深山東菊

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

5月になりました。一番清々しい季節ですね。

 

minä perhonenさんの金沢店にて会期中の「alpine plants」。

 

会期後半となりました。

 

今回は高山植物を主体に制作しています。

 

画像はミヤマアズマギクで、後ろには白馬岳です。

 

白馬岳から小蓮華山付近の稜線に咲いていました。

 

ここ白馬岳で見ることができる高山植物はおよそ350種にのぼり、

 

白馬連山の高山植物帯として、天然記念物に指定されています。

 

この山は本当に素晴らしいです。

 

何度訪れても新しい植物に出会えます。

 

そして標高差600Mの大雪渓、百花繚乱のお花畑がいくつも広がり、

 

アルペンムード満点の大パノラマ、雲上の高山湖、鑓温泉、

 

そして白馬山荘のレストランスカイプラザの生ビール。

 

今年の夏もまた行きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深山東菊

 

キク科ムカシヨモギ属の高山植物

 

本州中部以北から北海道の高山帯に分布

 

h282w201t44/1.7kg

 

 

 

今回の「alpine plants」に出展している全作品を、

 

one-offページにてご覧いただけます。

 

http://specialsource.jp/?cat=5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月のatelier galleryにて、

 

今展では会期後半よりお電話での受け付けもあるかも、

 

という話もしていましたが、

 

今展も今までと同様に、お電話での受け付け等は行わないことになりました。

 

都内の方々をはじめとして、

 

遠方より金沢に向かうには時間も費用もかかりますので、

 

大変申し訳なく思っています。

 

年間に制作できる作品数が限られていることや、

 

地方で展示を行う意味など、色々と勘案しまして、

 

今展も例外なくということになりました。

 

どうぞご了承下さいませ。

 

 

 

 

会期:2019年4月26日(金)〜5月6日(月)

 

会場:minä perhonen金沢店

 

石川県金沢市石引2-17-19

 

076-223-3722

 

open 11:00~19:00

 

https://www.mina-perhonen.jp/shop/ishikawa/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白馬岳

 




 













 

 






























































 



























2018年の夏は北アルプスの白馬岳に登りました。

山紫陽花に迎えられた林道では、四葉のクローバーを探しながら歩き、

衣笠草をはじめとする希少な植物を観察しながら沢を遡上して、

長い長い大雪渓ではアイゼンを効かせながら雪の中を登り、

お花畑では深山蒲公英、兎菊、車百合、金梅草、高嶺撫子、岩桔梗など、

百花繚乱の高山植物たちに感動してスケッチに時間をかけ過ぎてしまい、

日が暮れ始めた頃に稜線に辿り着きました。

ちょうどその日は白馬山荘でコンサートが開催されていて、

食事をしながら音楽とともにサンセットを迎え、贅沢な時間を過ごしました。

宴が終わる頃には夜空に上弦の月が輝き、

照らされた山々がとても綺麗でした。

夜明け前はいつもよりもずっとあたたかく風も穏やかで、

うすらいでゆく星々をゆっくりと眺めていました。

明るくなってから動き出したせいでご来光は拝めませんでしたが、

赤く染まる剣岳と、霞に浮かび上がる信州の山々を眺めながら山頂に立ちました。

下山は北側の稜線に向かい、小蓮華山から白馬大池を経由して栂池に下りました。

稜線では駒草や高嶺薄雪草、深山東菊などの高山植物がたくさん咲いていました。

大池周辺には岩銀杏、菖蒲、小梅蕙草に山母子、御前橘、

栂池に下るまでもたくさんの植物たちを見ることができました。

2018年の白馬岳は、忘れられない山旅になりました。

この山旅で出会った植物たちは100種あまり。

制作するのが楽しみです。










 

春の妖精

 

 

 

 

 

 

 

スプリングエフェメラルと呼ばれる、

 

春の数日間、ごくわずかな時間だけ現れて、

 

生命を謳歌する春の妖精に会いに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登山口の林道ではツツジ、

 

山腹を見上げればヤマザクラ、

 

登山道に入ればタチツボスミレ、ヤマルリソウ、ヒトリシズカ、

 

ナガバノスミレサイシン。

 

瑞々しい春の息吹きを感じながら、

 

春の妖精へと近づいていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯の芽吹きが鈍くなる標高まで辿り着くと、

 

妖精の食草である、カンアオイが散見されるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元で静かに翅を休める綺麗な蝶。

 

春の妖精、ギフチョウでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミレの蜜を吸い、

 

山頂で仲間たちと飛び交い、

 

地上で翅を伸ばす彼女たち。

 

絶滅危惧種に指定され生息域が少なくなる中、

 

近郊ではこの山以外ではいなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂に咲くヤマザクラも見頃を過ぎ、

 

わずかに残ったつがいのギフチョウたちも、

 

よく見ると翅はほころび、

 

綺麗な容姿を保ったものはいませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑の季節を迎え、樹々の緑の深まりに、

 

多くの生命が希望を向かわせる中。

 

静かに、可憐に、素朴に、

 

そっと翅を広げて生命を目一杯謳歌して、

 

朽ちていく姿を見せずにすっと消えていく。

 

彼女たちはこれから、再び長い地中での生活が始まります。

 

地上に現れた時だけの尺で見れば果敢ないのかもしれませんが、

 

春という季節をかけがえのないものにするためには、

 

人間が考えるよりずっと逞しく生きなければならない、

 

そう彼女たちに教えられているような気がして下山しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬の稚児百合

 

 

 

 

 

 

 

 

夏がくれば思い出す 遥かな尾瀬 遠い空

 

 

 

 

いや、尾瀬は秋こそが素晴らしい、

 

いやいや、水芭蕉が咲き山に雪が残る初夏こそが尾瀬の景色などなど、

 

それぞれに思い描く尾瀬がありますね。

 

 

 

 

登山の経験がほとんどないという方々から、

 

植物に会えるおすすめのところを訊ねられるときは、

 

決まって尾瀬をおすすめしています。

 

鳩待峠〜山ノ鼻〜尾瀬ケ原の往復なら、

 

登りがほとんどないので日帰りができますので。

 

僕の両親が若い頃は、それこそ遥かな尾瀬と歌われたように、

 

いくつかの峠を夜通し歩いて越えて、

 

明け方にようやく辿り着くというアプローチだったそうです。

 

現在でも都心からのアクセスはそれなりにかかってしまいますが、

 

朝早くの新幹線に乗れば、お昼前には尾瀬ケ原でランチができます。

 

1泊できるのなら朝霧の立ちこめる幻想的な風景にも出会えますし、

 

尾瀬沼まで足を伸ばすこともできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬の植生の豊富さは国内屈指です。

 

至仏山を含めると貴重な高山植物や林床の花、

 

湿地帯の植物に水生植物、絶滅危惧種のランなども数多く見ることができます。

 

 

 

鳩街峠からはじめは下りです。

 

下りが終わる頃にはたくさんの植物が周囲を取り囲んでいます。

 

神聖な空気が全身に優しく降り注いでいるのを感じられると思います。

 

 

 

どうして山にまで登るのですかと訊ねられることがあります。

 

たくさんの情報がすぐに手に入る昨今では、

 

花を作るために何時間もかけて遠方へ、

 

しかも重い荷物を背負って3,000Mの山々まで登るなどどいうことは、

 

あまり考えられないことなのかもしれません。

 

しかし、この尾瀬のようなところに行かれたら、

 

その理由を理解してもらえると思います。

 

 

 

僕は偶然にも植物を作るようになったことで、

 

いろいろな人が自分のatelier galleryや、

 

個展などに足を運んでくれるようになりました。

 

だから植物たちには、自分の足で会いに行かなければならないと思うようになりました。

 

何も話さない彼らだからこそ、

 

生命を直に感じなければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チゴユリは、エンレイソウやゴゼンタチバナ、

 

アマドコロやオオバタチツボスミレなどと一緒に咲いていました。

 

小さな植物なのですが、とても力強い葉っぱですので、

 

すぐに見つけることができます。

 

花期は5月中ごろから1ヶ月くらいで、

 

それを過ぎると赤い実をつけます。

 

その冬の雪の量によっては、7月中ごろまで花が見れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の「Forest Floor」では、このチゴユリも制作しました。

 

花期を過ぎて枯れかけた一株のチゴユリ、

 

尾瀬の夏の記憶とともに、いつでも思い出すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稚児百合

 

Disporum smilacinum A. Gray

 

ユリ科チゴユリ属の多年草

 

日本各地の落葉樹林帯の林床に生えますが、

 

九州をはじめ、各地で生息域が減少しています。

 

 

 

A4S size(h282w282)

 

2014年6月 尾瀬鳩待峠〜山ノ鼻 標高1,600M付近にて

 

「Forest Floor」出展作品(2018年制作)

 

 

 

 

 

 

 

残雪の北アルプス

 

tsubakuro5

 

 

 

残雪の北アルプスへ

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro2

 

 

 

 

tsubakuro3

 

 

 

北アルプスは、はじめから急な登りが続くことが多いが、

 

この山も例外ではないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro4

 

 

 

 

tsubakuro6

 

 

 

ひたすら無言で登り続けること2時間、

 

いつの間にか高度を上げていることに気づく。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro8

 

 

 

樹林帯を抜けて空を見上げれば月が浮かんでいる。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro9

 

 

 

そしてほどなく槍ヶ岳が顔を出す。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro10

 

 

 

残雪の稜線を見渡せば

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro12

 

 

 

そこかしこに春の洞穴。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro27

 

 

 

山小屋までの道筋を捉えれば、

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro15

 

 

 

そこにはすでにピークハンターが。。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro22

 

 

 

 

tsubakuro20

 

 

 

 

tsubakuro14

 

 

 

 

tsubakuro19

 

 

 

 

tsubakuro21

 

 

 

雄大な自然の造形美に息を呑む

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro28

 

 

 

時間はあっという間に過ぎ、稜線に別れを告げる。

 

次はこの山域の深いところまで脚を伸ばしたい。

 

 

 

 

 

 

 

tsubakuro30

 

 

 

 

tsubakuro32

 

 

 

 

tsubakuro31

 

 

 

 

 

 

6月の北アルプスは例年に比べて積雪が多く残り、

 

夏を目前にしながらも、いつもより長い春を謳歌していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

安達太良の空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

智恵子は東京に空が無いといふ。

 

ほんとの空が見たいといふ。

 

私は驚いて空を見る。

 

桜若葉の間(あいだ)に在るのは、

 

切っても切れないむかしなじみのきれいな空だ。

 

どんよりけむる地平のぼかしはうすもも色の朝のしめりだ。

 

智恵子は遠くを見ながら言ふ。

 

阿多多羅山(あたたらやま)の山の上に毎日出ている青い空が、

 

智恵子のほんとうの空だといふ。

 

あどけない空の話である。

 

『高村光太郎 智恵子抄より』

 

 

 

 

残雪期の安達太良山に登りました。

 

たおやかな山容のこの山は、標高1,700Mながら森林限界が低く、

 

山頂までの所要時間が短いため、大変人気のある山です。

 

終日天候に恵まれ、稜線からの眺めも素晴らしく、

 

東北の名山をのんびりと楽しむことができました。

 

陽射しは暖かく緑の芽吹きが薫り、

 

時折吹く冷たい風が、緩みそうな雪を引き締め、

 

稜線からは東北の山々とケルン、

 

下山途中には仲睦まじいカモシカのステップと残照に映える木立ち、

 

そして、日が暮れてしんと静まり返ったころ、

 

やさしく包み込むように広がっていたほんとうの空。

 

とても綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

山と渓谷

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

4月のatelier galleryは無事会期を終えました。

 

お越しいただいた皆さまどうもありがとうございます。

 

今月は山で星を眺めたいという方がいらっしゃいまして、

 

山登りを始めるにあたっての必要なものなどをたくさん話してしまいました。

 

 

 

山登りに必要なものはいろいろありますが、

 

必要なものは靴、ザック、レインコートあたりでしょうか。

 

都内近郊の山(奥多摩、丹沢など)でしたら、今あるスニーカーやリュックサックで充分ですし、

 

天気予報で雨が心配でなければレインコートは必要ないと思います。

 

高尾山で大きなザックを背負って重そうな靴で登っている人を見かけることがありますが、

 

それはおおよそ体力作りのためだと思います。

 

とりあえず都内近郊の山で、標高千メートルくらいの山を登ってみるのをおすすめします。

 

それからもう少し深い山や高い山へと入っていくうちに、

 

自分の力量に合わせて好みなものを揃えていくのが主流かなと思います。

 

 

 

とは言え、どんな山に登るのか、目的などによってだいぶ装備も変わってきます。

 

はじめにある程度揃えたものが、山行を繰り返す度に必要度が低くなってしまい、

 

2年後には全く違う装備になっていたなんて良く聞く話です。

 

中でも靴とザックに関しては、目的によって大きく変わります。

 

とりあえず山に登ってからと言われても、そこら辺りはちゃんとした装備で登りたい、

 

そう思うのが自然なことかもしれませんね。

 

参考になるかはわかりませんが、僕らがいいなと思う装備と私見をご紹介します。

 

 

 

 

その① 登山靴

 

 

 

登山のための靴は大きくて重いものが今でも主流です。

 

僕も初めは片足1kgほどのものでした。

 

これはなぜかといいますと、重い荷物を長時間背負って歩く、

 

その状態で不陸な道や岩の道などの不安定なところも歩くので、

 

足首までしっかりホールドされるものがよしとされているからです。

 

しかし、荷物を軽くすれば、ゴツい靴でなくても問題はありません。

 

軽い靴の方が圧倒的に疲れません。靴擦れも少ないです。

 

長時間歩行も楽ですし、普段使いもできます。

 

 

 

adidas terrex scope gore-tex

 

 

この靴はステルスソールという滑らないものを使用しています。

 

僕はハイカットのものを履いています。

 

奥穂高岳などの岩稜帯では抜群の安定感です。

 

ヴィブラムソールは岩場では滑るので恐いですが、これは安心です。

 

身のこなしが柔らかい方はローカットで充分だと思います。

 

ゴアテックスで防水性もあります。

 

adidasでは他にも似たようなものもあります。

 

 

 

altra lonepeak 3.0m

 

 

こちらはさらに軽量です。トレイルランや普段のジョギングにも良いです。

 

岩登りには一抹の不安を覚えますので、

 

初めは2,000Mくらいまでの山で慣れた方がいいかと思います。

 

慣れれば大丈夫だと大ちゃんは言っています。

 

防水タイプではないものも、さらに軽くて蒸れなくて良いです。

 

ロングトレイルを視野に入れている人はいい選択肢だと思います。

 

la sportivaも人気があって、軽くて良いものがあります。

 

若くて脚力がある人はトラバースTX4もいいですが、

 

僕らくらいはソールが堅いボルダーMIDが良いと思います。

 

 

 

 

その② ザック

 

 

 

ザックは背負いやすさは大事ですが、それよりも重さの方が大事だと思います。

 

下手をすると、テントより重いものを選んでしまう可能性があります。

 

僕はこの5年でもう5つ目です。。

 

厳冬期や途中補給の出来ない長期トレイルでない限りは、

 

背負い心地よりも重量のバランスが最も大切になると思います。

 

 

 

omm classic 25

 

mont-bell パーサライトパック

 

山と道 mini

 

 

容量は25ℓあたりが、日帰りから山小屋泊、ぎりぎりテント泊までカバーできます。

 

晴天下の日帰りなら10ℓくらいで充分です。

 

ザックでなくてもパスポートスリングみたいなものでも大丈夫です。

 

ommはclassicより少し小さいultraシリーズも使いやすいです。

 

このommはとにかく背負いやすいし使いやすいです。

 

僕は普段でこのザックを使用しています。

 

モンベルのパーサライトはこの価格では非常に優秀なものだと思います。

 

山と道は受注生産となりますが、個人的に大変おすすめです。

 

しかし、ommに比べると使い勝手は見劣りします。

 

まだ若いブランドですので、これからを期待しています。

 

 

 

montane ultra tour 40

 

 

これは防水生地のザックです。容量を考えたらとても軽量です。

 

厳冬期用の軽量ザックとしても充分ですし、容量も40ℓですが、

 

25〜50ℓくらいの許容があります。

 

突然の雨で慌てなくていいのも良いです。

 

テント泊はこれくらいの容量があった方がいいかもしれません。

 

しかし、背中にフレームがありませんので、

 

6kgくらいを越えるとくの字になります。

 

これがなかなか厄介で、ザックが左右に大きくぶれて、

 

大変登りにくいです。

 

これを解消するために、僕はテントのポールを背中側に入れて、

 

フレーム代わりにしています。

 

こうすることで、ぶれを解消できます。

 

 

 

 

 

 

たいへん長々と山の話というか、山道具の話なんぞをしてしまいました。

 

お付き合いありがとうございました。

 

山道具はとにかく軽い方がいいです。

 

僕らはあまり知らずに始めたので初めは重い装備でしたが、

 

どんどん削ぎ落とすようになりました。

 

なんだか人生みたいですね。

 

リンクを貼ると生々しいので気になる方はコピペで検索してみて下さい。

 

 

 

さて、だいぶ暖かくなり融雪が進み、そろそろシーズンに入ろうかというところです。

 

どうぞお気をつけて、良い山行をお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

 

月山と深山薄雪草

 

gassan19

 

 

 

gassan3

 

 

 

gassan4

 

 

 

gassan5

 

 

 

gassan16

 

 

 

gassan15

 

 

 

gassan7

 

 

 

gassan14

 

 

 

gassan24

 

 

 

gassan21

 

 

 

 

 

 

 

峻険な岩場はなく、どこまでもたおやかな稜線がつづく月山。

 

耳をすませば、どこからともなく山伏のホラ貝が聞こえてくる。

 

みずみずしい高山植物たちは、東北の短い夏を謳歌していた。

 

広い山頂に辿り着くと月山神社に参拝し、

 

ガスが登ってきた山頂を後にしようとした。

 

池塘を過ぎた辺りで深山薄雪草を見つけた。

 

この小さくて清楚な花は、東北地方の高山帯にしか咲かない。

 

僕はガスに包まれた山頂で、風に揺られながらひっそりと、

 

身をかがめるように支え合う姿をスケッチに納めた。

 

下山してリフトを下りると老夫婦が見えた。

 

月山の夏の一日が静かに過ぎていった。

 

 

 

 

 

 

 

miyamausuyukisou2

 

 

 

 

和名:深山薄雪草

 

学名:Leontopodium fauriei Hand.-Mazz.

 

「記録集」発売会 出展作品

 

 

 

山形県の中央部にある月山は、湯殿山と羽黒山と合わせて出羽三山のひとつで、

 

今でも数多くの修験者が登る山岳信仰の山です。

 

僕らは姥沢からリフトに乗り、姥ヶ岳から牛首を通って山頂に向かいました。

 

森岡さんは山形県のご出身ということで、

 

小さい頃は多くの子供たちと同じように、度々登らされていたそうです。

 

なだらかな山容とほのぼのとした空気感は、

 

なんとなく誰かと似ているなと思いながら登っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢からザイテングラード、そして奥穂高へ

 

hotaka34

 

 

 

 

奥穂高岳3,190M

 

左に富士山

 

正面に南アルプスを望む

 

後方にはジャンダルム

 

また来たいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

谷川の春

 

tanisgawa2

 

 

 

tanisgawa3

 

 

 

tanisgawa12

 

 

 

tanisgawa11

 

 

 

erythoronium3

 

 

 

tanisgawa19

 

 

 

tanisgawa36

 

 

 

tanisgawa27

 

 

 

tanisgawa31

 

 

 

tanisgawa24

 

 

 

tanisgawa32

 

 

 

tanisgawa34

 

 

 

tanisgawa39

 

 

 

tanisgawa23

 

 

 

 

tanisgawa40

 

 

 

tanisgawa37

 

 

 

tanisgawa35

 

 

 

 

 

谷川の春は遅い

 

遅いとはいえ北アルプスよりは少々早いが

 

麓よりはずいぶんと遅い

 

豪雪がつくり出した険しい山なみを乗り越えてきた春と

 

新緑を引き連れて沢づたいに遡ってきた春がここに集う

 

 

 

谷川の春は多彩で賑やかでとても清々しい

 

カタクリ、ショウジョウバカマ、キスミレ、イワカガミ、イワウチワ、

 

チゴユリ、シラネアオイなどから

 

コブシ、タムシバ、シャクナゲ、ツツジそしてミズバショウまで

 

いろいろな植物が集まり語り合いとても美しい

 

 

 

谷川の春は静かで穏やかでとても心地がいい

 

隆々と雲が涌き上がる賑やかな夏と

 

色とりどりの紅葉とウェアで埋め尽くされる錦色の秋

 

そしてスキーヤーの描くシュプールが広がる冬と

 

途絶えることなく親しまれる谷川にあって

 

自分の歩幅で寄り道を重ねられるこの時期は

 

ゆっくりと春を眺め

 

しっかりと春を感じ

 

慌てずに季節の変化を想うことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates