フリオ・ゴンザレス

juliog

 

 

 

 

「幾世紀の昔、鉄の時代は、そのなかのいくつかはとても美しい武器を生みだしながら始まった。

 

今日、それは鉄道の建設を可能にしている。

 

鉄が死をもたらす存在であること。そして過剰な機械科学の単なる手段であることをやめる時が来た。

 

ついに、芸術家の平和な手によって叩かれ鍛えられるための扉がこの物質に開かれるのだ。」

 

 

 

 

スペインが生んだ鉄彫刻の父と呼ばれるフリオ・ゴンザレス。

 

観に行きたくて行けない、近いのに遠いという悶々とした日々を過ごしていましたが、

 

ようやく行けました。。

 

本当に良かった。。

 

本当に素晴らしかったです。。

 

 

 

フリオ・ゴンザレスは、デビッド・スミスやアンソニー・カロをはじめ、

 

鉄という素材を主体としている多くの彫刻家たちに多大な影響を与えました。

 

当然、僕も鉄で彫刻していますので大変敬愛しています。

 

彼はもともと金工職人の父親を継いで、装飾品を制作していました。

 

真鍮や銅を主としていたようですが、鉄でも花を制作しています。

 

今回はその菊の花も展示されていました。

 

会場には叩き出しのレリーフやエングレービングの作品をはじめ、

 

ブロンズ鋳造の作品もありました。

 

その中でもやはり代表作の「ダフネ」をはじめとする鉄の作品は、

 

空間を支配するほどの鮮烈な世界観を解き放っていました。

 

冒頭の言葉がすべてかもしれません。

 

ああいった大変な時代を生きたからこそ、

 

素晴らしい作品たちが生まれたのだと思いました。

 

 

僕もこれからも鉄を愛し、学び、鉄の表現の可能性を見続けていきたいと、

 

フリオ・ゴンザレスの作品の前で、改めて思いました。

 

 

 

 

 

julio-1

 

 

julio-2

 

 

 

すみません、会期は日曜まででもうすぐ終了です。。

 

お時間ございましたら必見です。

 

日本で観られるのは30年に1回くらいだそうです。。

 

 

 

 

椿

 

camellia

 

 

 

ようやく冬らしい気候になってきました。

 

西日本では大雪、沖縄ではみぞれと、

 

大変なことになっていますが、皆さんご無事でしょうか。

 

 

都内では、先日の初冠雪でまあまあ白い世界を見ることができましたが、

 

見応えがあったのは雪ではなく椿でした。

 

雪をかぶってもなおつややかな葉色と、

 

深紅の輝きを魅せる花を、

 

ひときわ美しく見ることができました。

 

 

 

ひっそりと休眠する厳冬の自然の中で、

 

唯一逞しく凛々しく、溢れんばかりの生命力の輝きを放つ椿。

 

この花にはやっぱり雪が一番合いますね。

 

 

 

 

椿

 

Camellia japonica L.

 

「寂美 金属の像刻花展」出展作品(2015年)

 

 

 

 

 

 

黎明の時

 

20161

 

 

 

 

 

夜が終わり、まだ太陽が顔を出さない時

 

強風にさらされる稜線で、決して過ごしやすいひとときとは言えない時

 

雷鳥たちがそわそわと歩き出し、植物たちがその穂先を上げる時

 

それは、新しい何かが始まる胎動に心震える黎明の時。

 

僕はご来光の時よりも、この時間がとても好きです。

 

何もかもがはっきりと見渡せるわけではない、ほの暗いシルエット

 

静寂の中で感じられる生きものたちの鼓動

 

自然にすべてを委ねながら、膨らむ期待をじっと蓄え

 

確かな一歩を踏み出すためにある黎明の時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

one-off product価格改定のお知らせ

 

image011

 

 

 

 

2013年の1月31日にこのサイトを立ち上げて3年が経とうとしています。

 

その間に一度、若干の価格改定はありましたが、

 

昨今の景気の回復傾向に伴って、

 

材料や部材の外注加工費などの高騰が続き、

 

one-off productも大幅な価格改定を迫られることになっていました。

 

つきましては、今月1月31日までに価格改定を行ないますので、

 

それまでは価格の表記がないものについてはお問い合わせ下さい。

 

皆さまに大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

 

どうぞご了承ください。

 

 

 

 

MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE

 

michio1

 

 

 

 

 

 

michio2

 

 

 

 

 

 

michio3

 

 

 

 

 

 

michio4

 

 

 

 

 

 

michio5

 

 

 

 

 

 

michio6

 

 

 

 

 

 

michio7

 

 

 

 

 

 

michio8

 

 

 

 

 

ビンテージの北欧家具を扱う僕の友人のWAREHOUSE。

 

昨年の今頃から工事に入り、夏にオープンしました。

 

陽当たりの良い1階のエントランスからは、

 

スチールガラスサッシから作業場を見渡せ、

 

スモークブルーの階段を上れば、

 

お菓子を焼く香ばしくも甘い香りのする2階が待っています。

 

写真を撮る時間がなくて、昨年末になってしまいました。

 

ちょっと久しぶりでしたが、

 

相変わらずの気持ちのいい空気が流れていました。

 

 

 

special sourceと彼らが作った心地よい空間です。

 

皆さんも是非是非、お立ち寄り下さい。

 

 

 

 

http://furniture.michiookamoto.com

 

 

 

 

 

 

 

すばる

subaru

 

 

 

 

おうし座に輝く青い星々の集まり、M45プレアデス星団。

 

空気の澄んだ寒い日には、夜空を見上げてはこの星たちを探す。

 

子供の頃は肉眼で8、9個の星を数えたが、

 

現在の光に溢れた状況では3個が限界か。

 

この星たちがよく見える日には、

 

たとえ見える星が少なくなっても、

 

自分が宇宙に漂うほんの小さなチリから生まれたことを、

 

まだ実感できる。

 

 

 

 

 

 

青の日記

ao20163

 

 

 

 

皆さま、あけましておめでとうございます。青です。

 

わたしが何を見て呆れているのかっていうと、

 

きいのわけのわからない習性なんです。

 

 

 

 

 

ao20162

 

 

 

 

窓際で日向ぼっこをしていて、

 

伸びをしたら爪がひっかかったと思って助けに行ったんです。

 

 

 

 

 

 

ao20168

 

 

 

 

でも、、

 

しばらくしても動きがないから横に回って良く見てみると、、

 

 

 

 

 

 

ao20167

 

 

 

 

なんか、、

 

恍惚とした表情をしているんです。。

 

ほんとにまぎらわしいったらないんです。

 

 

 

 

 

ao201610

 

 

 

 

昨年の段ボールハウスのお話し、

 

きいは大丈夫かっていうお問い合わせをいただいていましたが、

 

すっかり得意気な顔をして入っています。

 

 

 

 

 

 

ao20161

 

 

 

 

しかもおかあさんの手編みのマフラーも独占です。

 

ピンクはぼくのものってうるさいんです。

 

きいは黄色でしょって言っても言う事を聞きません。

 

 

 

 

 

ao201611

 

 

 

 

そういうわけで、

 

きいがようやく眠ったのでわたしもひと眠りしますね。

 

皆さま、家主ともども本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さまにとって本年も、

 

神さまから慈愛に満ちて実りの多い一年になりますように、

 

きいともども願っています。

 

 

 

青でした。

 

 

 

 

 

 

  • 2016年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates