳をとり、我先をといってしまった。

 

 

 

 

 

ご先祖さまが眠る場所へ、

 

ジャングルのような密林を行くのは、

 

島では当たり前なのだけれど、

 

とにかく蚊がすごい。

 

長袖シャツの上からでも容赦ない。

 

真夏の炎天下にレインウェアを着て長靴を履いて蚊帳を被る。

 

これだから島の男はビールをたらふく飲む。

 

ドイツ人は朝からビールを水代わりに飲むさぁと、

 

いつも聞かされていたけれど、

 

なるほど、これほどたくさん汗をかけばおいしいかもしれない。

 

お水をたっぷり、お金もたっぷり燃やしてあげて、

 

雑草を刈り遂げる頃には、

 

お酒よりも、シャワーを浴びたいと思うのは、

 

おじいちゃんが言っていたように、

 

戦時中と変わらぬ心情なのかもしれない。

 

 

 

 

何べんも何べんも、

 

自分のために生きろと言われた人も、

 

何べんも何べんも、

 

人のために生きろと言われた人も、

 

みんな正解!とおじいちゃんは言っていた。

 

大切なものがわかればそれが一番いいさぁと言っていた。

 

おじいちゃんの大切なものは何?と聞いたら、

 

内緒と言った。

 

 

 

 

家の門を出て坂を下りながら振り返ると手を振るおじいちゃん。

 

その姿は真っ白な印画紙にたった今焼き付けたように、

 

夏の終わりを感じる頃になるといつも思い出します。

 

守るべきものを託されたこの時を、

 

僕は一生忘れることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルス穂坂ワイナリー

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

固まって微動だにしないセミに遭遇する機会が増えてきました。

 

そして、いつの間にか19時を過ぎると薄暗くなり始め、

 

夏の終わりが感じられるようになりました。

 

いい季節ですね。

 

 

 

 

南アルプスの麓、韮崎ICからほど近い穂坂に昨年末にオープンされました、

 

本坊酒造さまのマルス穂坂ワイナリー内に、

 

長さ2Mほどのブドウの葉と、日本の国蝶オオムラサキを制作しました。

 

蝶はずいぶんと久方ぶりになります。6年ぶりの制作です。

 

そして、先月にも新しくブドウの実をつけたものを、もう一点追加させていただきました。

 

アートディレクションはアートディレクターの黒田益朗さん、

 

空間はLandscape productsさんです。どうもありがとうございます。

 

ワインがお好きな方は是非お立ち寄り下さい。

 

本坊酒造さまのすべてのワインをご試飲できます。

 

この季節は白ワインからでしょうかね。いいですね。

 

はじめは酸味が気持ちのいいシュール・リーなどはいかがでしょうか。

 

その後ヴィオニエ、シャルドネなどをグイッといっていただいて、

 

真っ赤なものを。そうですね、ぼくはシラーでしょうかね。ここは。

 

そしてルージュ、ベリー、ノワール、、、

 

もう帰れません。。

 

日本が誇る良質なワインをぜひご堪能下さいませ。

 

 

 

 

 

さて、夏山シーズンは高山植物とともにすでに終わりを迎えています。

 

今年は高山植物と会うのはもう諦めました。。

 

もう少し巻ければ、そして何ごともなければ、

 

9月の中旬には深山に入れるかもというところです。。

 

とにもかくにも雷鳥には会っておきたい、平成最後の夏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルス穂坂ワイナリー

 

山梨県韮崎市穂坂町上今井8-1

 

夏期:3月〜11月 9:00〜17:00

 

冬期:12月〜2月 10:00〜16:00

 

TEL:0551-45-8883

 

韮崎駅からタクシーで20分、韮崎 ICから車で10分でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

山びこ展ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

学校が夏休みに入ったと思ったらもう8月です。

 

今年は梅雨が早く明けてしまったので、

 

遊び盛りのお子さんがいる親御さんの中には、

 

すでにヘトヘトになっている方も多いかと思います。

 

平年並みの気候を懐かしむ今日この頃です。

 

 

 

 

銀座森岡書店さんにて先月の7月15日の日曜日まで開催していました「山びこ展」。

 

無事会期を終えました。

 

この度は大変多くの方にご来場いただきました。

 

どうもありがとうございました。

 

中村大介初めての外部での個展でしたが、

 

作品の個性や完成度、バリエーション、見せ方など、

 

トータルに見て現時点ではとても良い内容だったのではないかと思います。

 

森岡さんはとてもたくさんの作家から問い合わせが来るような、

 

大変人気のあるギャラリーですが、

 

無視することなく作家一人一人をきちんと見てくれます。

 

年々狭き門になっている中で、

 

出展の機会をいただけて、ほんとうに有り難いことだと思っています。

 

今後も良いお付き合いをさせていただければと思います。

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

さて、7月のatelier galleryをお休みしましたが、

 

8月もお休みさせていただきます。。

 

9月はオープンする予定です。

 

年内の展覧会などの日程が決まってきました。

 

かなり巻き巻きで毎日頑張っていますが、作品までなかなか手を付けられません。

 

大丈夫でしょうか。。。

 

詳細はまた後日お伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

囁くものたち

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。6月に入りました。

 

今日は5日ですね。僕にとっては一年で一番大切な日です。

 

自分が生まれた日とかではありませんが、神さまに感謝する日です。

 

季節的には梅雨入りしやすい時期でもありますね。

 

過ごしやすい日が少しでも長く続くと良いなと思っている今日この頃です。

 

 

 

先日久しぶりに3人でいくつかの展示会に行ってきました。

 

青山のワッツさんで西浦裕太さん、

 

表参道のQUICOさんでsamuloの宮本さんにお会いしました。

 

お二人とも初日の土曜日ということで大変ご盛況の中、

 

お話しさせていただきました。ありがとうございました。

 

写真を撮る感じではなくて、画像のご紹介はできませんが、

 

とてもいい展示でしたので、お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さいませ。

 

西浦裕太さんは6月8日(金)まで、

 

samuloさんは6月10日(日)までとなっております。

 

 

 

その後、たくさんの人たちで賑わう表参道から渋谷に向かいました。

 

人の群れの中を一緒に歩いていくと渋谷に到着しました。

 

文化村の向かいのスターバックスで休憩してから、

 

水田さんの展覧会に伺いました。

 

夕方の6時少し前でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文化村の隣の白いビルを5階までエレベーターで上がると、

 

古くて白い水田さんテイストの扉がありました。

 

いくつかの白い可動壁で作られた広い空間は水田さん本人が配置していて、

 

窓や柱、棚なども自身のものを取り付けていたりと、

 

今まで見た中では一番広くて、なおかつ作り込んでいる空間、展覧会ではないかと思いました。

 

夕方の遅い時間ということもあって、一段落していた水田さんと、

 

ゆっくりお話しさせていただきました。

 

atelierに来てくれた5月にもいろいろ話していたのですが、

 

それでもまだまだ話すことがたくさんありますね。

 

 

 

水田さんと親しくなったのは12年くらい前だったと記憶しています。

 

僕が個展などを行なう前のことでした。

 

今のようなスタイルの作品を制作したり、展覧会を行なったりするようになったのは、

 

彼の影響がとても大きかったと思っています。

 

今回の展覧会も、12年前と変わらない空気感をまとっていました。

 

成長や可能性も十二分に感じられますし、

 

細かいセンスもいつ見ても素晴らしいです。

 

生きものに対する純粋さや愛情も、ずっと変わらず真摯なままのように感じました。

 

自分が将来、展覧会などの活動を終えることになっても、

 

水田さんの活動はこれからもずっと見ていきたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水田典寿個展

 

「囁くものたち」

 

会場:ATSUKOBAROUH

 

渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F

 

会期:2018年6月2日(土)〜24日(日)火曜定休

 

 

 

http://m-neutral.com

 

 

 

 

 

6月15日から台湾のYIRI ARTSさんで開催される展覧会に、

 

水田さんと一緒に参加させていただくことになりました。

 

昔からご一緒したいと思っていましたが、

 

国内では僕の知名度の低さやら何やらで実現にはほど遠かったのですが、

 

海外からお声がかかるなんて不思議なものですね。

 

この件につきましては、また後日お伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

香川〜大阪〜京都

 

 

車一杯に荷物を積み込んで、瀬戸内に浮かぶ香川県の豊島に向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝一に出発して高速道路を走り続けて、

 

豊島に向かう最終のフェリーに乗るために、

 

岡山県の宇野港を目指しました。

 

港に着く頃にはもうすっかり真っ暗で、

 

大急ぎで3食分の食料を買い込み、

 

車とともに乗船しました。

 

夜の海はとても暗く静かでしたが、

 

学生の頃、沖縄の離島へ船で向かったときのことを思い出して、

 

とてもリラックスした気分になりました。

 

デッキに上がるとテレビで松田聖子さんが情熱的な歌唱を披露していましたが、

 

途中で電波が届かなくなってしまい、テレビまで真っ暗になってしまいました。

 

聖子さんの歌を思い出しながら島に着くと、

 

満天の星空が迎えてくれました。

 

 

 

翌日も朝から快晴で、

 

島猫たちものんびり春の陽射しを楽しんでいました。

 

現場作業も予定通り順調に進み、

 

巻き巻きで作業を進める職人さんたちに笑顔で見送られながら、

 

魅力的な美術館もアートオブジェも海の幸も堪能できずに、

 

フェリーに駆け込み乗船して、バタバタと島を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山宇野港から再び高速道路を走り、

 

大阪は池田のクライアントさんのお店へと向かいました。

 

まだ日のあるうちに鉢塚にあるguriguriさんに到着すると、

 

落ち着いた雰囲気のカフェでお茶とケーキをいただき、

 

1階から4階までの広いお店を拝見させていただきました。

 

大阪にお越しになられる際には、

 

是非お立ち寄り下さい。

 

guriguriさんどうもありがとうございました。

 

再訪の際はどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

その後再び高速道路に乗り、

 

大阪市内のクライアントさんのお店へと向かいました。

 

大阪市内北浜のリバーサイドにあるセレクトショップのeuさんは、

 

スペソーと親交のあるGASA*さんとSPOLOGUMさん、

 

そしてminä perhonenさんを取り扱っているお店です。

 

高里がアクセサリーブランドのLucchiの活動をしていたときも、

 

ずっと取り扱ってくれていました。

 

僕の作品も9年ほど前の植物展で購入していただいていたり、

 

いろいろなつながりを持って下さっているクライアントさんです。

 

今回北浜店のあるビルの6階に新たにギャラリースペースを設けられて、

 

one-offテーブルを納品させていただきました。

 

追加のご依頼のために現調もしました。

 

明るくて楽しいオーナーさんとたくさんお話しをしながら、

 

おいしいランチをいただきました。

 

euさんどうもありがとうございました。

 

再訪の際はどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

砂糖醤油の甘い汁加減が苦手な僕にとっては、

 

久しぶりの大阪では舌鼓が止まらず、

 

胃袋にだけでなく、街も人も僕にやさしく感じました。

 

できればもう一泊というところでしたが、

 

だいちゃんに襟を掴まれながら大阪を後にして、

 

最終ミッションを遂行するべく京都へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか右折ができなくてウロウロしているうちに、

 

予定時刻を大幅に過ぎて、minä perhonenさんの京都店に到着しました。

 

由緒ある建物にあるお店は天井も高く、

 

なんとも素晴らしい空間が広がっていました。

 

巻きに巻いた設営も無事に終了して、

 

お店の方たちと京野菜たっぷりの夕食をいただきました。

 

とにかく関西は出汁がほんとうにおいしいです。最高です。

 

宴も数々のだいちゃん伝説で大爆笑の連続となりまして、

 

0時を過ぎるまで時間が気にならないくらいに、

 

とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

 

 

初日を迎えた朝は、

 

自分たち以外全員欧米の方という祇園のスタバで朝食を取ると、

 

すぐ近くの八坂神社にお参りに行きました。

 

イベントは遠方からも友人知人の方や、

 

クライアントさんなどにお越しいただきました。

 

貴重なお時間をどうもありがとうございました。

 

会期は21日までとなっております。

 

今回は制作時間もかなり費やしました。

 

お時間ございましたらご高覧下さいませ。

 

 

 

初日を終え高速道路に乗り、京都を離れて帰路につきました。

 

道中、夕べお店の方たちの前で

 

「あんまり寝れないんですよ。睡眠時間はすごく少なくて大丈夫なんです。」

 

と豪語していただいちゃんがめちゃくちゃ眠そうに運転していました。

 

かなり危なかったので、ギャッツビーを顔にはたいてあげながらSAを待ちました。

 

しかしサービスエリアでだいちゃんが買った飲みものは、

 

眠気覚ましのコーヒーなどではなくておしるこでした。

 

意味がわかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Forest Floor」

 

会期:2018年 3月9日(金)~ 3月21日(水)

 

*3月15日(木)定休日

 

12:00〜19:00

 

作家在店日 3月9日(金)

 

会場:galleria

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展覧会の予定とステンドグラス再生産についての近況

 

 

 

 

仙丈薊 w420 h827 t50 自然礼賛 2017

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

2017年を振り返る時間もなく、あっという間に2018年を迎え、

 

早くもひと月が過ぎていきました。

 

2017年の4月と7月にもお伝えしていましたが、

 

作品で使用しているステンドグラスの件の続報です。

 

残念ながら作品で使用していたガラスは廃番となってしまいました。

 

次回の京都のイベント分で最後になります。

 

アメリカのSPECTRUM社が廃業してしまいましたが、

 

OCEANSIDE GLASS TILE社というメーカーが引き継ぐことが決まり

 

昨年春にメキシコ工場が稼働し始めました。

 

現在は北米の流通がまだ安定していない状況のようで、

 

これから安定供給されてから、欧州そしてアジアの順で流通が再開するそうです。

 

なんでも、今まで4ラインだったのが1ラインになってしまったようで、

 

かなりの時間と労力が必要だそうです。

 

作品に使用できるステンドグラスが流通されるかどうかは今のところ不明です。

 

安定供給されるクリアガラスに変更するという案も出てきていますが、

 

可能性がなくなるまでは待ちたいと考えています。

 

 

 

 

さて次回のイベントの予定ですが、

 

minä perhonenさんの京都店にて、

 

3月9日(金)から21日(水)までの開催を予定しています。

 

1月開催は巻きに巻いても難しく、3月になりました。

 

それにしても制作がはかどりません。。

 

心技体がバラバラなのはどうすることもできないのでしょうか。

 

いまだかつてうまくかみ合ったことがありませんが。。

 

以降のイベントはガラスの件がありますので、

 

再度の調整が必要になってしまいました。

 

ご迷惑のかからないように今後についての検討を重ね、

 

ご相談させていただきたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

man in the corner shop

 

 

 

 

 

 

 

先日インテリアデザイナーの方々との打ち合わせで、

 

インテリアデザインはたくさん物件をこなさないと利益につながらないので、

 

どうしても過密スケジュールになってしまう。

 

それからクライアントありきのところがあって、

 

これはこの人といった自分のデザインのできるデザイナーは一握りしかおらず、

 

僕のようなスタイルの仕事を羨ましく思うとのことでした。

 

僕はその方たちをとても尊敬しています。

 

僕も10数年前まではその方たちのようなインテリアデザイナーになりたいと思っていました。

 

でも、素質がなかったので流れについてゆけず違う方向に向かいました。

 

少しずつ時間をかけて、いつかその方たちのような仕事をしてみたいと今でも思います。

 

人の家の芝生は青く見えるということでしょうか。

 

 

 

そんなことがあったその数日後、今度はファッションに携わる方とお会いしました。

 

毎年2回のコレクション、常にアンテナを張りつづけ、

 

その中で全国の店舗やイベント、海外にも足を運び、工場もまわる。

 

どうしても過密スケジュールになってしまう。

 

その方も僕のようなスタイルというか、

 

純粋に作家として生計を立てている人をとても尊敬しているとおっしゃっていました。

 

僕は常に新しいことに挑戦し続ける姿勢を大変尊敬しています。

 

僕もそうなりたいと思いますが、僕は人間力が全然足りません。

 

 

 

その日の夕方、あるクライアントさんの倉庫兼アトリエに伺いました。

 

家具のリペアを担当している若い職人さんが、

 

鉄の仕事も興味があり憧れていると言いました。

 

僕は木工作業の逆算していく作業の緻密さや生真面目さを、

 

とても尊敬しています。

 

そして古き良きものを愛する姿勢も共感しています。

 

素晴らしい仕事だと思います。

 

 

 

それからその次の日、友人の工場に行きました。

 

彼は大きな工場の跡取りですが、もっとクリエイティブな仕事をしたいと言いました。

 

僕は彼を充分クリエイティブだと思っています。

 

 

 

 

 

浦安から帰る道中でThe Jamを聴いていたら、

 

Man In The Corner Shopという曲が流れました。

 

僕はこの曲が大好きで良く聴いていました。

 

歌詞の意味とは少し違うかと思いますが、

 

工場の友人や他のみなさんを、

 

この曲の景色の中にいる人たちと重ね合わせて聴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

「Man In The Corner Shop」

 

 

Puts up the closed sign does the man in the corner shop

 

Serves his last and says goodbye to him

 

He knows it is a hard life

 

But its nice to be your own boss really

 

 

Walks off home does the last customer

 

He is jealous of the man in the corner shop

 

He is sick of working at the factory

 

Says it must be nice to be your own boss really

 

 

Sells cigars to the boss from the factory

 

He is jealous is the man in the corner shop

 

He is sick of struggling so hard

 

He says it must be nice to own a factory

 

 

Go to church do the people from the area

 

All shapes and classes sit and pray together

 

For here they are all one

 

For God created all men equal

 

 

 

 

 

Closedの札を掛けるコーナーショップの店主

 

最後の客におやすみを言う

 

つらい人生ではあるけれど

 

自分の店の主でいるのは本当に素敵なこと

 

 

 

家路へとつく最後の客

 

彼はコーナーショップの店主をうらやましがっている

 

彼は工場の仕事にうんざりしている

 

自分の店を持つのもいいな、などと言いながら

 

 

 

工場主にタバコを売りながら

 

コーナーショップの店主はうらやましがっている

 

彼はつらい生活にうんざりしている

 

工場を持つのもいいだろうな、などと言いながら

 

 

 

このあたりの人々が教会に集まる日

 

いろんな姿や階層の人々が一緒に祈っている

 

ここではすべての人がひとつになる

 

神はあらゆる人を平等に作られたのだ

 

 

 

 

from The Jam「Sound Affects」1980

 

written by Paul Weller and trancelated by Landy Takeuchi

 

 

 

 

 

 

 

初夢

 

 

 

 

 

 

遠い故郷の神聖な御嶽から、

 

ニライカナイに思いを馳せた。

 

夢の中だからといって、

 

いつでも帰れる訳ではないから、

 

印象に近い写真を探した。

 

2018年の初夢。

 

 

 

 

 

 

 

 

肩書き

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

内装現場と聞いてどんなことを想像されますか?

 

ニッカポッカを履いた職人さんたち、

 

ブルーカラー、

 

ヘルメットと朝礼と定例会議、

 

たくさんの工具や資材が置かれている、

 

ブルーシートや埃っぽさ、

 

飛び交う丁寧じゃない言葉、

 

美とは遠縁のような人たち、

 

それぞれに突き詰め突っ張ったプロフェッショナル、

 

本当のプロが集まるところ。

 

どれも言い当ててますね。

 

僕が最初に内装現場に入ったのは高校生の時です。

 

アルバイトで石膏ボードや石材なんかを運ぶ仕事でした。

 

それから30年が過ぎ、どっぷり浸かっています。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今は作家、アーティスト、彫刻家、

 

中には現代彫刻家などという呼び方をされることがあります。

 

勘弁してください。。。。

 

僕が、ごく一般的な建設現場や内装現場に入って作業している職人である、

 

ヘルメットをかぶって、朝礼や定例会議に出ている、

 

ということをまったくご存じない方もいらっしゃいます。

 

まあモリソンと呼ばれて20数年もそのまま呼んでもらっているので、

 

なんと呼ばれようがぜんぜん構わないのですが。。。

 

でも現場に入って作業していると、ふと考えることがあります。

 

作家といわれるだけの日常を送っているのか、と。。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月はあと14日、現場に入って作業をする予定です。

 

職人さんたちには、不必要なものはありません。

 

不必要と思われるほどに気負い込んで作り込んだり、

 

異状な対象を求めたり、劇的な場面を作り出したりすることはありません。

 

でも、日々感覚を頼りに、作り出すものはすべて変わっていきます。

 

多くを学び、多くの安らぎを得られる職人としての時間を、

 

これからも続けられるように精進したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates