金沢21世紀美術館

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

少し前のことになりますが、

 

年明けに所用で金沢に行ってきました。

 

あいにくの雨でしたが、雪ではない分寒さは厳しくなく、

 

楽しくて美味しいお昼も、現場での打ち合わせも、

 

快適に過ごすことができました。

 

行きに取った新幹線の時間が遅かったため、

 

金沢21世紀美術館の「トーマス・ルフ展」を観ることができました。

 

こちらは皆さんの中でもご来場された方も多いかと思います。

 

2010年にminä perhonenさんの15周年の展覧会が開催されていましたし、

 

昨年は沖潤子さんの展覧会もありました。

 

頻繁には来れないけれども、とても素晴らしいと思える美術館です。

 

トーマス・ルフ展は東京でもありましたので、

 

ご覧になった方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

いろいろな表現の写真を観ることができました。

 

一昔前の日本は、1億総デザイナーなんて言われている時期もありましたが、

 

この頃は1億総アーティストだったり、1億総写真家だったりと言われているのでしょうか。

 

デザインの価値、芸術の価値、自分の価値。

 

あるのかないのか、上がったり下がったり、

 

決められるのは自分なのか他者なのか。

 

自分が決めても未来までは決められないのが価値だとするなら、

 

価値がないと素通りされる自分が、未来で価値があるといわれることがありえるのかもしれません。

 

トーマス・ルフの写真に考えさせられて少し疲れたので、

 

帰りの駅弁は、笹すしと能登牛の2つも買ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017年1月
    « 12月   2月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates