朝顔

 

 

 

 

長く伸びた蔓に青く澄んだ花。

 

朝顔はその名の通り、まだ日差しのやわらかな早朝にそっと花開きます。

 

古くから絵画のモチーフとしても多く描かれているだけあって

 

清涼感があって美しい佇まいの花です。

 

 

 

 

7月27日より始まります「自然礼賛」展では、立体作品のひとつに朝顔を制作しました。

 

 

 

 

皆に長く親しまれてきた花だけあって、朝顔を目にすると懐かしい夏の思い出が蘇ってきます。

 

縁側、すいか、風鈴の音に蝉の声

 

思い出と共にある花もいいものですね。

 

 

 

 

小林のblogでも他の立体作品を紹介しております。

 

こちらも合わせてご覧くださいませ。