「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

ptp

 

 

 

 

 

9日間にわたり開催しました「Poems to Poets 詩人たちへの詩」、

 

無事会期を終えました。

 

お越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。

 

 

 

早いものでatelier galleryをオープンしてから4回目の12月を迎えました。

 

回を重ねるごとに、年末にずれ込んでいっていましたが、

 

今回はついに最終日が27日となってしまいました。

 

そんな年の瀬の日曜日でしたが、内田輝さんの演奏会のおかげで、

 

とても盛り上がりのある最終日となりました。

 

参加された皆さま、お手伝いしてくれた方々、

 

そして内田さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

ptp15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ptp16

 

 

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

修道1

 

 

 

 

 

「修道生活の書」より

 

 

 

 

私は私の生を、事物の上に、

 

次第に大きな輪を描きながら生きてゆく。

 

最後の輪はきっと描き終えないだろう。

 

それでも私は試みてゆくつもりだ。

 

 

 

私は神のまわりを、

 

蒼古の塔のまわりを旋回する。

 

数千年にわたって旋回する。

 

しかも私はいまだに知らない。

 

私が鷹であるのか、嵐であるのか、

 

それとも大きな歌であるのか。

 

 

 

R.M.リルケ

 

 

 

 

 

 

ptp12

 

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

モリソン小林と高里千世の二人展

 

会期:2015年12月19(土)〜27(日)12:00〜19:00  ※最終日は17:30まで

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

※内田輝さんの演奏会は定員に達しました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

 

ラクリモーサ2

 

 

 

O Lacrimosa Ⅰ

 

 

 

 

 

 

おお ラクリモーサ

 

 

おお 涙を湛えたひとよ、こらえている空よ、

 

悲しみの土地の上で次第に重さを増してゆく。

 

そして彼女の泣くとき、斜めに降る

 

柔らかな驟雨は心の砂地に吹きつける。

 

 

おお 涙で重くなっているひとよ、涙の秤よ、

 

晴れている間は自分を空と感じなかった人よ、

 

けれど雲のために空となるよりほかないひとよ。

 

 

こんなにまで明らかに、近いのか、おまえの悲しみの国は、

 

きびしい単一な空の下で、まるで

 

横になったままゆっくりとめざめてゆき、

 

世界の深淵に面して水平に思考する顔のように。

 

 

R.M.リルケ

 

 

 

 

 

冬至をすぎて、いよいよ年の瀬となってきました。

 

2015年のatelier galleryのしめくくりは「Poems to Poets 詩人たちへの詩」。

 

R.M.リルケ、W・ホイットマン、W・ブレイク、E・ウォラー、T・キャンピオン、

 

そしてO・レルケという6人の詩人たちの詩から、

 

絵画と彫刻を制作しています。

 

 

 

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

モリソン小林と高里千世の二人展

 

会期:2015年12月19(土)〜27(日)12:00〜19:00  ※最終日は17:30まで

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

ptp8

 

 

 

 

 

 

 

今回は「Poems to Poets 詩人たちへの詩」と題しまして、

 

彫刻と絵画の作品が並んでいます。

 

ほんのわずかな一歩で、少しずつしか進むことはできませんでしたが、

 

atelier galleryは、4回目の12月を迎えました。

 

 

 

人とのつながりは不思議なもので、

 

深く親愛なるものになるものもあれば、

 

彼方へ過ぎてゆくものもあります。

 

atelier galleryを始めてからでもそれらは変わらず生じますが、

 

少しずつの歩みを経て、

 

みずからがすみやかな存在となれれば、

 

それぞれの渇きをしずめるものであり、

 

存在のあかしとなるものと思いつづけていました。

 

 

 

今回の「Poems to Poets 詩人たちへの詩」は、

 

すべては過ぎ去るものなのならば、

 

過ぎ去るかりそめの歌を、詩人たちの言葉を借りて、

 

表現することだったのかもしれません。

 

 

 

わたしたちを孤独にする精神は、かえって、

 

わたしたちを結び合わす自信に満ちていて、

 

とても静かなものなのかもしれません。

 

 

 

 

 

ptp9

 

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

モリソン小林と高里千世の二人展

 

会期:2015年12月19(土)〜27(日)12:00〜19:00  ※最終日は17:30まで

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

poems-to-poets表

 

 

 

 

 

彩りのある情景を描き、自然を讃え自由を謳歌し、希望を語る言葉の彫刻家。

 

詩人たちが紡いだ言葉の1ページが、彫刻となり絵画となります。

 

 

 

12月のatelier galleryは「Poems to Poets 詩人たちへの詩」と題しまして、

 

モリソン小林の彫刻と高里千世の絵画展になります。

 

明日の19日(土)から27日(日)までの9日間のオープンとなります。

 

ダイレクトメールは早い方では先週には届いていたと思いますが、

 

このblogでの告知が前日になってしまいました。

 

実は、もう先週にアップしていたと思い込んでしまっていたようです。。

 

毎年のことですが、年の瀬で大変お忙しい時期ですので、

 

奇跡的に時間が空いた方や、奇跡的に久地近辺に来てるという方は、

 

是非お立ち寄り下されば幸いです。

 

 

 

 

「Poems to Poets 詩人たちへの詩」

 

モリソン小林と高里千世の二人展

 

会期:2015年12月19(土)〜27(日)12:00〜19:00  ※最終日は17:30まで

 

会場:special source atelier gallery

 

 

 

 

最終日は音楽家の内田輝さんの演奏会があります。

 

穏やかな気持ちに満ちて、2015年を送れるような音色を奏でてくれるクラヴィーコード。

 

お時間ございましたら、是非お越し下さい。

 

 

 

「内田輝さんクラヴィーコード演奏会」

 

開催日:2015年12月27日(日)

 

18:30開場、19:00開演

 

 

 

※定員に達しました。ありがとうございました。

 

当日の受付はございません。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

奥多摩 初冬

 

kumo9

 

 

 

季節は冬に入り、降雪も間近。

 

東京都の最高峰へ。

 

 

 

 

 

 

kumo8

 

 

 

 

 

kumo7

 

 

 

都内近郊、随一のロングコース。

 

長く続く樹林帯の勾配を、ひたすら登り続ける。

 

 

 

 

 

 

kumo6

 

 

 

大きくそびえる富士山。

 

2,800Mからは白銀の世界のようだ。

 

 

 

 

 

 

kumo1

 

 

 

樹林帯を抜けるとさらに勾配がキツくなるが、

 

眺望の良い稜線では、疲れていても脚は前へと進んでいく

 

 

 

 

 

 

kumo10

 

 

 

山頂が近づくとガスが広がりはじめた。

 

 

 

 

 

 

kumo2

 

 

 

そんな時でもピークハンターは笑顔を絶やさない。

 

 

 

 

 

 

 

kumo3

 

 

 

こんな時の山頂での温かなカップラーメンは、

 

星のついた店のどんな料理よりもおいしくてありがたい。

 

 

 

 

 

 

kumo4

 

 

 

下山を始めるとガスで夕陽が拡散して、

 

とても幻想的だった。

 

 

 

 

 

 

kumo5

 

 

 

樹林帯に入り、予定下山時刻まであと2時間というところで、

 

上弦の月が昇り、夜の帳が下りた。

 

真っ暗な登山道を1時間で駆け下りた代償は大きかったが、

 

澄んだ空気と枯れ葉の香りを充分に堪能できた、初冬の奥多摩だった。

 

 

 

 

 

 

GASA* The 20th anniversary event

 

gasa5

 

 

 

 

 

gasa1

 

 

 

 

 

gasa2

 

 

 

 

 

gasa4

 

 

 

 

 

12月4日(金)より、白金台のGASA*さんにて、

 

「The 20th anniversary event」がはじまりました。

 

 

 

special sourceとしての最初の内装現場がGASAさんでした。

 

アディと一緒に壁を壊したりしたのが、

 

つい最近のことのように思い出されます。。。

 

初めて会ったのは僕がまだideeにいた頃でしたが、

 

その時に、独立したら是非最初に内装をさせて欲しいと言ったようで、

 

アトリエとして借りた白金台の一軒家を、

 

駆け出しの僕に託してくれました。

 

 

 

今回のGASA* The 20th anniversary eventでスペソーは、

 

2つのTORSOとハンガーを制作しました。

 

作品としては僕が金属の植物フレーム、だいちゃんは山びこ、

 

高里はLucchiとしてアクセサリーを出展しています。

 

内装も先月に1階の改装工事を施行していますので、

 

お時間ございましたら、是非お立ち寄り下さい。

 

 

 

 

 

gasa6

 

 

 

 

「GASA*  The  20th  anniversary  event」

 

 

mie igarashi
+

 

– Special thanks –

 

Lucchi / chise takazato

 

special source / morison kobayashi ,daisuke nakamura

 

and ALL.

 

 

会期:2015年12月4日(金) – 12月20日(日)  会期中休  7(月)、14(月)、15(火)

 

時間:12:00 〜 20:00

 

場所:GASA*SHOP

 

 

 

 

 

 

  • 2015年12月
    « 11月   1月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 新着記事

  • カテゴリ

  • 過去ログ

  • 画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。

    Copyrights©2012 All rights reserved by special source & hot stuff associates