肩書き

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

内装現場と聞いてどんなことを想像されますか?

 

ニッカポッカを履いた職人さんたち、

 

ブルーカラー、

 

ヘルメットと朝礼と定例会議、

 

たくさんの工具や資材が置かれている、

 

ブルーシートや埃っぽさ、

 

飛び交う丁寧じゃない言葉、

 

美とは遠縁のような人たち、

 

それぞれに突き詰め突っ張ったプロフェッショナル、

 

本当のプロが集まるところ。

 

どれも言い当ててますね。

 

僕が最初に内装現場に入ったのは高校生の時です。

 

アルバイトで石膏ボードや石材なんかを運ぶ仕事でした。

 

それから30年が過ぎ、どっぷり浸かっています。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今は作家、アーティスト、彫刻家、

 

中には現代彫刻家などという呼び方をされることがあります。

 

勘弁してください。。。。

 

僕が、ごく一般的な建設現場や内装現場に入って作業している職人である、

 

ヘルメットをかぶって、朝礼や定例会議に出ている、

 

ということをまったくご存じない方もいらっしゃいます。

 

まあモリソンと呼ばれて20数年もそのまま呼んでもらっているので、

 

なんと呼ばれようがぜんぜん構わないのですが。。。

 

でも現場に入って作業していると、ふと考えることがあります。

 

作家といわれるだけの日常を送っているのか、と。。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月はあと14日、現場に入って作業をする予定です。

 

職人さんたちには、不必要なものはありません。

 

不必要と思われるほどに気負い込んで作り込んだり、

 

異状な対象を求めたり、劇的な場面を作り出したりすることはありません。

 

でも、日々感覚を頼りに、作り出すものはすべて変わっていきます。

 

多くを学び、多くの安らぎを得られる職人としての時間を、

 

これからも続けられるように精進したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates